内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書​に​つい​て​の​話し合い

神は人を地獄に落としますか

神は人を地獄に落としますか

エホバ​の​証人​は​近所​に​住む​人​たち​を​訪ね,聖書​に​つい​て​話し合い​たい​と​思っ​て​い​ます。これ​まで​聖書​に​関する​何​か​の​疑問​を​抱い​た​こと​が​おあり​です​か。あるいは,エホバ​の​証人​の​信じ​て​いる​事柄​や​宗教​的​な​活動​に​つい​て,何​か​疑問​に​思わ​れ​た​こと​が​あり​ます​か。そう​で​あれ​ば,この​次​に​エホバ​の​証人​と​会う​時​に​尋ね​て​み​て​は​いかが​です​か。喜ん​で​その​点​に​つい​て​答え​て​くれる​でしょ​う。

以下​は,エホバ​の​証人​が​近所​の​人​と​行なう​話し合い​の​典型​的​な​例​です。エホバ​の​証人​の​トム​が,ケン​と​いう​男性​の​家​を​訪ね​た​と​し​ましょ​う。

神​は​悪人​を​処罰​し​ます​か

トム: こんにちは。また​お会い​で​き​て​うれしい​です。

ケン: あぁ,どうも。

トム: この​あいだ​言っ​て​おら​れ​た​事柄​に​つい​て​お話し​できれ​ば,と​思っ​て……

ケン: えーっ​と,何​でし​た​っけ。

トム: 『エホバ​の​証人​は​火​の​燃える​地獄​を​信じ​て​い​ない』と​聞い​て​驚い​た,と​言っ​て​おら​れ​まし​た​ね。

ケン: そうそう,地獄​を​信じ​ない​なんて,どうか​な​ぁ。

トム: 正直​な​ご意見​を,ありがとう​ござい​ます。わたし​は,いろいろ​な​方​の​考え​を​ぜひ​お聞き​し​たい,と​思っ​て​いる​の​です​が,火​の​燃える​地獄​に​つい​て​は,人​に​よっ​て​考え​が​随分​違い​ます​よ​ね。あなた​が​どう​考え​て​おら​れる​の​か,聞か​せ​て​いただけ​ませ​ん​か。

ケン: いい​です​よ。わたし​は​前々​から,『極悪​人​は​地獄​に​落とさ​れ​て,そこで​永久​に​責め苦​に​遭う』と​信じ​て​いる​ん​です。

トム: そう​でし​た​か。一般​に​は​そう​信じ​られ​て​い​ます​ね。ところで,あなた​は​これ​まで​に​何​か​不幸​を​経験​さ​れ​た​こと​が​あり​ます​か。

ケン: えぇ。実​は,5​年​前​に​姉​が​殺さ​れ​た​ん​です。

トム: えっ,本当​です​か。それ​は​痛ましい​こと​でし​た​ね。さぞかし​寂しく​思っ​て​おら​れる​でしょ​う。

ケン: えぇ,姉​の​こと​を​思わ​ない​日​は​あり​ませ​ん。

トム: そう​でしょ​う​ね。犯罪​の​被害​者​と​なっ​た​ため,『地獄​は​絶対​に​必要​だ』と​思っ​て​いる​人​たち​も​い​ます。一方​的​に​害​を​被っ​た​人​なら​だれしも,『悪人​は​それ​相応​の​罰​を​受ける​べき​だ』と​思い​ます​から​ね。

ケン: 本当​に,そう​です。姉​を​殺し​た​男​に​は,うち​の​家族​と​同じ​苦しみ​を​味わわせ​て​やり​たい​です。

トム: そう​考える​の​も​当然​だ​と​思い​ます。聖書​の​教え​に​よれ​ば,罪​も​ない​人​が​犠牲​に​され​た​時​に​は,神​も​憤り​を​覚え,『そんな​こと​を​し​た​邪悪​な​人​を​罰する』と​約束​し​て​おら​れ​ます。この​イザヤ 3​章​11​節​で​は,「邪悪​な​者​は​災い​だ!―災難​だ。自分​の​手​の​し​た​仕打ち​を​自分​の​身​に​受ける​から​だ!」と​述べ​られ​て​い​ます。ですから,神​は​必ず,邪悪​な​人​を​処罰​さ​れる​の​です。

