あの​2005​年​8​月​22​日,月曜​日​の​朝,身内​の​者​たち​が​集まっ​て​食事​を​し​た​時​の​こと​は,忘れ​られ​ませ​ん。わたし​は,脳​に​大きな​腫瘍​が​でき​て​い​て,いつ​まで​生き​られる​か​分から​ない​状態​に​あっ​た​の​です。夫​の​クリシュナ​が​祈り​を​ささげ​た​あと,わたし​は​皆​に​こう​話​し​まし​た。

「わたし​は​これ​から​入院​し​て,危険​な​手術​を​受け​ます。どんな​結果​に​なる​か​分から​ない​の​で,皆さん​も​心​の​準備​を​し​て​い​て​ください。万一​の​時​の​ため​に​葬式​の​手はず​も​整え​まし​た。エホバ​を​崇拝​し​て​いる​人​は,やめ​ない​で​ください。崇拝​し​て​い​ない​人​は,どうか​聖書​研究​に​応じ,クリスチャン​の​集会​に​出席​し​て​ください。そうすれば,わたし​と​同じ​よう​に,来たる​べき​新しい​世​に​対する​信仰​を​持て​ます。その​時​が​来れ​ば,神​の​真​の​崇拝​者​たち​は​楽園​と​なっ​た​地上​で​完全​な​健康​の​うち​に​永久​に​生きる​こと​が​できる​の​です」。

手術​の​結果​に​つい​て​ご説明​する​前​に,わたし​の​生い立ち​と,まこと​の​神​を​知る​よう​に​なっ​た​いきさつ​を​お話し​し​ましょ​う。

ヒンズー​教徒​と​し​て​育つ

母​に​抱か​れ​て

わたし​の​家族​は,南​アフリカ​沿岸​の​都市​ダーバン​の​丘陵​地​に​ある,鉄材​と​木材​で​造ら​れ​た​大きな​家​に​住ん​で​い​まし​た。下​の​谷​を​通っ​て​いる​主要​道路​から​は,家​の​門​の​所​まで​行く​の​に,まず​125​段​の​階段​を​上ら​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。その​階段​を​上り切っ​て,両側​に​低木​の​茂る​道​を​通る​と​すぐ,鉄製​の​門​の​所​に​出​まし​た。門​を​入る​と​片方​の​側​に,祖母​の​大切​に​し​て​いる​お堂​が​あり,ヒンズー​教​の​神々​の​絵​や​像​が​たくさん​飾ら​れ​て​い​まし​た。祖母​に​言わせれ​ば,わたし​は,家族​の​崇拝​し​て​いる​神様​たち​の​おかげ​で​生ま​れ​た​の​で,“お堂​の​子”(ヒンディー​語​で,マンダル​・​キー​・​バチャ)だ,と​いう​こと​でし​た。その​お堂​の​向かい​側​に​は​磨か​れ​た​赤い​階段​が​あっ​て,玄関​に​通じ​て​い​まし​た。家​は​大きく,長い​廊下​が​あり,石炭​ストーブ​を​備え​た​広い​台所​と,寝室​が​七つ,そして​離れ​に​も​寝室​が​一つ​あり​まし​た。その​よう​な​住居​に,わたし​の​祖父母,父,そして​父​の​弟​3​人​と​末​の​妹,および​それぞれ​の​家族​を​含め,27​人​が​住ん​で​い​まし​た。

わたしたち​家族​の​住ん​で​い​た​家

その​よう​な​大​家族​の​必要​を​賄う​の​は​容易​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,同居​し​て​いつも​皆​で​一緒​に​い​た​の​で,いろいろ​な​楽しい​思い出​も​でき​まし​た。母​の​ガルギー​・​デビ​を​はじめ​嫁​たち​4​人​が,家事​を​分担​し,当番​制​で​料理​や​掃除​を​し​て​い​まし​た。祖父​が​一家​の​頭​で,家族​全員​の​ため​の​食料​を​調達​し​まし​た。毎週​水曜​日​に,祖母​と​二​人​で​市場​に​出かけ​て​1​週間​分​の​肉​や​果物​や​野菜​を​買い求め​た​の​です。わたしたち​は​よく,谷​を​見下ろす​土手​に​生え​て​い​た​松​の​木陰​に​座っ​て,祖父母​が​市場​から​戻っ​て​来る​の​を​待ち,二​人​が​大きな​かご​を​抱え​て​バス​から​降りる​の​を​目​に​すると​すぐ,125​段​の​階段​を​駆け下り​て,食物​を​家​まで​運ぶ​の​を​手伝っ​た​もの​です。

