自分​の​崇拝​を​エホバ​に​受け入れ​て​いただき​たい​と​思う​人​に,エホバ​は​何​を​期待​し​て​おら​れる​でしょ​う​か。完全​さ​を​要求​し​て,不​完全​な​人間​が​神​を​喜ばせる​こと​など​でき​ない​よう​に​し​て​おら​れ​ます​か。それとも,最善​を​尽くせ​ば​それ​で​よい,と​思っ​て​おら​れ​ます​か。神​に​仕える​こと​を​喜び​と​する​ため​に​は,そう​し​た​疑問​に​対する​答え​を​知る​必要​が​あり​ます。預言​者​ミカ​が​神​の​求め​て​おら​れる​事柄​を​どの​よう​に​要約​し​て​いる​か,調べ​て​み​ましょ​う。ミカ 6:8​を​読ん​で​ください。

「何​が​善い​こと​か​を​神​は​あなた​に​お告げ​に​なっ​た」。神​が​人​に​何​を​期待​し​て​おら​れる​の​か,臆測​する​必要​は​あり​ませ​ん。神​は​その​あらまし​を,聖書​の​中​で​はっきり​告げ​て​おら​れ​ます。神​が​求め​て​おら​れる​の​は,「善い​こと」です。悪い​こと​を​お求め​に​なる​はず​が​あり​ませ​ん。「神​は​愛」で​あり,わたしたち​の​最善​の​益​を​心​に​かけ​て​くださっ​て​いる​から​です。(ヨハネ​第​一 4:8; 5:3)神​の​求め​て​おら​れる​とおり​に​する​なら,神​に​喜ば​れる​だけ​で​なく,自分​自身​の​益​に​も​なる​の​です。―申命記 10:12,13

『エホバ​が​あなた​に​求め​て​おら​れる​こと』と​は​何​か。何​を​求める​に​せよ,神​に​は​当然​そう​する​権利​が​あり​ます。神​は​命​を​授け,保た​せ​て​くださっ​て​いる​方​な​の​で,人間​に​は​神​に​従う​義務​が​ある​の​です。(詩編 36:9)では,神​は​人​に​何​を​求め​て​おら​れる​の​でしょ​う​か。ミカ​に​よる​と,三つ​あり​ます。最初​の​二つ​は​主​に,同胞​で​ある​人間​に​対する​接し方​で​あり,三つ​め​は​神​と​の​関係​です。

『公正​を​行なう』こと。ある​参考​書​に​よれ​ば,ヘブライ​語​で​言う「公正」に​は,「地域​社会​に​おける​他​の​人​と​の​公平​で​正しい​関係​が​含ま​れ」ます。神​は,わたしたち​が​他​の​人​を​ご自分​の​規準​どおり​に​公平​で​正しい​事柄​に​従っ​て​扱う​よう​求め​て​おら​れる​の​で,わたしたち​は,だれ​に​で​も​公平​に,廉直​に,正直​に​接する​こと​に​より,公正​を​行ない​ます。(レビ​記 19:15。イザヤ 1:17。ヘブライ 13:18)その​よう​に​すれ​ば,他​の​人​も​わたしたち​に​公正​な​行ない​を​する​よう​心​を​動かさ​れる​こと​でしょ​う。―マタイ 7:12

『親切​を​愛する』こと。神​は,親切​を​示す​だけ​で​なく​愛する​こと​を​求め​て​おら​れ​ます。「親切」と​訳さ​れ​て​いる​ヘブライ​語(ヘセド)は,「愛​ある​親切」または「忠節​な​愛」と​訳さ​れる​こと​も​あり​ます。ある​聖書​学​者​は​こう​述べ​て​い​ます。「愛,憐れみ,親切​など​の​表現​は,[ヘセド]の​訳​と​し​て​は​不​十分​で​ある。その​語​は​それら​の​特質​の​一つ​で​は​なく,それら​すべて​を​合わせ​た​もの​を​意味​し​て​いる​の​で​ある」。親切​を​愛し​て​いれ​ば,進ん​で​それ​を​示し​ます。困っ​て​いる​人​を​助ける​こと​を​喜び​と​し,与える​こと​の​幸福​を​経験​し​ます。―使徒 20:35

「慎み​を​もっ​て​あなた​の​神​と​共​に​歩む」こと。聖書​中​で「歩む」と​いう​表現​は,「一定​の​行動​に​従う」こと​を​意味​し​ます。聖書​中​で​示さ​れ​て​いる​生き方​を​する​なら,神​と​共​に​歩め​ます。その​よう​な​生き方​を​続ける​に​は「慎み」が​必要​です。人間​と​し​て​の​自分​の​限界​を​認める​の​です。ですから,『慎み​を​もっ​て​歩む』と​は,神​の​ご要求​や​自分​の​能力​に​関し​て​現実​的​な​見方​を​する​と​いう​こと​です。

感謝​す​べき​こと​に,エホバ​は,わたしたち​に​できる​以上​の​こと​を​要求​し​たり​は​なさい​ませ​ん。わたしたち​が​最善​を​尽くし​て​仕え​て​いる​限り,その​努力​を​喜ん​で​ください​ます。(コロサイ 3:23)わたしたち​の​限界​を​理解​し​て​くださっ​て​い​ます。(詩編 103:14)わたしたち​も,ふさわしい​慎み​を​もっ​て​自分​の​限界​を​認める​よう​に​すれ​ば,神​と​共​に​歩む​こと​に​喜び​を​見いだせ​ます。どう​すれ​ば​神​と​共​に​歩める​よう​に​なる​か,学ん​で​は​いかが​です​か。その​よう​な​歩み​を​すれ​ば,神​から​の​豊か​な​祝福​を​受ける​こと​が​でき​ます。―箴言 10:22

11​月​の​聖書​通読​の​範囲:

ヨエル 1​章ミカ 7​章