アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年11月

ヨーロッパ人権裁判所 ― 良心的兵役拒否の権利を擁護

ヨーロッパ人権裁判所 ― 良心的兵役拒否の権利を擁護

世界 じゅう  エホバ  証人 は,どの   政治  戦争  関し   中立  立場  取る こと  よく 知ら    ます。『剣  すき    打ち変え なけれ  なら ず,もはや 戦い  学ん   なら ない』と 固く 信じ  いる  です。(イザヤ 2:4)と  いえ,軍隊  任務  果たす こと  する 人々  干渉  たり   ませ ん。では,兵役  義務  され  いる  で,エホバ  証人  良心 上,軍務  服せ ない  思う 場合 は,どう   でしょ  か。バハン  バヤティアン  いう 青年  その よう  事態  直面  まし た。

ヨーロッパ 人権 裁判   持ち込ま れる まで  経緯

バハン は,1983  4   アルメニア  生まれ,1996   家族        エホバ  証人  聖書 研究  始め,16   バプテスマ  受け まし た。バハン  聖書 研究  通し て,イエス  キリスト  教え  敬服 する よう  なり まし た。その 教え  は,イエス  弟子 たち  与え た,文字どおり  戦闘   武器  取っ   なら ない   命令  含ま    まし た。(マタイ 26:52)それ  バハン は,バプテスマ  それ ほど たた ない うち に,かつて ない 重大  決定  迫ら  まし た。

アルメニア  は,18   なっ  男子 すべて  兵役  義務づけ られ   ます。兵役  就く こと  拒否 すれ ば,最長 3   投獄  れる こと  なり ます。バハン は,仲間  市民  ため  なる こと   たい   思い まし  が,聖書  よっ  訓練    自分  良心  反する こと   たく あり ませ  でし た。では,どう   でしょ  か。

バハン は,2001   兵役 適齢   される  すぐ,アルメニア 当局     手紙  書き送り まし た。それら  手紙   で,『兵役  自分  良心  宗教   信念  反する』と 述べ,同時 に,『代替  市民  奉仕 活動 なら 喜ん  行なう』と  言明  まし た。

バハン  バヤティアン。アルメニア  ヌバラシェン 刑務    

こう   1  以上 経過  まし た。その 間,バハン   当局 に,良心  兵役 拒否  認め  くれる よう 訴え 続け まし た。しかし,2002  9 月,バハン  逮捕  れ,後  徴兵 忌避    問わ れ,1    懲役   宣告   まし た。しかし 検察  は,その 判決  不服  し,わずか 1 か月    控訴  て,より 厳しい   求め まし た。バハン  宗教  動機  よる 良心  兵役 拒否 は「根拠  なく,危険」で ある,と 論じ   です。控訴   は,検察   訴え  認め られ,バハン  刑期  2    増え まし た。

バハン  その 判決  関し  アルメニア 最高裁  上告  まし  が,2003  1 月,最高裁  控訴   判決  支持  まし た。その ため バハン は,直ちに 刑務  施設  移さ  て,殺人   麻薬 密売   強姦  たち    服役 する よう  なり まし た。

ヨーロッパ 人権 裁判    出来事

アルメニア  2001  以来,欧州 評議   加盟  です。ですから,アルメニア 国民  は,国内  あらゆる   尽くし   公正  裁き  受け られ なかっ  場合,ヨーロッパ 人権 裁判   上訴 する 権利  あり ます。それ  バハン も,そう する こと   まし た。バハン  その 訴え   で,自分  兵役 拒否  対する 有罪 判決 は,ヨーロッパ 人権 条約  9   反する もの  ある,と 論じ まし た。自分  良心  兵役 拒否  権利  その 条項  よっ  保障  れる べき  ある,と 訴え   です。以前  その よう  申し立て  勝訴   こと  一度  あり ませ  でし た。

2009  10  27 日,同 人権 裁判   判決  下し まし た。現行  判例  から すれ ば,ヨーロッパ 人権 条約  9   規定    いる 良心  自由 は,良心  兵役 拒否   権利  保障 する もの   ない,と 述べ まし た。