125​段​の​階段​の​下​で

庭​に​は,丈​の​高い​ヤシ​の​木​が​1​本​あり,その​木​に​ムクドリ​の​仲間​で​カバイロハッカ​と​いう​鳥​が​巣​を​作っ​て​い​て,飛ん​で​行っ​たり​来​たり​する​の​が​見え,鳴き声​も​聞こえ​まし​た。祖母​は​よく​玄関​の​階段​に​腰掛け​て,わたしたち​子ども​に,その​鳥​の​声​を​通訳​する​か​の​よう​に​物語​を​話し​て​くれ​まし​た。その​家​で​の​生活​に​関し​て​は, 懐かしい​思い出​が​とても​たくさん​あり​ます。皆​で​笑っ​たり,泣い​たり,遊ん​だり,ほほえみ​を​交わし​たり,分け合っ​たり​し​まし​た。大​家族​と​し​て​の​共同​生活​は​楽しい​もの​でし​た。そして,一番​重要​な​こと​です​が,そう​し​た​環境​下​で​わたしたち​は,創造​者​エホバ​と​その​子​イエス​・​キリスト​に​つい​て​学び​始め​た​の​です。

エホバ​に​つい​て​学ぶ​前,わたしたち​は​ヒンズー​教徒​と​し​て,日々​いろいろ​な​儀式​を​行ない,折々​の​大きな​祝い事​の​際​に​は​客人​たち​を​招い​て​様々​な​男神​や​女神​を​あがめ​て​い​まし​た。それら​の​行事​で​は,祖母​が​恍惚​状態​に​なっ​て,霊​たち​と​交信​し,それら​の​霊​を​なだめる​ため,夜中​の​12​時​きっかり​に​動物​の​いけにえ​を​ささげる,と​いう​こと​も​あり​まし​た。祖父​も,その​地域​で​は​公立​学校​や​ヒンズー​教​寺院​の​建設​および​運営​の​ため​に​慈善​の​寄付​を​する​こと​で​よく​知ら​れ​て​い​まし​た。

エホバ​に​つい​て​の​真理​を​知っ​た​いきさつ

1972​年​に​祖父​が​病気​に​なっ​て​亡くなり​まし​た。その​数​か月​後,叔母​の​一​人​で​ある​インダルバティ(通称​ジェーン)が,エホバ​の​証人​二​人​から「ものみの塔」誌​と「目ざめよ!」誌​を​受け取り​まし​た。その​時,話​を​聞く​ため​に​その​二​人​を​家​に​招き入れ​なかっ​た​の​で,叔母​は​申し訳なく​思っ​て​い​まし​た。わたしたち​は​いつも​証人​たち​を​追い返し​て​い​た​の​です。しかし,次​に​証人​たち​が​訪ね​て​来​た​時,叔母​は​彼ら​を​招き入れ,叔父​の​アルコール​の​乱用​を​はじめ​と​する​結婚​生活​上​の​問題​を​打ち明け​まし​た。親戚​や​近所​の​人​たち​から​は,離婚​を​考える​よう​勧め​られ​て​い​た​から​です。証人​たち​は,結婚​生活​に​関する​神​の​見方​を​説明​し​まし​た。(マタイ 19:6)叔母​は,聖書​の​アドバイス​と,やがて​この​地球​上​で​実現​する​より​良い​生活​に​関する​聖書​の​約束​に​感銘​を​受け​まし​た。 * それで,夫​の​もと​に​とどまる​こと​に​し,証人​たち​と​定期​的​に​聖書​研究​を​する​よう​に​なり​まし​た。居間​で​研究​し​て​いる​間,他​の​叔母​二​人​と​わたし​の​母​も​それぞれ​の​部屋​から​その​話し合い​に​耳​を​傾け​まし​た。

