アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年10月

ヒンズー教徒の家族に神の言葉が力を及ぼした

ヒンズー教徒の家族に神の言葉が力を及ぼした

あの 2005  8  22 日,月曜   朝,身内   たち  集まっ  食事      こと は,忘れ られ ませ ん。わたし は,脳  大きな 腫瘍  でき   て,いつ まで 生き られる  分から ない 状態  あっ   です。夫  クリシュナ  祈り  ささげ  あと,わたし    こう   まし た。

「わたし  これ から 入院  て,危険  手術  受け ます。どんな 結果  なる  分から ない  で,皆さん    準備      ください。万一    ため  葬式  手はず  整え まし た。エホバ  崇拝   いる  は,やめ ない  ください。崇拝    ない  は,どうか 聖書 研究  応じ,クリスチャン  集会  出席   ください。そうすれば,わたし  同じ よう に,来たる べき 新しい   対する 信仰  持て ます。その   来れ ば,神    崇拝  たち  楽園  なっ  地上  完全  健康  うち  永久  生きる こと  できる  です」。

手術  結果  つい  ご説明 する  に,わたし  生い立ち と,まこと    知る よう  なっ  いきさつ  お話し  ましょ う。

ヒンズー 教徒    育つ

  抱か  

わたし  家族 は,南 アフリカ 沿岸  都市 ダーバン  丘陵   ある,鉄材  木材  造ら   大きな   住ん   まし た。下    通っ  いる 主要 道路 から は,家     まで 行く  に,まず 125   階段  上ら なけれ  なり ませ  でし た。その 階段  上り切っ て,両側  低木  茂る   通る  すぐ,鉄製       まし た。門  入る  片方   に,祖母  大切    いる お堂  あり,ヒンズー   神々      たくさん 飾ら    まし た。祖母  言わせれ ば,わたし は,家族  崇拝   いる 神様 たち  おかげ  生ま    で,“お堂  子”(ヒンディー  で,マンダル  キー  バチャ)だ,と いう こと でし た。その お堂  向かい    磨か   赤い 階段  あっ て,玄関  通じ   まし た。家  大きく,長い 廊下  あり,石炭 ストーブ  備え  広い 台所 と,寝室  七つ,そして 離れ   寝室  一つ あり まし た。その よう  住居 に,わたし  祖父母,父,そして    3     妹,および それぞれ  家族  含め,27   住ん   まし た。

わたしたち 家族  住ん    

その よう   家族  必要  賄う   容易  こと   あり ませ  でし  が,同居   いつも   一緒     で,いろいろ  楽しい 思い出  でき まし た。母  ガルギー  デビ  はじめ  たち 4  が,家事  分担 し,当番   料理  掃除     まし た。祖父  一家   で,家族 全員  ため  食料  調達  まし た。毎週 水曜  に,祖母     市場  出かけ  1 週間     果物  野菜  買い求め   です。わたしたち  よく,谷  見下ろす 土手  生え      木陰  座っ て,祖父母  市場 から 戻っ  来る   待ち,二   大きな かご  抱え  バス から 降りる     すると すぐ,125   階段  駆け下り て,食物   まで 運ぶ   手伝っ  もの です。

125   階段   

  は,丈  高い ヤシ    1  あり,その   ムクドリ  仲間  カバイロハッカ  いう     作っ   て,飛ん  行っ たり  たり する   見え,鳴き声  聞こえ まし た。祖母  よく 玄関  階段  腰掛け て,わたしたち 子ども に,その     通訳 する   よう  物語  話し  くれ まし た。その    生活  関し  は, 懐かしい 思い出  とても たくさん あり ます。皆  笑っ たり,泣い たり,遊ん だり,ほほえみ  交わし たり,分け合っ たり  まし た。大 家族     共同 生活  楽しい もの でし た。そして,一番 重要  こと です が,そう   環境   わたしたち は,創造  エホバ  その  イエス  キリスト  つい  学び 始め   です。

エホバ  つい  学ぶ 前,わたしたち  ヒンズー 教徒   て,日々 いろいろ  儀式  行ない,折々  大きな 祝い事     客人 たち  招い  様々  男神  女神  あがめ   まし た。それら  行事  は,祖母  恍惚 状態  なっ て,霊 たち  交信 し,それら    なだめる ため,夜中  12  きっかり  動物  いけにえ  ささげる,と いう こと  あり まし た。祖父 も,その 地域   公立 学校  ヒンズー  寺院  建設 および 運営  ため  慈善  寄付  する こと  よく 知ら    まし た。

エホバ  つい   真理  知っ  いきさつ

1972   祖父  病気  なっ  亡くなり まし た。その  か月 後,叔母     ある インダルバティ(通称 ジェーン)が,エホバ  証人   から「ものみの塔」誌 と「目ざめよ!」誌  受け取り まし た。その 時,話  聞く ため  その      招き入れ なかっ   で,叔母  申し訳なく 思っ   まし た。わたしたち  いつも 証人 たち  追い返し     です。しかし,次  証人 たち  訪ね    時,叔母  彼ら  招き入れ,叔父  アルコール  乱用  はじめ  する 結婚 生活   問題  打ち明け まし た。親戚  近所   たち から は,離婚  考える よう 勧め られ    から です。証人 たち は,結婚 生活  関する   見方  説明  まし た。(マタイ 19:6)叔母 は,聖書  アドバイス と,やがて この 地球   実現 する より 良い 生活  関する 聖書  約束  感銘  受け まし た。 * それで,夫  もと  とどまる こと  し,証人 たち  定期   聖書 研究  する よう  なり まし た。居間  研究   いる 間,他  叔母    わたし    それぞれ  部屋 から その 話し合い    傾け まし た。

