アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年11月

聖書時代の生活 ― 牧畜

聖書時代の生活 ― 牧畜

「神  羊飼い  よう  ご自分  群れ  牧さ れる。その み腕  子羊  集め,それ  その   抱い  携え  行か れる」。―イザヤ 40:11

聖書  は,巻頭  創世記 から 巻末 の「啓示」の  まで  多く  箇所 に,羊飼い  こと     ます。(創世記 4:2。啓示 12:5)アブラハム,モーセ,ダビデ   いっ  偉大   たち は,羊飼い でし た。詩編  書い  ダビデ は,羊飼い  果たす 責務  示す 気遣い など を,美しい 表現  述べ まし た。また,アサフ    され  いる 詩編   で,ダビデ は,古代  おける     羊飼い  よう  牧し   言わ    ます。―詩編 78:70‐72

後代,イエス  時代  も,羊飼い  重要  職業 でし た。イエス  自分 自身  こと を「りっぱ  羊飼い」と 呼び,重要  事柄  教える  に,良い 羊飼い  種々  特質  言及  まし た。(ヨハネ 10:2‐4,11)全能  エホバ   さえ,「牧者」に 例え られ   ます。―イザヤ 40:10,11。詩編 23:1‐4

当時  羊飼い  世話       だけ だっ   でしょ  か。その 務め  果たす うえ で,どんな こと     でしょ  か。また,勤勉  羊飼い たち から どんな こと  学べる でしょ  か。

  やぎ

古代 イスラエル  羊飼い は,様々  種類    飼育  まし  が,中   シリア  多く  られ た,大きな 脂肪     厚い 毛皮  特徴  する,カラクール      飼っ    よう です。この          あり,雌     あり ませ ん。おとなしい  で,誘導 する   容易 です が,自然 環境  影響  受け やすく,捕食 動物  餌食  なり やすい 動物 です。

羊飼い は,やぎ  世話   まし た。その 地方  やぎ は,毛色  大抵     でし た。耳  平たく  長い ため,岩  多い   斜面  よじ登っ たり,茂み    はん だり する  に,いばら など  引っかかっ て,すぐ 裂け  しまい まし た。

羊飼い は,自分  指図  従う よう   やぎ  教える こと  いつも 苦労  まし た。それでも,良い 羊飼い は,自分  預かっ  いる 家畜  優しく 世話 し,呼べ  応える よう      名前  付ける こと さえ  まし た。―ヨハネ 10:14,16

羊飼い  四季

   毎日,家  そば  ある 囲い   から 群れ  連れ出し て,村  属する 近く  牧草   新鮮  水気  多い   食べ させ ます。その 季節  は,子羊  子やぎ  生ま  て,群れ  大きく なり まし た。また,その 時期  は,働き人 たち   から 冬毛  刈り取り まし た。それ は,祝い   でし た。

村人 たち    は,羊    しか 所有    ない    まし た。その よう   は,羊飼い  雇っ て,自分  小さな 群れ    群れ  一緒  世話   もらっ  こと でしょ う。雇わ   羊飼い は,他人  家畜   自分  家畜  対する ほど 関心  払わ ない,と 言わ    まし た。―ヨハネ 10:12,13

  近辺    作物  収穫  終わる と,羊飼い   たち に,新芽 や,刈りわら    残っ  穀物  食べ させ まし た。そして   なり,暑く なる と,群れ  高地  ある 涼しい 牧草    移動   まし た。幾日   ずっ  戸外  働き,そこで 寝起き   て,険しい 斜面  群れ    はめる よう  し,夜  屋外    囲い     ながら 過ごし まし た。時  は,ジャッカル  ハイエナ から 保護 する ため に,群れ  洞窟    避難      明かす こと  あり まし た。夜        群れ  ハイエナ  吠え声  おびえ  なら,安心  せる よう 穏やか    かけ  落ち着か   こと でしょ う。

羊飼い  毎晩,羊  数え,その 健康 状態  調べ まし た。朝  なる と,群れ    かけ,群れ  従え  牧草   行き まし た。(ヨハネ 10:3,4)そして 真昼  なる と,家畜  冷たい   ある   導き,水  飲ませ まし た。池    干上がる と,井戸    連れ  行き,水  汲ん  やり まし た。

 乾季  終わる ころ,羊飼い  群れ  沿岸 平原     移動    こと でしょ う。そして,冷たい   降り 始める と,群れ    連れ  帰り,屋内   籠もり   まし た。そう  なけれ ば,家畜  戸外 で,激しい  や,雹  伴う  や,雪  見舞わ  て,死ん  しまう 可能   あり まし た。羊飼い は,11  から  まで,群れ  戸外  放牧 する こと  あり ませ  でし た。

仕事  ため  装備

羊飼い は,簡素 ながら  丈夫     まし た。雨    寒気 から   守る ため に,内側  羊毛  なる よう  作ら       マント  羽織っ    しれ ませ ん。肌着    チュニック    着け,尖っ    いばら から   守る ため  サンダル  履き,頭    織物    巻い   まし た。

羊飼い  装備  は,普通,次  よう  もの  含ま    まし た。パン,オリーブ,干し  果物,チーズ など  食糧  入れ た,布 または   かばん; 球根   先端  鋭い   はめ込ん だ,普通 1  ほど  長さ の,恐る べき 武器   なる 棒; 短刀; 羊飼い  歩い たり 登っ たり する   使う 杖; 水筒; 深い 井戸 から   汲む ため  折りたたみ   革製  手桶; はぐれ そう  なっ    やぎ  近く    投げ  驚かせ,群れ  戻っ  来さ せる ため,あるいは 獲物  求め  うろつい  いる 野獣  追い払う ため  用いる,石投げ; 自分  楽しむ ため,また 群れ  落ち着か せる ため  吹く 葦笛 など です。

羊飼い  世話  受け  家畜 は,食卓      いっ  産物 など  生活 必需   供し まし た。羊毛   は,物々交換  使わ  たり,衣類  皮袋  作る   用い られ たり  まし た。やぎ    紡が  織ら     なり まし  し,羊  やぎ     犠牲    用い られ まし た。

倣う べき 

良い 羊飼い は,勤勉  あり,頼り  なり,勇敢 でし た。自分    危険  さらし  まで も,群れ  守り まし た。―サムエル  一 17:34‐36

ですから,イエス  その 弟子 たち  羊飼い を,クリスチャン  監督 たち  倣う べき      も,もっとも  こと です。(ヨハネ 21:15‐17。使徒 20:28)今日  会衆  監督 たち は,聖書 時代  良い 羊飼い  よう に,『ゆだね られ      群れ  牧する』よう 努め ます。『強い られ    なく,自ら 進ん  行ない,不正  利得  愛する 気持ち から   なく,真剣  態度  牧する』の です。―ペテロ  一 5:2