ケン: でも,もし​あなた​の​言わ​れる​よう​に​地獄​が​ない​と​し​たら,どう​やっ​て​処罰​する​の​です​か。

 トム: それ​は​良い​質問​です​ね。答え​は,簡単​に​言え​ば,神​は​邪悪​な​人​を​とこしえ​の​滅び​に​よっ​て​処罰​さ​れる,と​いう​こと​です。聖書​の​この​テサロニケ​第​二 1​章​9​節​に​何​と​書か​れ​て​いる​でしょ​う​か。この​聖句​を​読ん​で​いただけ​ませ​ん​か。

ケン: いい​です​よ。「実​に​これら​の​者​たち​は,主​の​み前​から,また​その​力​の​栄光​から​離れ​て​永遠​の​滅び​と​いう​司法​上​の​処罰​を​受け​ます」。

トム: どう​でしょ​う,神​は​悪人​を​とこしえ​の​死​に​よっ​て​処罰​さ​れる​の​ですから,『邪悪​な​人​に​は,何​の​希望​も​ない』と​いう​こと​です​よ​ね。邪悪​な​人​に​将来​の​命​の​見込み​は​全く​ない​の​です。

ケン: 確か​に​そう​書い​て​ある​けど,公平​だ​と​は​思え​ない​な​ぁ。どんな​人​も​みな​死に​ます​から​ね。悪人​に​は​もっと​重い​罰​を​与える​べき​です​よ。

公正​で​ある​と​言え​ます​か

トム: あなた​は​公正​を​重んじる​方​な​ん​です​ね。

ケン: ええ。とても​大切​な​こと​だ​と​思っ​て​い​ます。

トム: それ​は​素晴らしい​こと​です​ね。人間​に​善悪​の​観念​が​ある​の​は,実​は,神​が​その​よう​に​お造り​に​なっ​た​から​なん​です。神​も​公正​を​大いに​重んじ​て​おら​れ​ます。ところが,宗教​指導​者​たち​は,神​が​人​を​地獄​に​落とす​と​教える​こと​に​よっ​て,実際​に​は​神​を​非常​に​不​公正​な​方​と​し​て​い​ます。

ケン: ええっ,どう​いう​こと​です​か。

トム: 一つ​の​例​を​考え​て​み​ましょ​う。アダム​と​エバ​に​関する​聖書​の​記述​は​よく​ご存じ​でしょ​う。

ケン: はい,知っ​て​い​ます​よ。神​から,ある​木​の​実​を​食べ​て​は​なら​ない​と​言わ​れ​て​い​た​の​に,従わ​なかっ​た,と​いう​話​です​ね。

トム: そう​です。ご一緒​に​その​記述​を​見​て​み​ましょ​う。創世記 2​章​16,17​節​です。こう​書か​れ​て​い​ます。「また,エホバ​神​は​人​に​命令​を​与え​て​こう​言わ​れ​た。『園​の​すべて​の​木​から,あなた​は​満ち足りる​まで​食べ​て​よ​い。しかし,善悪​の​知識​の​木​に​つい​て​は,あなた​は​それ​から​食べ​て​は​なら​ない。それ​から​食べる​日​に​あなた​は​必ず​死ぬ​から​で​ある』」。神​は,禁じ​られ​た​木​の​実​を​食べ​たら​どう​なる​と​言わ​れ​た​でしょ​う​か。

ケン: 「死ぬ」と​言わ​れ​て​い​ます​ね。

トム: その​とおり​です。アダム​の​罪​の​ゆえに​全​人類​が​罪人​と​し​て​生ま​れる​こと​に​なり​まし​た。 * それなのに,神​は,火​の​燃える​地獄​で​罰する​と​は​一言​も​言わ​れ​ませ​ん​でし​た。

