内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 読者​の​質問…

結婚しなければ幸福になれませんか

結婚しなければ幸福になれませんか

神​の​言葉 聖書​は,充実​し​た​幸福​な​生活​を​送る​に​は​結婚​し​なけれ​ば​なら​ない,と​教え​て​い​ます​か。一見,そう​教え​て​いる​よう​に​思える​か​も​しれ​ませ​ん。どうして​でしょ​う​か。

創世記​に​よる​と,神​は,最初​の​人間​アダム​が​独り​の​まま​で​いる​の​は「良く​ない」と​ご覧​に​なり,アダム​を「補う​もの」と​し​て​エバ​を​造ら​れ​まし​た。(創世記 2:18)その「補う​もの」と​いう​語​に​は,完璧​な​もの​に​する​と​いう​意味​が​あり​ます。その​ため,それ​を​読ん​で,結婚​し​なけれ​ば​完璧​な​者​に​は​なれ​ない,と​思っ​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。さらに,聖書​中​に​は,祝福​や​喜び​が​結婚​生活​を​通し​て​得​られる​よう​に​描か​れ​て​いる​箇所​も​あり​ます。ルツ​の​物語​など​は​その​一例​です。

と​は​いえ,それ​は​決して,『今日​の​クリスチャン​も,結婚​し​なけれ​ば,幸福​で​満ち足り​た​完璧​な​者​に​は​なれ​ない』と​いう​こと​を​教える​ため​の​記述​で​は​あり​ませ​ん。イエス​・​キリスト​は,死ぬ​まで​独身​でし​た​が,歴史​上​最も​完璧​で​満ち足り​た​人​でし​た。また,最も​賢い​人​で,「幸福​な​神」エホバ​を​完全​に​反映​し​た​人​で​も​あり​まし​た。(テモテ​第​一 1:11。ヨハネ 14:9)イエス​は,この​世界​で​幸福​に​なる,つまり​神​の​祝福​を​受ける​の​に​必要​な​事柄​を​明らか​に​し​まし​た。(マタイ 5:1‐12)その​中​に,結婚​は​含ま​れ​て​い​ませ​ん。

では,この​問題​に​関し​て​聖書​は​矛盾​し​て​いる,と​いう​こと​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。結婚​を​エホバ​の​目的​に​照らし​て​考える​必要​が​あり​ます。エホバ​は,人間​が​結婚​生活​を​通し​て​喜び​や​親密​さ,慰め​など​を​得​られる​よう​に​され​まし​た​が,その​制度​が,神​の​ご意志​の​特定​の​面​を​成し遂げる​ため​の​重要​な​役割​を​果たし​た​時代​も​あり​ます。例えば,アダム​と​エバ​に​対する​神​の​目的​は,二​人​が「子​を​生ん​で​多く​なり」,人間​が「地​に​満ち(る)」こと​でし​た。(創世記 1:28)アダム​に​し​て​も​エバ​に​し​て​も,神​の​言明​さ​れ​た​目的​を,一​人​で​は​果たせ​ませ​ん​でし​た。互い​を​必要​と​し,特別​な​意味​で​互い​を​補い合っ​て​完璧​な​者​と​なっ​た​の​です。

同様​に,エホバ​は,地上​の​イスラエル​国民​に​関し​て​も,結婚​や​家族​生活​に​関連​し​た​特別​の​目的​を​持っ​て​おら​れ​まし​た。その​国民​が​敵対​する​国々​に​制圧​さ​れ​ない​よう,人口​の​多い​民​と​なる​こと​を​望む​と​とも​に,ユダ​の​部族​から​メシア​が​生まれ,忠実​な​人々​を​罪​と​死​の​影響​から​救う​こと​も​意図​し​て​おら​れ​た​の​です。(創世記 49:10)イスラエル​の​忠実​な​女性​たち​が,結婚​し​て​子ども​を​産む​こと​を​貴重​な​特権​と​み​なし,そう​でき​ない​場合​に​それ​を​恥​と​し​て​嘆き悲しん​だ​の​も,その​ため​です。

では,今日​に​つい​て​は​どう​でしょ​う​か。「地​に​満ち(る)」よう​に​と​いう​神​の​古代​の​命令​は,人口​の​多過ぎる​この​地球​上​に​今​生き​て​いる​クリスチャン​に,結婚​し​て​子ども​を​産む​こと​を​義務づける​もの​な​の​でしょ​う​か。いいえ,そう​で​は​あり​ませ​ん。(マタイ 19:10‐12)神​は,メシア​の​家系​を​絶やさ​ない​よう​に​する​こと​も,救い主​と​なる​メシア​を​生み出す​国民​を​守る​こと​も,もはや​必要​と​し​て​は​おら​れ​ませ​ん。では,クリスチャン​は​結婚​や​独身​を​どう​みなす​べき​でしょ​う​か。

実​の​ところ,結婚​も​独身​も,神​から​の​賜物​と​言う​こと​が​でき​ます。しかし​ご存じ​の​よう​に,ある​人​に​ふさわしい​贈り物​も,別​の​人​に​は​ふさわしく​ない​場合​が​あり​ます。結婚​は​神聖​な​取り決め​で​あり,それ​に​よっ​て​愛し合い,心​の​交流​を​持ち,家族​の​ため​の​安定​し​た​基礎​を​据える​こと​が​でき​ます。同時​に​聖書​は​現実​に​即し​て,この​不​完全​な​世​の​中​で​結婚​する​人​たち​が,「自分​の​肉身​に​患難」を​招く,つまり​様々​な​問題​に​直面​する​こと​に​も​なる,と​述べ​て​い​ます。独身​に​つい​て​言え​ば,エホバ​は​それ​を​恥​や​悲嘆​の​原因​と​は​見​て​おら​れ​ませ​ん。それ​どころ​か​聖書​は,独身​に​は​結婚​より​も​数々​の​明確​な​利点​が​ある​と​し​て​い​ます。―コリント​第​一 7:28,32‐35

この​よう​に,聖書​は​結婚​と​独身​に​対する​平衡​の​取れ​た​見方​を​示し​て​い​ます。結婚​と​家族​の​創始​者​エホバ​は,ご自分​の​僕​たち​が,独身​者​も​既婚​者​も,みな​幸福​で​充実​し​た​生活​を​送る​こと​を​望ん​で​おら​れる​の​です。