アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年11月

聖書は人の生き方を変える

聖書は人の生き方を変える

  関心  なく,前途 有望  仕事  就い    若い 女性 が,人生    目的  見いだし まし た。どんな いきさつ  あっ   でしょ  か。カトリック 教徒  青年 が,死  つい   真実  知り,生き方  変え まし た。どんな こと  学ん   でしょ  か。人生  幻滅     若い 男性    つい  知り,クリスチャン  奉仕   なり まし た。どんな こと  知っ   でしょ  か。本人 たち  述べる 事柄  お読み ください。

『「人間  なぜ 存在   いる  だろ う」と,幾   考え   まし た』。―ロザリンド  ジョン

  • 生ま   年: 1963 

  • 生ま   国: イギリス

  • かつて は: 栄誉 ある 仕事  生きがい  感じ   

過去  歩み:

わたし  サウスロンドン  クロイドン で,9  兄弟  6      生ま  まし た。両親  カリブ   セントビンセント   出身 です。母  メソジスト 教会  通っ   まし  が,わたし    つい  学ぶ こと  関心  あり ませ  でし た。もっとも,知識   旺盛 でし た。学校  休み  時期  は,地元    ほとり  行き,図書  から 借り        読ん  過ごし  もの です。

卒業     後,社会  弱者    なり たい  思う よう  なり まし た。それで,ホームレス    身体 障害  学習 障害  抱え  いる  たち  支援 する 仕事  始め,その 後,大学  健康 科学  課程  履修  まし た。そして 卒業 後,次々 と,驚く ほど 栄誉 ある 立場  就け られ,生活  ますます 贅沢  なっ  ゆき まし た。フリー  経営 コンサルタント また 社会     て,ノートパソコン  インターネット 接続  あれ  仕事  でき まし た。それで,1   2   ほど 海外  旅行 し,お気  入り  ホテル  滞在 し,美しい 風景  楽しみ,フィットネス  ため  温泉 付き ジム  利用   もの です。まさに,人生  素晴らしい  思っ   まし た。それでも,虐げ られ  いる 人々  対する 関心  失い ませ  でし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

わたし は,『人間  なぜ 存在   いる  だろ う。何  ため  生き  いる  だろ う』と,幾   考え   まし  が,答え  求め  聖書  調べ よう    ませ  でし た。1999   ある 日,エホバ  証人  なっ      マーガレット が,友達  一緒  わたし  訪ね    時,同じく エホバ  証人  あっ  その 友達  個人   関心  示し  くれ   で,わたし  聖書 研究  する こと  つい 同意   しまい まし た。しかし,遅々    進歩  ませ  でし た。仕事  生活  多く  時間  取ら     から です。

2002   夏,わたし  イングランド 南西   引っ越し,社会   修士   取る ため  大学院  通い 始め まし た。最終   博士   取得 する こと  目指し     です。わたし は,幼い 息子  連れ て,以前 より  定期   地元  王国 会館   集会  出席 する よう  なり まし た。高等 教育  受け   まし  が,聖書 研究       で,世   問題  その 解決   一層 よく 理解 する こと  でき まし た。また,マタイ 6  24   真実    気づき まし た。『だれ     主人  仕える こと   でき ない。神     選ば なけれ  なら ない』と あり ます。それで,自分  生活     優先 順位  変える 必要  ある こと  分かり まし た。

その   年,わたし は,証人 たち が「あなた  こと  気づかう 創造   おら  ます か」 * いう   用い  個人    行なっ    聖書 研究 に,しばしば 出席    まし た。そして,人類  抱える  問題  創造  エホバ  しか 解決 でき ない,と 確信 する よう  なり まし た。しかし 大学  は,人生  意義  創造   対する 信仰   関係  ない,と 教え られ   まし た。わたし  腹立たしく 思い,2 か月   退学 し,霊的  事柄  もっと 時間  割こ     決め まし た。

