「人​が​人​を​支配​し​て​これ​に​害​を​及ぼし​た」。―伝道​の​書 8:9

上​の​言葉​は,人間​に​よる​支配​の​歴史​を​うまく​言い表わし​て​い​ます。その​支配​の​せい​で,計り知れない​苦しみ​や​不幸​が​生じ​て​き​まし​た。どの​時代​に​も​善意​の​人々​が​い​て,より​公正​な​社会​を​作ろ​う​と​し​まし​た​が,その​努力​は​いつも​貪欲​や“腐敗”に​妨げ​られ​て​き​た​の​です。どうして​でしょ​う​か。贈収賄​が​なくなら​ない​の​は​なぜ​でしょ​う​か。基本​的​に​は,以下​の​三つ​の​有害​な​影響​力​が​作用​し​て​いる​から​です。

1. 罪​の​影響​力。

聖書​に​は​はっきり​と,わたしたち​人間​は「みな​罪​の​もと​に​ある」,と​述べ​られ​て​い​ます。(ローマ 3:9)罪​は,治ら​ない​遺伝​病​の​よう​に,人​の​内部​に『住ん​で』もしくは「宿っ​て」い​ます。また,これ​まで​幾千​年​に​も​わたっ​て​王​の​よう​に​人類​を「支配」し​て​き​まし​た。罪​の「律法」は​絶え​ず​人間​の​内​に​あっ​て​働い​て​い​ます。罪​に​走る​傾向​が​ある​ため,多く​の​人​は​自分​の​関心事​を​第​一​に​し​たり,他人​を​犠牲​に​し​て​まで​も​所有​物​や​権力​を​得る​こと​を​生活​の​中心​に​し​たり​し​ます。―ローマ 5:21; 7:17,20,23,25

  2. この​邪悪​な​世​の​影響​力。

この​世​の​特徴​は,貪欲​と​利己​主義​です。その​よう​な​環境​の​中​で​は,他​の​人​と​異なる​生き方​を​する​の​は​難しい​と​思う​人​も​い​ます。そういう​人​は,利己​的​な​野心​に​駆り立て​られ​て,権力​欲​を​抱く​よう​に​なり​ます。また,より​多く​の​お金​や​所有​物​を,それ​も​実際​に​必要​と​する​以上​の​もの​を​渇望​し​ます。残念​な​こと​に,そう​し​た​目標​を​達成​する​ため​なら​不​正直​な​こと​も​いとい​ませ​ん。有害​な​影響​力​に​抵抗​する​どころ​か,「よこしま​な​事柄​の​ため​に​群衆​に​従っ​て」行く​の​です。―出エジプト​記 23:2

3. 悪魔​サタン​の​影響​力。

反逆​し​た​霊者​で​ある​サタン​は,「人​の​住む​全地​を​惑わし​て」い​ます。(啓示 12:9)人間​を​操る​こと​を​喜び​と​し​て​おり,ずる賢く​も​人​の,物質​的​な​安楽​や​金銭​的​ゆとり​の​ある​生活​を​求める​と​いう​自然​な​欲求​に​付け込ん​で,不​正直​な​行為​を​させる​こと​が​あり​ます。

では,わたしたち​は​サタン​の​操り​人形​に​すぎ​ない​の​でしょ​う​か。サタン​が​糸​を​引け​ば​それ​に​従わ​ざる​を​得​ない,と​いう​こと​です​か。その​答え​を​次​の​記事​で​考え​ましょ​う。