ケン: そう​です​ね。

トム: 罪​を​犯す​と​永久​の​責め苦​に​遭う,と​いう​こと​で​あれ​ば,神​は​アダム​と​エバ​に​そう​警告​し​て​おく​べき​だっ​た​の​で​は​あり​ませ​ん​か。そう​する​の​が​公正​で​愛​の​ある​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。

ケン: そう​言わ​れれ​ば,そう​です​ね。

トム: それ​に,罪​を​犯し​た​アダム​と​エバ​に​対し​て,神​は​こう​言わ​れ​まし​た。創世記 3​章​19​節​を​読ん​で​いただけ​ませ​ん​か。

ケン: いい​です​よ。「あなた​は​顔​に​汗し​て​パン​を​食べ,ついに​は​地面​に​帰る。あなた​は​そこ​から​取ら​れ​た​から​で​ある。あなた​は​塵​だ​から​塵​に​帰る」。

トム: ありがとう​ござい​ます。アダム​は,死ん​だら​どう​なる​と​言わ​れ​た​でしょ​う​か。

ケン: 『地面​の​塵​に​帰る』と​言わ​れ​た​ん​です​ね。

トム: まさに​その​とおり​です。塵​に​帰る​と​いう​こと​は,元​は​塵​だっ​た​と​いう​こと​です​よ​ね。

ケン: もちろん,そう​です​ね。

トム: では,アダム​は​神​に​よっ​て​創造​さ​れる​前​に​どこ​か​に​存在​し​て​い​た​でしょ​う​か。

ケン: いいえ,存在​し​て​い​ませ​ん​でし​た。

トム: そう​です。それ​に,神​は​この​裁き​の​言葉​の​中​で,火​の​燃える​地獄​に​つい​て​何​も​述べ​て​おら​れ​ませ​ん。もし​アダム​が​本当​は​火​の​燃える​地獄​に​行こ​う​と​し​て​い​た​の​で​あれ​ば,神​が​アダム​に,造ら​れる​元​に​なっ​た​地面​に​帰る​と​告げ​た​の​は​公正​な​こと​だっ​た​でしょ​う​か。

ケン: いや,公正​と​は​言え​ませ​ん​ね。

 悪魔​が​神​の​ご意志​を​行なう​の​でしょ​う​か

トム: 地獄​の​教え​に​関し​て​ほか​に​も​考え​て​みる​と​よい​事柄​が​あり​ます。

ケン: どんな​こと​です​か。

トム: 地獄​を“取り仕切っ​て”いて,そこ​に​落とさ​れ​た​人々​を​罰する​の​は,一般​に​は​だれ​だ​と​言わ​れ​て​いる​でしょ​う​か。

ケン: それ​は,悪魔​です。

トム: しかし,悪魔​は​神​の​最大​の​敵​です。もし​神​が​人々​を,火​の​燃える​地獄​に​落とし,悪魔​に​よっ​て​責めさいなむ​の​で​あれ​ば,神​と​悪魔​と​の​間​に​協力​関係​が​ある​こと​に​なら​ない​でしょ​う​か。

ケン: うーん,そう​考え​た​こと​は​なかっ​た​な​ぁ。

トム: 例え​で​考え​て​み​ましょ​う。確か,お子さん​が​いらっしゃい​まし​た​ね。

ケン: えぇ,息子​が​一​人。15​歳​に​なっ​た​ばかり​です。

トム: 仮に,その​子​が​非常​に​反抗​的​に​なっ​て,あなた​を​悲しま​せる​よう​な​悪い​こと​を​たくさん​行なう​と​し​たら,親​と​し​て​どう​さ​れ​ます​か。