生き方  変え よう  いう 気持ち は,箴言 3  5,6   この 言葉  よっ  強まり まし た。「心  つく   エホバ  依り頼め。自分  理解  頼っ   なら ない。あなた  すべて    おい    認めよ。そうすれば,神 ご自身  あなた  道筋  まっすぐ    くださる」。愛 ある   つい  知る こと は,博士   取得 すれ   られる   しれ ない   地位 より  報い  大きな もの でし た。わたし は,地球  関する エホバ  目的 や,人類  ため  イエス  自分    犠牲    こと  つい  知れ  知る ほど,創造   献身  たい  思う よう  なり まし た。そして,2003  4   バプテスマ  受け,次第  生活  簡素  もの    ゆき まし た。

どんな   受け  か:

エホバ     よう  関係 は,お金   買え ない 貴重  もの です。わたし  エホバ  知る こと  より,本当  意味   平安  喜び   まし た。また,神   から 崇拝 する  たち   交わり から も,深い 幸福   味わっ   ます。

わたし  知識  は,今 なお 聖書  クリスチャン  集会 から 学ぶ 事柄  よっ  豊か  満たさ    ます。わたし  自分  信仰     たち  伝える こと  楽しん   ます。これ  わたし  本職  なり まし た。この 仕事  よっ て,人々  現在  生活  改善 できる よう,また 新しい   生きる  いう 素晴らしい 希望  持てる よう,実際  助ける こと  できる  です。わたし  2008  6  以来,宣教 奉仕   時間 携わっ  おり,以前 より  幸福  満ち足り  気持ち   ます。今   人生    目的  知っ  おり,その こと  エホバ  本当  感謝    ます。

『友達  亡くし  ショック  受け まし た』。―ローマン  イルネスベルガ

  • 生ま   年: 1973 

  • 生ま   国: オーストリア

  • かつて は: ギャンブル 好き だっ 

過去  歩み:

わたし は,オーストリア  ブラウナウ  いう 小さな   育ち まし た。その 地域  人々  裕福 で,犯罪  ほとんど  られ ませ  でし た。父  カトリック 教徒 で,わたし  その 宗教    育ち まし た。

わたし は,子ども  ころ,ある 出来事 から 大きな 影響  受け まし た。1984 年,11  だっ  時,親しい 友達      サッカー    遊ん  その 午後 に,その   自動  事故  遭っ  死ん   です。わたし  友達  亡くし  非常  大きな ショック  受け,その    も,『人  死ん だら どう なる  だろ う』と いう 疑問   から 離れ ませ  でし た。

学校 卒業  は,電気 技師    働き まし た。ギャンブル  とりこ  なり,大金  つぎ込ん だり  まし  が,お金  困る こと  あり ませ  でし た。また,スポーツ   多く  時間  費やし,ヘビーメタル  パンクロック 音楽  愛好 する よう   なり まし た。ディスコ から ディスコ へ,パーティー から パーティー   はしご する 生活 でし た。その よう  快楽 追求   道徳  生活  送り ながら,むなしさ  感じ   まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

1995 年,ある 年配  エホバ  証人  訪ね   て,『死ん だら どう なる か』と いう 疑問  対する 聖書  答え  載せ られ  いる   勧め  くれ まし た。わたし は,年若い 友達  悲惨  事故  亡くし  こと  まだ   かかっ     で,その   受け取り まし た。そして,死  つい    だけ  なく,全部    読ん  しまい まし た。

その 内容 から,死  つい   疑問  答え だけ  なく,それ 以上  こと  知り まし た。わたし は,カトリック 教徒    育て られ   で,イエス  まず  より  中心    信仰  抱い   まし た。しかし,聖書  注意深く 研究  て,イエス    ある エホバ    親しい   よう  関係  築く よう 助け られ まし た。また,エホバ  秘密 主義  超然       なく,真    探し求める   ご自分  はっきり 示さ れる,と いう こと  知っ    躍る 思い でし た。(マタイ 7:7‐11)さらに,エホバ  感情  持っ  おら れる こと や,常  約束  守る   ある こと  知り まし た。その こと から,聖書 預言  深い 関心  抱い て,それ  どの よう  成就       調べる よう  なり,様々  事柄  新た  知っ て,神  対する 信仰  強まり まし た。

