内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

聖書時代の生活 ― 牧畜

聖書時代の生活 ― 牧畜

「神​は​羊飼い​の​よう​に​ご自分​の​群れ​を​牧さ​れる。その​み腕​で​子羊​を​集め,それ​を​その​懐​に​抱い​て​携え​て​行か​れる」。―イザヤ 40:11

聖書​に​は,巻頭​の​創世記​から​巻末​の「啓示」の​書​まで​の​多く​の​箇所​に,羊飼い​の​こと​が​出​て​き​ます。(創世記 4:2。啓示 12:5)アブラハム,モーセ,ダビデ​王​と​いっ​た​偉大​な​人​たち​は,羊飼い​でし​た。詩編​を​書い​た​ダビデ​は,羊飼い​の​果たす​責務​や​示す​気遣い​など​を,美しい​表現​で​述べ​まし​た。また,アサフ​の​作​と​され​て​いる​詩編​の​中​で,ダビデ​は,古代​に​おける​神​の​民​を​羊飼い​の​よう​に​牧し​た​と​言わ​れ​て​い​ます。―詩編 78:70‐72

後代,イエス​の​時代​に​も,羊飼い​は​重要​な​職業​でし​た。イエス​は​自分​自身​の​こと​を「りっぱ​な​羊飼い」と​呼び,重要​な​事柄​を​教える​の​に,良い​羊飼い​の​種々​の​特質​に​言及​し​まし​た。(ヨハネ 10:2‐4,11)全能​者​エホバ​神​で​さえ,「牧者」に​例え​られ​て​い​ます。―イザヤ 40:10,11。詩編 23:1‐4

当時​の​羊飼い​が​世話​を​し​た​の​は​羊​だけ​だっ​た​の​でしょ​う​か。その​務め​を​果たす​うえ​で,どんな​こと​を​し​た​の​でしょ​う​か。また,勤勉​な​羊飼い​たち​から​どんな​こと​を​学べる​でしょ​う​か。

羊​と​やぎ

古代​イスラエル​の​羊飼い​は,様々​な​種類​の​羊​を​飼育​し​まし​た​が,中​で​も​シリア​で​多く​見​られ​た,大きな​脂肪​質​の​尾​と​厚い​毛皮​を​特徴​と​する,カラクール​種​の​ 羊​を​飼っ​て​い​た​よう​です。この​種​の​羊​の​雄​に​は​角​が​あり,雌​に​は​角​が​あり​ませ​ん。おとなしい​の​で,誘導​する​の​は​容易​です​が,自然​環境​の​影響​を​受け​やすく,捕食​動物​の​餌食​に​なり​やすい​動物​です。

羊飼い​は,やぎ​の​世話​も​し​まし​た。その​地方​の​やぎ​は,毛色​が​大抵​は​黒​か​茶​でし​た。耳​は​平たく​て​長い​ため,岩​の​多い​丘​の​斜面​を​よじ登っ​たり,茂み​で​草​を​はん​だり​する​時​に,いばら​など​に​引っかかっ​て,すぐ​裂け​て​しまい​まし​た。

羊飼い​は,自分​の​指図​に​従う​よう​羊​や​やぎ​を​教える​こと​に​いつも​苦労​し​まし​た。それでも,良い​羊飼い​は,自分​の​預かっ​て​いる​家畜​を​優しく​世話​し,呼べ​ば​応える​よう​一​匹​一​匹​に​名前​を​付ける​こと​さえ​し​まし​た。―ヨハネ 10:14,16

羊飼い​の​四季

春​に​は​毎日,家​の​そば​に​ある​囲い​の​中​から​群れ​を​連れ出し​て,村​に​属する​近く​の​牧草​地​の​新鮮​で​水気​の​多い​草​を​食べ​させ​ます。その​季節​に​は,子羊​や​子やぎ​が​生ま​れ​て,群れ​が​大きく​なり​まし​た。また,その​時期​に​は,働き人​たち​が​羊​から​冬毛​を​刈り取り​まし​た。それ​は,祝い​の​時​でし​た。

村人​たち​の​中​に​は,羊​を​数​匹​しか​所有​し​て​い​ない​人​も​い​まし​た。その​よう​な​人​は,羊飼い​を​雇っ​て,自分​の​小さな​群れ​を​別​の​群れ​と​一緒​に​世話​し​て​もらっ​た​こと​でしょ​う。雇わ​れ​た​羊飼い​は,他人​の​家畜​に​は​自分​の​家畜​に​対する​ほど​関心​を​払わ​ない,と​言わ​れ​て​い​まし​た。―ヨハネ 10:12,13

