内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2012年11月

 読者  質問…

信仰は“気休め”にすぎないのではありませんか

信仰は“気休め”にすぎないのではありませんか

“気休め”と は,一   自己 欺瞞  あり,それ  頼る   現実  無視 する よう  なり,筋  通っ  考え方   なく なり ます。例えば,酒 を“気休め”に する    ます。お酒  飲め ば,最初    大きく なっ て,生活   難しい 問題   対処 でき そう    する   しれ ませ  が,酒  頼り 続ける なら,結局  自分  害する こと  なり ます。では,信仰  つい   そう 言える  でしょ  か。

ある  たち は,信仰  盲信  同一   ます。そう   懐疑    は,『信仰 する   自分  考え よう   ず,確か  証拠  示さ    信念  変え よう   ない』と 言い ます。『強い 信仰  持っ  いる   現実  無視   いる』と 言っ  いる こと  なり ます。

聖書 は,信仰  つい  多く  こと  述べ   ます。しかし,何   疑わ   信じる よう    勧め   ませ  し,物事  深く 考え なく  よい   述べ   ませ ん。それどころか,聞い  言葉 すべて  信じる   こと を,経験  ない 者,さらに  愚か者  呼ん   ます。(箴言 14:15,18)実際,どんな 考え  せよ,事実  確かめ     受け入れる  は,全く 愚か  こと です。それ は,交通  激しい 道路 を,目隠し   横断 する よう   言わ  て,その とおり  する よう  もの です。

聖書 は,盲信  勧める    なく,『だまさ  ない ため  比喩       開け   なさい』と 勧め   ます。(マタイ 16:6)常    開け  いる  は,「理性」を 働か せる こと  必要 です。(ローマ 12:1)聖書  研究 すれ ば,証拠  基づい  よく 考え,事実  則し  正しい 結論  導き出す よう 訓練   ます。使徒 パウロ  書い  手紙 から 幾つ        ましょ う。

パウロ は,ローマ  会衆  手紙  書い  時,神  信じる よう   自分  言う  だから 信じ  ほしい,と 思っ    ませ  でし た。神  実在  示す 証拠  つい  考える よう 促し   です。こう 書い   ます。「神  見え ない 特質,すなわち,その とこしえ    神性  は,造ら     通し  認め られる  で,世界  創造 以来 明らか  見える から  あり,それゆえに 彼ら[神  権威  否定 する  たち]は 言い訳  でき ませ ん」。(ローマ 1:20)パウロ は,ヘブライ    手紙     同様  論じ方   て,「言う まで  なく,家  すべて だれ   よっ  造ら れる   あり,すべて  もの  造ら      です」と 述べ   ます。(ヘブライ 3:4)また,テサロニケ  いう 都市  住ん    クリスチャン たち   手紙    は,真実  見極め  から 信じる よう 勧め   ます。「すべて  こと  確かめ(て)」ほしい,と 思っ     です。―テサロニケ  一 5:21

信仰 は,それ  持っ  いる   保護 する   なる

確か  証拠  基づい   ない 信仰 は,“気休め”に しか なり ませ ん。それ  頼る なら,道  誤っ て,害    招く こと  なり ます。パウロ は,当時  信心深い 人々  関し て,『わたし は,彼ら    対する 熱心   抱い  いる こと  証し  ます が,それ  正確  知識  よる もの   あり ませ ん』と 書い   ます。(ローマ 10:2)ですから,わたしたち が,ローマ  会衆  対する パウロ  アドバイス  従う こと は,本当  重要 です。こう 書い   ます。「思い  作り直す こと  よっ  自分  変革  なさい。それ は,神      受け入れ られる 完全  ご意志  自ら わきまえ知る ため です」。(ローマ 12:2)神  関する 正確  知識  基づく 信仰 は,ただ の“気休め”で  なく,感情   霊的      被ら ない ため の「大盾」と なる  です。―エフェソス 6:16