そして   なく,聖書  理解 する よう 人々  助ける ため  真剣  努力   いる   エホバ  証人 だけ  ある,と いう こと  気づき まし た。また,証人 たち  出版     言及    いる 聖句  注目 し,それら  自分  カトリック  聖書  確認  まし た。調べれ  調べる ほど,『これ  真理 だ』と 確信 する よう  なり まし た。

わたし は,聖書 研究  通し て,エホバ から ご自分  規準  従っ  生きる よう 期待    いる こと  学び まし た。エフェソス 4  22‐24   聖句  読ん で,「以前  生き方」に よっ  形作ら  た「古い 人格」を 脱ぎ捨て て「神  ご意志  そい つつ……創造    新しい 人格  着ける」必要  ある,と いう こと  理解 でき まし た。それで,不 道徳  生活  やめ まし た。また,ギャンブル  やめる 必要  理解  まし た。その 習慣  物質 主義  貪欲  助長 する から です。(コリント  一 6:9,10)そう   変化  遂げる ため  は,以前  友人 たち  会う   やめ て,自分  同じ 価値 規準  従う 新しい 仲間  求める 必要  ある こと  知り まし た。

変化  遂げる   容易  こと   あり ませ  でし  が,わたし  王国 会館   証人 たち  集会  出席  始め,地元  会衆    たち  新た    する よう  なり まし た。また,自分 個人   注意深い 聖書 研究  続け まし た。その よう    ゆく  つれ,音楽  好み  人生  目標  変わり,きちんと   身なり  する よう  なり まし た。そして 1995   バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり まし た。

どんな   受け  か:

  は,お金  所有   対し   平衡  取れ  見方  する こと  でき ます。かつて  短気 でし  が,今   温厚  なり まし た。また,将来  こと  過度  思い煩う こと  なくなり まし た。

わたし は,エホバ  仕える 人々 から 成る 国際   グループ  一員  ある こと  嬉しく 思っ   ます。それら      は,問題  闘い ながら  忠実    仕え  いる  たち   ます。わたし  今,自分 自身  欲望  満たす ため   なく,エホバ  崇拝        行なう ため に,自分  時間  エネルギー  すべて  費やす こと  でき,とても 幸せ です。

「人生  ついに 目的  ある もの  なり まし た」。―イアン  キング

  • 生ま   年: 1963 

  • 生ま   国: イギリス

  • かつて は: 人生  幻滅    

過去  歩み:

わたし は,イギリス  生ま  まし  が,7   ころ に,家族  オーストラリア  移住  まし た。わたしたち 家族 は,オーストラリア  クイーンズランド   観光 地,ゴールド  コースト  落ち着き まし た。家族  裕福   なかっ  もの の,必要    事欠く こと  あり ませ  でし た。

わたし は,まずまず  環境  育て られ  もの の,本当  幸福  いう こと  なく,人生  幻滅 する よう  なり まし た。父  大酒 飲み で,わたし    あまり 愛情  感じ ませ  でし た。それ   に,父  飲酒    対する 接し方  原因 でし た。わたし       なっ  初めて,父  マラヤ  兵士 だっ    経験   事柄  知り,父  あの よう  行動  する わけ  理解 する よう  なり まし た。

わたし  高校 在学  から 酒浸り  なり,16     学校  中退   海軍  入り まし た。また,麻薬  使い 始め,たばこ  やめ られ なく なり まし た。ますます アルコール  依存 する よう  なり,週末 ごと  飲ん  騒い     が,その うち  毎日  こと  なり まし た。

また,10  後半 から 20  初め  かけ て,神  存在  疑問  する よう  なり まし た。『もし 本当    いる  なら,人  苦しん  死ぬ   なぜ 許し  いる  か』と 考え   です。そして,世     すべて    せい  する   書い たり   まし た。