ケン: もちろん,矯正​を​施す​よう​努力​し​ます​よ。

トム: きっと,正しい​道​に​立ち返る​よう​息子​さん​を​助ける​ため​に​繰り返し​努力​さ​れる​こと​でしょ​う​ね。

ケン: ええ。

トム: では,あらゆる​手​を​尽くし​て​も,言う​こと​を​聞か​ない​と​し​たら,やがて​は​何らか​の​罰​を​与え​ざる​を​得​ない,と​思わ​れる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。

ケン: そう​です​ね。

トム: しかし,悪い​人​が​息子​さん​に​影響​を​及ぼし​て,そう​し​た​悪い​こと​を​する​よう​に​唆し​て​い​た,と​いう​こと​を​知っ​た​と​し​たら,どう​さ​れ​ます​か。

ケン: 多分,その​人​に​怒り​を​覚える,と​思い​ます。

トム: では,どう​でしょ​う。邪悪​で​不​道徳​な​人​が​あなた​の​息子​さん​に​影響​を​及ぼし​て​あなた​に​背か​せ​た​と​知り​ながら,その​人​に​息子​を​罰する​よう​頼ん​だり​する​でしょ​う​か。

ケン: もちろん,そんな​ばかげ​た​こと​は​し​ませ​ん​よ。

トム: そう​でしょ​う​ね。では,神​が​悪魔​サタン​に,つまり​邪悪​な​人々​に​影響​を​及ぼし​た​その​首謀​者​に,人々​を​罰する​よう​頼む​と​いう​の​は,ばかげ​た​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。

ケン: 確か​に,そう​です​よ​ね。

トム: それ​に,邪悪​な​人​を​罰する​こと​を​神​が​望ま​れる​と​し​て​も,神​の​大​敵対​者​で​ある​悪魔​が​神​の​望み​どおり​に​悪人​を​責め苦​に​遭わ​せ​たり​する​でしょ​う​か。

ケン: いやー,そういう​ふう​に​は​考え​て​も​み​なかっ​た​な​ぁ。

エホバ​は​すべて​の​悪​を​終わらせ​て​くださる

トム: と​は​いえ,神​は​矯正​不能​な​邪悪​な​者​たち​に​対し​て​必ず​行動​を​起こさ​れ​ます。その​こと​を​はっきり​述べ​て​いる​聖句​を,最後​に​一つ​見​て​いただけ​ます​か。詩編 37​編​9​節​です。この​聖句​も,読ん​で​ください​ます​か。

ケン: いい​です​よ。「悪​を​行なう​者​たち​は​断ち滅ぼさ​れる​が,エホバ​を​待ち望む​者​たち​は,地​を​所有​する​者​と​なる」。

トム: ありがとう​ござい​まし​た。悪​を​行なう​者​たち​は​エホバ​神​に​よっ​て​どう​さ​れる,と​ある​でしょ​う​か。

ケン: 「断ち滅ぼさ​れる」と​書か​れ​て​い​ます​ね。

トム: その​とおり​です。つまり,滅ぼさ​れ​て​永久​に​い​なく​なる​と​いう​こと​です。でも,「エホバ​を​待ち望む​者​たち」すなわち​善良​な​人々​は,この​地上​で​永久​に​生活​を​楽しめる​の​です。そう​聞く​と,幾つ​か​の​疑問​が​浮かぶ​か​も​しれ​ませ​ん​ね。例えば,神​は​人々​が​悪い​こと​を​する​の​を​なぜ​初め​から​阻止​し​ない​の​か​と​か,邪悪​な​人々​を​本当​に​罰する​つもり​なら,なぜ​これ​まで​に​そう​し​なかっ​た​の​か,と​いっ​た​疑問​です。

ケン: なるほど,興味深い​点​です​ね。

トム: こんど​お伺い​し​た​時​に,聖書​から​の​答え​を​お知らせ​し​たい​と​思い​ます。 *

ケン: えぇ,ぜひ​お願い​し​ます。

^ 35節 ローマ 5​章​12​節​を​ご覧​ください。

^ 79節 詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​11​章​を​ご覧​ください。