内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2012年11月

ご存じでしたか

ご存じでしたか

聖書 時代  は,どんな ペン  インク  使わ    でしょ  か。

  ペン。西暦 1 世紀 ごろ  エジプト  もの

聖書   使徒 ヨハネ  書い  手紙  3  収め られ   ます が,ヨハネ  3    結び で,「わたし   あなた  書く べき こと  たくさん あり まし  が,インク  ペン  書い  ゆく こと  望み ませ ん」と 述べ   ます。ヨハネ  用い  原語  ギリシャ   字義 どおり  訳せ ば,「黒い[インク]と 葦」で 書く   望ま ない,と いう こと です。―ヨハネ  三 13,「ギリシャ  聖書 王国 行間 逐語 訳」(英語)。

書士  使っ  ペン は,適当  長さ  切っ  固い     斜め  そぎ,その 先端  細い 切れ目  入れ  もの で,ペン   軽石  研い  尖らせる こと  でき まし た。形  機能 も,金属   ペン   持つ 現代  万年筆  よく    まし た。

大抵  インク,つまり「黒い」顔料 は,煤  油煙 を,接着    なる ゴム  混ぜ合わせ  もの で,乾燥    状態  売ら   おり,使う   は,水  溶い  ちょうど よい 濃さ  する 必要  あり まし た。その よう  インク  パピルス  皮紙<パーチメント>に 文字  書い  場合,インク  その 表面  乾く だけ で,染み込ま なかっ   で,書き間違え たら,湿らせ  海綿  拭っ  書き直す こと  容易  でき まし た。それで,書士  海綿  筆記 用具  一つ    常備    まし た。古代  インク  関する こう   細か    知れ ば,聖書 筆者 たち    念頭  置き つつ,神  覚え   から 名前  拭い去ら れる,つまり 消し去ら れる こと  つい  述べ    も,推察 でき ます。―出エジプト 記 32:32,33。啓示 3:5,「王国 行間 逐語 訳」。

使徒 パウロ  どんな 天幕  作っ   でしょ  か。

裁縫 道具。西暦 1 世紀  2 世紀  もの

使徒 18  3   よれ ば,使徒 パウロ  天幕 作り  その      まし た。聖書 時代,天幕  作る  たち は,ラクダ  ヤギ    細長い   織り,それら  縫い合わせ  旅行    天幕  作り まし た。と  いえ,当時  革製  天幕  少なく あり ませ  でし た。また,亜麻   作ら   もの  あり,それ  パウロ  郷里 タルソス  製造     まし た。パウロ  材料     織物,革,亜麻  など  いずれ か,あるいは すべて  使っ   考え られ ます。と  いえ アクラ  一緒  働い      は,民家  中庭  屋根  よう  覆う 亜麻   日よけ  作っ       しれ ませ ん。

パウロ  この 仕事  若い ころ  学ん  もの  思わ  ます。エジプト  パピルス  記述  よる と,ローマ 占領   あっ  エジプト  は,見習い   13  ごろ  仕事  学び 始め  よう です。パウロ も,その 年齢  仕事  始め   すれ ば,15   16  ごろ まで  は,使う 材料  種々    大きさ  切っ  から 様々  突き   縫い方  駆使   縫い合わせる 技術    着け    こと でしょ う。「パウロ  宣教 奉仕  社会  背景」(英語)と いう   は,「パウロ は,見習い 期間  終える ころ に,自分   道具 一式  与え られ    しれ ない」と 述べ られ   ます。この   よれ ば,「天幕 作り は,必要  小刀  突き  さえ あれ  どこ  でも できる 仕事」でし た。パウロ  その よう  仕事  生計  立て ながら,旅行 する 宣教     活動 でき   です。