アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年11月

神に尋ねてみたいことがありますか

お読みになれば,人は何のために生きているのか,死んだらどうなるのか,なぜこんな苦しみに遭うのか,というよくある質問に対する聖書の答えが分かります。

神に尋ねてもよいのでしょうか

人生についての重要な疑問に対する納得のゆく答えはどこに見いだせるでしょうか。神に尋ねてもよいのでしょうか。

尋ねてみたいこと 1: わたしは何のために生きているのですか

お金や名声を最優先している人は少なくありませんが,人生にはもっと多くのことが関係しています。

尋ねてみたいこと 2: 死んだらどうなるのですか

死んだらどうなるのかと恐れている人は少なくありません。聖書は真実を教えています。

尋ねてみたいこと 3: なぜこんな苦しみに遭うのですか

聖書ははっきりと,人が苦しむのは神のせいではないと述べています。では,罪もない人がなぜ苦しみに遭うのでしょうか。

聖書は人の生き方を変える

成功したキャリアウーマン,ギャンブル好きの青年,人生に幻滅していた男性が,それぞれ真の幸福を見いだしました。どのようにしてでしょうか。

ご存じでしたか

聖書時代にはどんなペンとインクが使われたのでしょうか。使徒パウロはどんな天幕を作ったのでしょうか。

神は世界政府を設立されますか

人類の抱える問題の多くは,地球規模のものです。世界支配者がいれば,それらは解決されるでしょうか。

負債に対処する

負債から抜け出せないように思える場合,家族はどうしたらよいでしょうか。

『エホバがあなたに求めておられること』

神はご自分を崇拝することを望んでいる人たちに何を期待しておられるのでしょうか。不完全な人間でも,神を喜ばせることができるのでしょうか。

信仰は“気休め”にすぎないのではありませんか

聖書は,盲信を勧めるのではなく,理性を働かせ,証拠について考えるよう勧めています。

せいしょのべんきょう

雨が降るようにしたのはだれでしょうか。わたしたちにも雨が必要なのはなぜでしょうか。お子さんに神と神の創造された物について教えるために,この“せいしょのべんきょう”を活用してください。

聖書時代の生活 ― 牧畜

羊飼いはどんな家畜の世話をしたでしょうか。どんな仕事をしたのでしょうか。

ヨーロッパ人権裁判所 ― 良心的兵役拒否の権利を擁護

今やヨーロッパ諸国にとって判例となる,この記念すべき判決について,お読みください。