 ツォビナー および 息子 バヘ   

その  まで  バハン は,刑務  から 釈放    年月  たっ  おり,結婚  て,幼い 息子   まし た。バハン  その 判決  がっかり  まし た。そして,その 訴訟  取り下げる か,同 人権 裁判    法廷  上訴 する   どちら   選ば なけれ  なら なかっ  ため,上訴 する こと   まし た。大 法廷  例外   訴え しか 受け入れ ない  で,バハン は,自分  訴え  取り上げ られる  決まっ  時,喜び まし た。

そして ついに,2011  7  7 日,フランス  ストラスブール   人権 裁判    法廷  判決  下し まし た。16  1  いう 圧倒  多数  下さ   結論 は,『アルメニア が,良心  兵役 拒否  ゆえに バハン  バヤティアン  有罪 宣告  下し  懲役   課し  こと は,良心  自由  行使 する 同氏   権利  侵害  あっ た』と いう もの でし た。反対   投じ  唯一   は,アルメニア 出身  裁判  でし た。

顧問 弁護  たち   に。ヨーロッパ 人権 裁判  にて。2010  11  24 

その 判決  重要    なぜ でしょ  か。それ は,ヨーロッパ 人権 裁判   その 歴史  初めて,『良心  兵役 拒否  関する 権利  ヨーロッパ 人権 条約  9   よっ  完全  保障  れる』と  判断  下し  から です。同 裁判  は,良心  拒否   対する 懲役   民主 主義 社会  おける 基本  人権  侵害  みなす よう  なっ   です。

ヨーロッパ 人権 裁判  は,エホバ  証人  良心  拒否      立場  つい て,「したがって  裁判  は,申し立て   兵役  拒否   動機  宗教  信条  よる もの  ある こと  疑う 理由  ない」と 述べ,その 信条 は「誠実  もの  あり,兵役 義務  全く 相反する」と  まし た。

判決  対する 反応

アルメニア  おい  過去 20   に,宗教   理由  良心   兵役  拒否   有罪 判決  言い渡さ   エホバ  証人   は,450   上回り ます。この 記事  準備      時点   58   若者 が,良心  兵役 拒否     投獄     まし た。その うち  5  は,バヤティアン  アルメニア 事件   画期   判決  出さ     投獄   まし た。 * それら 訴訟 事件  一つ で,若い 良心  拒否  は,地元  検察   良心  兵役 拒否  対する 刑事 訴訟  打ち切る よう 求め,申し立て   まし  が,検察   それ  拒否  まし た。そして,書面  よる 返答   で,「2011  7  7    バヤティアン  アルメニア 事件  対する ヨーロッパ 人権 裁判   判断 は,本件   当てはまら ない。この 二つ   に,似  よう  状況  全く ない こと  明白  から  ある」と 述べ まし た。

その 検察   そう 考え    なぜ でしょ  か。バハン  バヤティアン  告発      は,兵役  就く 替わり  市民  奉仕 活動  する  いう 取り決め  あり ませ  でし た。アルメニア 政府  主張  は,その  そう   取り決め  設ける 法律  可決 され 施行  れる よう  なっ   で,兵役  反対 する      市民  奉仕 活動  選べる,と いう こと です。しかし,代替 奉仕  関する 法律  軍部  掌中  ある ため,現在 軍務  召集    いる 良心  拒否   多く   適用     ませ ん。

バハン  バヤティアン は,自分  有利  画期  判決    こと  喜ん   ます。その よう  判断  下さ   今,アルメニア  は,深く 強固  宗教  信念  基づく 兵役 拒否   対する 起訴  投獄  やめる 義務  あり ます。

エホバ  証人 は,国   制度  変革  もたらす ため  活動   いる わけ   あり ませ ん。しかし,バハン  バヤティアン 青年      同じ よう に,自国  現行   一部  基づく 自分 たち  法的 権利  確立 する こと   努め ます。そう する  は,引き続き 平安  生活  送り,何   妨げ られる こと なく 自分 たち  指導  イエス  キリスト  命令 すべて  従える よう  する ため   です。

^ 17節 5   うち 2  は,人権 裁判   判決  下さ     同じ 2011  7  7  に,有罪 判決  言い渡さ  まし た。