やがて,嫁​たち​全員​が​聖書​研究​に​加わる​よう​に​なり​まし​た。ジェーン​叔母さん​は,学ん​だ​事柄​を​他​の​人​たち​に​話し,わたしたち​に​も「偉大​な​教え手​に​聞き従う」と​いう​本​ *の​物語​を​よく​読ん​で​説明​し​て​くれ​まし​た。叔父​たち​は,叔母​たち​が​聖書​研究​を​し​て​いる​と​知る​と,反対​し​始め,叔父​の​一​人​は,聖書​1​冊​を​含め​わたしたち​の​出版​物​を​全部​焼い​て​しまい​まし​た。叔父​たち​は,集会​に​出席​する​わたしたち​に,口汚い​言葉​を​述べ​たり​暴力​を​振るっ​たり​し​まし​た​が,わたし​の​父​だけ​は,その​よう​な​こと​を​せ​ず,わたしたち​が​エホバ​に​つい​て​学ぶ​こと​に​反対​し​ませ​ん​でし​た。嫁​たち​は​4​人​と​も​集会​に​出席​し​続け,エホバ​神​へ​の​愛​を​深め​て​ゆき​まし​た。

1974​年​に​ジェーン​叔母さん​が​バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​と​なり,わたし​の​母​と​他​の​叔母​たち​も​その​後​ま​も​なく​バプテスマ​を​受け​まし​た。やがて​祖母​は,それ​まで​し​て​い​た​ヒンズー​教​の​儀式​を​し​なく​なり​まし​た。わたし​は​長年,叔母​たち​と​一緒​に​クリスチャン​の​集会​すべて​に​出席​し​て​い​まし​た​が,その​後,エホバ​の​証人​の​大​規模​な​大会​の​時​に,シャミーラ​・​ラムパルサド​と​いう​名​の​証人​から,「あなた​は​いつ​バプテスマ​を​受ける​つもり​です​か」と​尋ね​られ​まし​た。それで,「わたし​は​受け​られ​ない​ん​です。だれ​から​も​聖書​研究​を​司会​ し​て​もらっ​た​こと​が​ない​から」と​答える​と,シャミーラ​は,「では,わたし​が​司会​し​て​あげ​ましょ​う」と​言っ​て​くれ​まし​た。わたし​は,その​次​の​大会​の​時,1977​年​12​月​16​日​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。こう​し​て​最終​的​に​は,同居​し​て​い​た​わたし​の​家族​27​人​の​うち​18​人​が​バプテスマ​を​受け​まし​た。しかし,わたし​が​手術​を​受け​た​時,父​の​ソニー​・​デバ​は​まだ​ヒンズー​教徒​でし​た。

「何事​も​思い煩っ​て​は​なり​ませ​ん」

わたし​は,大きな​脳​腫瘍​が​でき​て​いる​と​診断​さ​れ​て​から​は​特に,フィリピ 4​章​6,7​節​の​言葉​に​とても​力づけ​られ​まし​た。そこ​に​は,こう​記さ​れ​て​い​ます。「何事​も​思い煩っ​て​は​なり​ませ​ん。ただ,事​ごと​に​祈り​と​祈願​を​し,感謝​を​ささげ​つつ​あなた方​の​請願​を​神​に​知っ​て​いただく​よう​に​し​なさい。そうすれば,一切​の​考え​に​勝る​神​の​平和​が,あなた方​の​心​と​知力​を,キリスト​・​イエス​に​よっ​て​守っ​て​くださる​の​です」。とりわけ,いつ​死ぬ​か​分から​ない,と​告げ​られ​た​場合,『何事​も​思い煩わ​ない』の​は​難しい​こと​です。わたし​も​最初​の​うち​は​泣く​ばかり​でし​た​が,エホバ​に​祈っ​て​から​は,「一切​の​考え​に​勝る​神​の​平和」を​経験​し​まし​た。