村​の​近辺​の​畑​で​作物​の​収穫​が​終わる​と,羊飼い​は​羊​たち​に,新芽​や,刈りわら​の​間​に​残っ​た​穀物​を​食べ​させ​まし​た。そして​夏​に​なり,暑く​なる​と,群れ​を​高地​に​ある​涼しい​牧草​地​へ​と​移動​さ​せ​まし​た。幾日​間​も​ずっ​と​戸外​で​働き,そこで​寝起き​を​し​て,険しい​斜面​で​群れ​が​草​を​はめる​よう​に​し,夜​は​屋外​の​羊​の​囲い​の​番​を​し​ながら​過ごし​まし​た。時​に​は,ジャッカル​や​ハイエナ​から​保護​する​ため​に,群れ​を​洞窟​の​中​に​避難​さ​せ​て​夜​を​明かす​こと​も​あり​まし​た。夜​の​闇​の​中​で​羊​の​群れ​が​ハイエナ​の​吠え声​に​おびえ​た​なら,安心​さ​せる​よう​穏やか​に​声​を​かけ​て​落ち着か​せ​た​こと​でしょ​う。

羊飼い​は​毎晩,羊​を​数え,その​健康​状態​を​調べ​まし​た。朝​に​なる​と,群れ​に​声​を​かけ,群れ​を​従え​て​牧草​地​へ​行き​まし​た。(ヨハネ 10:3,4)そして​真昼​に​なる​と,家畜​を​冷たい​水​の​ある​池​へ​導き,水​を​飲ませ​まし​た。池​の​水​が​干上がる​と,井戸​の​所​へ​連れ​て​行き,水​を​汲ん​で​やり​まし​た。

 乾季​が​終わる​ころ,羊飼い​は​群れ​を​沿岸​平原​や​谷​へ​と​移動​さ​せ​た​こと​でしょ​う。そして,冷たい​雨​が​降り​始める​と,群れ​を​家​に​連れ​て​帰り,屋内​で​冬​籠もり​さ​せ​まし​た。そう​し​なけれ​ば,家畜​は​戸外​で,激しい​雨​や,雹​を​伴う​嵐​や,雪​に​見舞わ​れ​て,死ん​で​しまう​可能​性​も​あり​まし​た。羊飼い​は,11​月​から​春​まで,群れ​を​戸外​で​放牧​する​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。

仕事​の​ため​の​装備

羊飼い​は,簡素​ながら​も​丈夫​な​服​を​着​まし​た。雨​や​夜​の​寒気​から​身​を​守る​ため​に,内側​が​羊毛​と​なる​よう​に​作ら​れ​た​羊​の​皮​の​マント​を​羽織っ​た​か​も​しれ​ませ​ん。肌着​と​し​て​チュニック​を​身​に​着け,尖っ​た​岩​や​いばら​から​足​を​守る​ため​に​サンダル​を​履き,頭​に​は​毛​織物​の​布​を​巻い​て​い​まし​た。

羊飼い​の​装備​に​は,普通,次​の​よう​な​もの​が​含ま​れ​て​い​まし​た。パン,オリーブ,干し​た​果物,チーズ​など​の​食糧​を​入れ​た,布​または​革​の​かばん; 球根​状​の​先端​に​鋭い​石​を​はめ込ん​だ,普通​1​㍍​ほど​の​長さ​の,恐る​べき​武器​と​も​なる​棒; 短刀; 羊飼い​が​歩い​たり​登っ​たり​する​時​に​使う​杖; 水筒; 深い​井戸​から​水​を​汲む​ため​の​折りたたみ​式​の​革製​の​手桶; はぐれ​そう​に​なっ​た​羊​や​やぎ​の​近く​に​石​を​投げ​て​驚かせ,群れ​に​戻っ​て​来さ​せる​ため,あるいは​獲物​を​求め​て​うろつい​て​いる​野獣​を​追い払う​ため​に​用いる,石投げ; 自分​で​楽しむ​ため,また​群れ​を​落ち着か​せる​ため​に​吹く​葦笛​など​です。

羊飼い​の​世話​を​受け​た​家畜​は,食卓​に​乳​や​肉​と​いっ​た​産物​など​の​生活​必需​品​を​供し​まし​た。羊毛​や​皮​は,物々交換​に​使わ​れ​たり,衣類​や​皮袋​を​作る​の​に​用い​られ​たり​し​まし​た。やぎ​の​毛​は​紡が​れ​織ら​れ​て​布​に​なり​まし​た​し,羊​も​やぎ​も​神​へ​の​犠牲​と​し​て​用い​られ​まし​た。

倣う​べき​型

良い​羊飼い​は,勤勉​で​あり,頼り​に​なり,勇敢​でし​た。自分​の​命​を​危険​に​さらし​て​まで​も,群れ​を​守り​まし​た。―サムエル​第​一 17:34‐36

ですから,イエス​と​その​弟子​たち​が​羊飼い​を,クリスチャン​の​監督​たち​の​倣う​べき​型​と​し​た​の​も,もっとも​な​こと​です。(ヨハネ 21:15‐17。使徒 20:28)今日​の​会衆​の​監督​たち​は,聖書​時代​の​良い​羊飼い​の​よう​に,『ゆだね​られ​た​神​の​羊​の​群れ​を​牧する』よう​努め​ます。『強い​られ​て​で​は​なく,自ら​進ん​で​行ない,不正​な​利得​を​愛する​気持ち​から​で​は​なく,真剣​な​態度​で​牧する』の​です。―ペテロ​第​一 5:2