やがて,嫁 たち 全員  聖書 研究  加わる よう  なり まし た。ジェーン 叔母さん は,学ん  事柄     たち  話し,わたしたち  も「偉大  教え手  聞き従う」と いう   * 物語  よく 読ん  説明   くれ まし た。叔父 たち は,叔母 たち  聖書 研究    いる  知る と,反対  始め,叔父    は,聖書 1   含め わたしたち  出版   全部 焼い  しまい まし た。叔父 たち は,集会  出席 する わたしたち に,口汚い 言葉  述べ たり 暴力  振るっ たり  まし  が,わたし   だけ は,その よう  こと   ず,わたしたち  エホバ  つい  学ぶ こと  反対  ませ  でし た。嫁 たち  4    集会  出席  続け,エホバ      深め  ゆき まし た。

1974   ジェーン 叔母さん  バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり,わたし      叔母 たち  その    なく バプテスマ  受け まし た。やがて 祖母 は,それ まで     ヒンズー   儀式   なく なり まし た。わたし  長年,叔母 たち  一緒  クリスチャン  集会 すべて  出席    まし  が,その 後,エホバ  証人   規模  大会   に,シャミーラ  ラムパルサド  いう   証人 から,「あなた  いつ バプテスマ  受ける つもり です か」と 尋ね られ まし た。それで,「わたし  受け られ ない  です。だれ から  聖書 研究  司会    もらっ  こと  ない から」と 答える と,シャミーラ は,「では,わたし  司会   あげ ましょ う」と 言っ  くれ まし た。わたし は,その   大会  時,1977  12  16   バプテスマ  受け まし た。こう   最終   は,同居     わたし  家族 27   うち 18   バプテスマ  受け まし た。しかし,わたし  手術  受け  時,父  ソニー  デバ  まだ ヒンズー 教徒 でし た。

「何事  思い煩っ   なり ませ ん」

わたし は,大きな  腫瘍  でき  いる  診断    から  特に,フィリピ 4  6,7   言葉  とても 力づけ られ まし た。そこ  は,こう 記さ    ます。「何事  思い煩っ   なり ませ ん。ただ,事 ごと  祈り  祈願  し,感謝  ささげ つつ あなた方  請願    知っ  いただく よう   なさい。そうすれば,一切  考え  勝る   平和 が,あなた方    知力 を,キリスト  イエス  よっ  守っ  くださる  です」。とりわけ,いつ 死ぬ  分から ない,と 告げ られ  場合,『何事  思い煩わ ない』の  難しい こと です。わたし  最初  うち  泣く ばかり でし  が,エホバ  祈っ  から は,「一切  考え  勝る   平和」を 経験  まし た。

エホバ   わたし  右手  握っ て,ずっ  導い  くださっ  いる   実感  まし た。(イザヤ 41:13)エホバ は,わたし が『血  避け なさい』と いう 聖書  命令  従う 決意  医療 関係   大胆  説明 できる よう,助け  ください まし た。(使徒 15:28,29)その 結果,外科   麻酔  は,無 輸血  手術  する こと  同意   くれ まし た。その 後,外科  は,手術  成功 し,腫瘍  全部 取り除か   こと  説明 し,「あんな  大きな  外科 手術   て,こんな  早く 回復   患者    こと  ない」と  言い まし た。

わたし は,3      自宅  ベッド    聖書 研究  司会 し,7    終わり  は,車  また 運転  始め,伝道 活動  出かけ たり,再び エホバ  証人  集会  出席  たり する よう  なり まし た。わたし は,兄弟 姉妹  福音 宣明    参加 する わたし  付き添っ  くださっ  こと  感謝    ます。わたし  決して 一人きり  なら ない よう,また 無事  帰宅 できる よう    くださっ   です。録音    聖書 朗読  聴い たり 生活  霊的    注意  集中  たり   こと も,急速  回復  役立っ た,と 思い ます。

また,手術  終わっ  あと,父  証人 たち   聖書 研究  同意   くれ   も,うれしい こと でし た。父  73   バプテスマ  受け,現在,エホバ  熱心  仕え   ます。今   親戚 縁者  40  以上 が,エホバ  崇拝 する こと  一つ  結ば    ます。わたし は,左側  視野  狭く なっ   て,頭蓋骨   金属   継ぎ目  あり ます が,エホバ が,来たる べき 地上  パラダイス で「すべて  もの  新しく」し  くださる   心待ち     ます。―啓示 21:3‐5

夫(左),娘,わたし  両親   

  わたし  は,愛情 深い   可愛い  クレリスタ   ます。夫  クリスチャン  監督    奉仕   おり,娘  わたし   時間  福音 宣明     奉仕  続ける うえ   支え  なっ  くれ   ます。エホバ   わたし  宣教 奉仕  豊か  祝福   ください まし た。わたし  これ まで に,聖書 研究  司会 する こと  より,多く   たち  それぞれ  生活      言葉    経験 する よう,助け   まし た。それら    うち   献身   バプテスマ  受け     は,今や 30   超え ます。

わたし  希望  あふれ つつ,エホバ   わたしたち  苦痛  満ち  この 事物  体制 から 救い出し  地上  楽園  導き入れ  くださる  を,楽しみ  待っ   ます。

^ 12節 地球  関する   目的  つい  詳しく は,エホバ  証人  発行  「聖書  実際    教え   ます か」と いう    3   ご覧 ください。

^ 13節 発行: エホバ  証人。現在  絶版。