エホバ​神​が​わたし​の​右手​を​握っ​て,ずっ​と​導い​て​くださっ​て​いる​の​を​実感​し​まし​た。(イザヤ 41:13)エホバ​は,わたし​が『血​を​避け​なさい』と​いう​聖書​の​命令​に​従う​決意​を​医療​関係​者​に​大胆​に​説明​できる​よう,助け​て​ください​まし​た。(使徒 15:28,29)その​結果,外科​医​と​麻酔​医​は,無​輸血​で​手術​を​する​こと​に​同意​し​て​くれ​まし​た。その​後,外科​医​は,手術​が​成功​し,腫瘍​が​全部​取り除か​れ​た​こと​を​説明​し,「あんな​に​大きな​脳​外科​手術​を​し​て,こんな​に​早く​回復​し​た​患者​は​見​た​こと​が​ない」と​も​言い​まし​た。

わたし​は,3​週​間​後​に​は​自宅​の​ベッド​の​上​で​聖書​研究​を​司会​し,7​週​目​の​終わり​に​は,車​を​また​運転​し​始め,伝道​活動​に​出かけ​たり,再び​エホバ​の​証人​の​集会​に​出席​し​たり​する​よう​に​なり​まし​た。わたし​は,兄弟​姉妹​が​福音​宣明​の​業​に​参加​する​わたし​に​付き添っ​て​くださっ​た​こと​に​感謝​し​て​い​ます。わたし​が​決して​一人きり​に​なら​ない​よう,また​無事​に​帰宅​できる​よう​に​し​て​くださっ​た​の​です。録音​さ​れ​た​聖書​朗読​を​聴い​たり​生活​の​霊的​な​面​に​注意​を​集中​し​たり​し​た​こと​も,急速​な​回復​に​役立っ​た,と​思い​ます。

また,手術​が​終わっ​た​あと,父​が​証人​たち​と​の​聖書​研究​に​同意​し​て​くれ​た​の​も,うれしい​こと​でし​た。父​は​73​歳​で​バプテスマ​を​受け,現在,エホバ​に​熱心​に​仕え​て​い​ます。今​で​は​親戚​縁者​の​40​人​以上​が,エホバ​を​崇拝​する​こと​で​一つ​に​結ば​れ​て​い​ます。わたし​は,左側​の​視野​が​狭く​なっ​て​い​て,頭蓋骨​に​は​金属​製​の​継ぎ目​も​あり​ます​が,エホバ​が,来たる​べき​地上​の​パラダイス​で「すべて​の​もの​を​新しく」し​て​くださる​時​を​心待ち​に​し​て​い​ます。―啓示 21:3‐5

夫(左),娘,わたし​の​両親​と​共​に

今​の​わたし​に​は,愛情​深い​夫​と​可愛い​娘​クレリスタ​が​い​ます。夫​は​クリスチャン​の​監督​と​し​て​奉仕​し​て​おり,娘​は​わたし​が​全​時間​の​福音​宣明​者​と​し​て​奉仕​し​続ける​うえ​で​の​支え​と​なっ​て​くれ​て​い​ます。エホバ​神​は​わたし​の​宣教​奉仕​を​豊か​に​祝福​し​て​ください​まし​た。わたし​は​これ​まで​に,聖書​研究​を​司会​する​こと​に​より,多く​の​人​たち​が​それぞれ​の​生活​の​中​で​神​の​言葉​の​力​を​経験​する​よう,助け​て​き​まし​た。それら​の​人​の​うち​神​に​献身​し​て​バプテスマ​を​受け​た​人​の​数​は,今や​30​人​を​超え​ます。

わたし​は​希望​に​あふれ​つつ,エホバ​神​が​わたしたち​を​苦痛​に​満ち​た​この​事物​の​体制​から​救い出し​て​地上​の​楽園​に​導き入れ​て​くださる​時​を,楽しみ​に​待っ​て​い​ます。

^ 12節 地球​に​関する​神​の​目的​に​つい​て​詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​3​章​を​ご覧​ください。

^ 13節 発行: エホバ​の​証人。現在​は​絶版。