内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2012年11月

   近づく

『エホバがあなたに求めておられること』

『エホバがあなたに求めておられること』

自分  崇拝  エホバ  受け入れ  いただき たい  思う  に,エホバ    期待   おら れる でしょ  か。完全   要求  て,不 完全  人間    喜ばせる こと など でき ない よう    おら  ます か。それとも,最善  尽くせ  それ  よい,と 思っ  おら  ます か。神  仕える こと  喜び  する ため  は,そう   疑問  対する 答え  知る 必要  あり ます。預言  ミカ    求め  おら れる 事柄  どの よう  要約   いる か,調べ   ましょ う。ミカ 6:8  読ん  ください。

「何  善い こと     あなた  お告げ  なっ た」。      期待   おら れる  か,臆測 する 必要  あり ませ ん。神  その あらまし を,聖書    はっきり 告げ  おら  ます。神  求め  おら れる  は,「善い こと」です。悪い こと  お求め  なる はず  あり ませ ん。「神  愛」で あり,わたしたち  最善      かけ  くださっ  いる から です。(ヨハネ  一 4:8; 5:3)神  求め  おら れる とおり  する なら,神  喜ば れる だけ  なく,自分 自身     なる  です。―申命記 10:12,13

『エホバ  あなた  求め  おら れる こと』と   か。  求める  せよ,神   当然 そう する 権利  あり ます。神    授け,保た   くださっ  いる    で,人間     従う 義務  ある  です。(詩編 36:9)では,神      求め  おら れる  でしょ  か。ミカ  よる と,三つ あり ます。最初  二つ   に,同胞  ある 人間  対する 接し方  あり,三つ      関係 です。

『公正  行なう』こと。ある 参考   よれ ば,ヘブライ   言う「公正」に は,「地域 社会  おける      公平  正しい 関係  含ま れ」ます。神 は,わたしたち      ご自分  規準 どおり  公平  正しい 事柄  従っ  扱う よう 求め  おら れる  で,わたしたち は,だれ    公平 に,廉直 に,正直  接する こと  より,公正  行ない ます。(レビ 記 19:15。イザヤ 1:17。ヘブライ 13:18)その よう  すれ ば,他    わたしたち  公正  行ない  する よう   動かさ れる こと でしょ う。―マタイ 7:12

『親切  愛する』こと。 は,親切  示す だけ  なく 愛する こと  求め  おら  ます。「親切」と 訳さ   いる ヘブライ 語(ヘセド)は,「愛 ある 親切」または「忠節  愛」と 訳さ れる こと  あり ます。ある 聖書    こう 述べ   ます。「愛,憐れみ,親切 など  表現 は,[ヘセド]の       十分  ある。その   それら  特質  一つ   なく,それら すべて  合わせ  もの  意味   いる   ある」。親切  愛し  いれ ば,進ん  それ  示し ます。困っ  いる   助ける こと  喜び  し,与える こと  幸福  経験  ます。―使徒 20:35

「慎み  もっ  あなた      歩む」こと。聖書  で「歩む」と いう 表現 は,「一定  行動  従う」こと  意味  ます。聖書   示さ   いる 生き方  する なら,神    歩め ます。その よう  生き方  続ける  は「慎み」が 必要 です。人間     自分  限界  認める  です。ですから,『慎み  もっ  歩む』と は,神  ご要求  自分  能力  関し  現実   見方  する  いう こと です。

感謝  べき こと に,エホバ は,わたしたち  できる 以上  こと  要求  たり  なさい ませ ん。わたしたち  最善  尽くし  仕え  いる 限り,その 努力  喜ん  ください ます。(コロサイ 3:23)わたしたち  限界  理解   くださっ   ます。(詩編 103:14)わたしたち も,ふさわしい 慎み  もっ  自分  限界  認める よう  すれ ば,神    歩む こと  喜び  見いだせ ます。どう すれ      歩める よう  なる か,学ん   いかが です か。その よう  歩み  すれ ば,神 から  豊か  祝福  受ける こと  でき ます。―箴言 10:22

11   聖書 通読  範囲:

ヨエル 1 ミカ 7