23     海軍  やめ,職  転々  し,1   わたっ  海外 旅行   まし  が,少し  落胆 から 救わ  ませ  でし た。目標  持と う,何   達成  よう,と いっ  意欲  全く 持て ず,どんな こと   魅力  感じ なかっ   です。家  所有 し,安定   仕事  就き,昇進 する  いっ  見込み も,意味  ない こと  よう  思え まし た。“楽しみ”と 言え ば,酒  飲む こと  音楽  聴く こと ぐらい しか あり ませ  でし た。

人生  目的  知り たい  いう 一番 強い 気持ち  湧い      こと  忘れ   ませ ん。それ は,ポーランド で,悪名 高い アウシュビッツ 強制 収容   見学    でし た。そこで 起き  残虐 行為  つい   読ん  こと  あり まし  が,実際  そこ  立っ  収容   規模  大きさ      時,がく然   まし た。人間  同じ 人間  対し  どうして これ ほど 残酷  振る舞える   か,理解 でき ませ  でし た。収容   を『なぜ だ』と つぶやき ながら     浮かべ  歩い    覚え   ます。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

1993 年,海外 から 帰国   あと,答え  探し求め  聖書  読み 始め まし た。その    なく,エホバ  証人   人,わたし    戸口  やっ   て,わたし  近く  競技   開か れる 大会  招待   くれ まし た。わたし  行っ  みる こと   まし た。

その 競技   は,数 か月   も,ある 試合  観戦 する ため  行っ  こと  あり まし  が,この 大会  それ   あまりに  対照  でし た。証人 たち  身なり  きちんと     礼儀正しく,子ども たち  行儀 良く    まし た。また,昼休み      事柄  びっくり  まし た。幾百    証人 たち  フィールド   昼食  取っ   です が,彼ら    戻っ    フィールド  ごみ  一つ  残っ   なかっ   です。しかも,それら    満ち足り  平安  気持ち  いる よう でし た。それ  わたし  切望     もの です。わたし は,その   行なわ   どの 講演  覚え   ませ  が,証人 たち  行状   深い 感銘  受け まし た。

その  わたし は,いとこ から 聞い    思い出し まし た。その いとこ は,聖書  読ん だり 様々  宗教  研究  たり      で,数   に,『真  宗教  その   よっ  分かる』と イエス  述べ た,と 言っ   まし た。(マタイ 7:15‐20)それで,証人 たち    人々  あれ ほど 違う   なぜ   か,調べ  みる だけ  価値  ある,と 思い まし た。そして,生ま   初めて,少し だけ 楽観   なり,希望  持て そう     まし た。

翌週,わたし  招待   くれ  証人 たち が,また 訪ね   まし た。わたし は,聖書 研究  勧め られ    そう する こと  し,クリスチャン  集会  一緒  出席 する よう   なり まし た。

聖書 研究   て,神  対する わたし  見方  すっかり 変わり まし た。悪  苦しみ  引き起こし  いる      なく,人  悪い こと  すれ      痛め られる,と いう こと  知り まし た。(創世記 6:6。詩編 78:40,41)わたし は,もう エホバ  心痛  もたらす よう  こと  決して すまい,と 固く 決意  まし た。そして,エホバ    歓ばせ たい  思い まし た。(箴言 27:11)過度  飲酒  たばこ  やめ,不 道徳  関係 する こと  やめ まし た。そして 1994  3 月,バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり まし た。

どんな   受け  か:

わたし は,真  幸福   満足   味わっ   ます。もはや,問題  解決  よう    アルコール  頼っ たり   ませ ん。重荷  エホバ  ゆだねる こと  学ん   です。―詩編 55:22

  は,やはり エホバ  証人  ある カレン  いう 美しい 女性  結婚   10   なり,カレン  立派   ネラ  一緒  暮らし   ます。わたしたち 3  は,クリスチャン    宣教 奉仕  多く  時間  充て て,神  つい   真理  学ぶ よう    たち  助け   ます。わたし  人生  ついに 目的  ある もの  なり まし た。

^ 11節 発行: エホバ  証人