内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年10月

 その 信仰  倣う

「優れた婦人」

「優れた婦人」

ルツ は,その   集め  積み上げ  大麦    そば  ひざまずい   ます。ベツレヘム 周辺    夕暮れ  で,働き人  多く はも う,近く      ある 小さな 都市     向かっ   ます。ルツ は,朝 から ずっ  働きづめ だっ   で,疲れ切っ  いる  違いあり ませ ん。それでも  だ,細い   大麦    打っ  脱穀    ます。何はともあれ,良い 一日 でし た。これ ほど  収穫  ある   思っ   なかっ   ですから。

この 若い やもめ  とっ て,事態  ようやく 好転  よう       でしょ  か。ルツ は,しゅうとめ  ナオミ    行く こと  し,『ナオミ  堅く 付き,その  エホバ  自分    する』と 誓っ   まし た。それで,自分  同じく   先立た   ナオミ  付き添っ て,モアブ から ベツレヘム  やっ     です。モアブ   あっ  ルツ  すぐ,エホバ  律法 に,貧しい イスラエル   異国   ため  実際   情け深い 規定  ある こと  知り まし た。 * そして 今度 は,エホバ     に,律法    暮らし,それ  よっ  訓練    いる ゆえ に,霊的  事柄  重んじる 態度  親切   示す  たち  いる      で,心    癒やさ れる 思い でし た。

その   が,ボアズ  いう 裕福  年配  男性 で,ルツ  落ち穂 拾い      所有  です。ルツ  今日,その  から 父親  よう  気遣い  示さ れ,年老い  ナオミ  世話    いる こと や,まこと   エホバ      避け所  求め  やっ    こと  褒め られ まし た。その 親切  言葉  思い返す と,つい ほほえん  しまい ます。―ルツ 2:11‐13

それでも ルツ は,今後  生活  こと  不安  思っ    しれ ませ ん。『夫  子ども   ない 貧しい 異国    で,この  ナオミ     どう やっ  暮らし  ゆけ  よい  だろ う。落ち穂 拾い だけ  やっ  ゆける だろ  か。わたし  年老い     だれ  世話    くれる  だろ  か』。そう 考え  悩ん   た,と いう こと  あり得 ます。今日  経済   時代  おい  も,同様  思い煩い  闘っ  いる   少なく あり ませ ん。わたしたち は,ルツ  信仰  よっ  その よう  苦難  どう 切り抜け    知る とき,見倣う べき 多く  こと  気づかさ  ます。

 本当  家族  

ルツ は,自活   ナオミ  世話  する ため,一生 懸命  働い 

ルツ は,脱穀   穀粒  集め終え,大麦   1 エファ,つまり 22  ほど ある こと  気づき まし た。重さ  14    なっ  こと でしょ う。ルツ  それ    包ん      載せる など  て,夕闇  迫る   ベツレヘム   帰っ  行き まし た。―ルツ 2:17

ナオミ は,愛する  ルツ  帰宅  喜ぶ  とも に,ルツ  持ち帰っ  大量  大麦 に,驚き    上げ  こと でしょ う。ルツ は,ボアズ  働き人 たち  出し  食事  うち 食べ られ なかっ    取っ  おい   で,二   それ  分け合っ  質素  食事  取り まし た。ナオミ  こう 言い ます。「あなた  今日 どこ  落ち穂  拾っ   です か。どこ  働い   です か。あなた  こと    かけ  くださっ    祝福  あり ます よう に」。(ルツ 2:19)ナオミ  よく   つく  でし た。ルツ  食糧  どっさり 持ち帰っ     て,だれ   この 若い やもめ  気遣い,親切  扱っ  くれ  こと  悟っ   です。

会話  弾み,ルツ  ナオミ に,ボアズ  親切    くれ  こと  話し まし た。ナオミ  感激 し,「その   エホバ から 祝福  あり ます よう に。神  生き  いる    死ん     ご自分   ある 親切  お捨て  なら なかっ   です」と 言い ます。(ルツ 2:19,20)ナオミ は,ボアズ  示し  親切  エホバ から  もの  みなし まし た。エホバ  ご自分    寛大  ならせる 方,また 親切  示し    報い  約束  さる   から です。 *箴言 19:17

ナオミ  ルツ に,『ボアズ  言う とおり  し,いつも ボアズ   で,その   若い  たち  そば  付い  落ち穂  拾い,刈り入れ  たち から 嫌がらせ  され ない よう   なさい』と 勧め ます。ルツ  その アドバイス  従い つつ,「ずっ  しゅうとめ  一緒  住ん で」い まし た。(ルツ 2:22,23)こう   記述  も,ルツ  際立っ  特質 ― 忠節  愛 ― が 表われ   ます。その 模範 から,『自分  家族    尊び,愛する 家族  忠節  支え,必要  応じ  助け    差し伸べ  いる だろ  か』と 考え させ られる でしょ う。エホバ  その よう  忠節    見過ごし たり  され ませ ん。

ルツ  ナオミ は,助け合い,励まし合っ 

ナオミ  ルツ  場合,二  だけ   家族   言え ない でしょ  か。世界  は,夫,妻,息子,娘,祖父母 など,それぞれ  役割  果たす   そろっ   なけれ ば,“本当 の”家族   みなさ ない 文化   あり ます。しかし,ナオミ  ルツ    見る とおり,エホバ   たち は,それぞれ  役割  果たす   そろっ   なく  も,互い    開く こと  より,温かく 親切    あふれる 家庭  作る こと  でき ます。あなた  自分  家族  有り難み  認識    ます か。イエス  弟子 たち に,身寄り  ない  たち  とっ   クリスチャン 会衆  家族  なる こと  思い起こさ  まし た。―マルコ 10:29,30

「わたしたち  買い戻す   ひとり   です」

ルツ は,大麦  収穫  れる 4  ごろ から,小麦  収穫  れる 6  ごろ まで,ボアズ    落ち穂 拾い  続け まし た。何    たつ うち に,ナオミ は,愛する   ため      やれる か,さらに 考え   違いあり ませ ん。かつて モアブ      は,ルツ  再婚 相手  見つけ  やる こと など でき ない,と 思っ   まし た。(ルツ 1:11‐13)しかし   は,その 考え  変わり まし た。それ  ルツ に,「わたし   よ,わたし  あなた  ため  休み場  探す べき   ない でしょ  か」と 話しかけ ます。(ルツ 3:1)当時    子ども  配偶   見つけ  やる   普通  あり,ナオミ  とっ  ルツ      同然 でし た。ナオミ  ルツ に「休み場」を 見つけ  やり たい,つまり   家庭  持たせ 安心   保護   られる よう    やり たい,と 思っ     です。それにしても,どう  よう  いう  でしょ  か。

ルツ  ボアズ  こと  初めて    時,ナオミ は,「それ  わたしたち  縁続き   です。わたしたち  買い戻す   ひとり   です」と 言い まし た。(ルツ 2:20)どう いう 意味 でしょ  か。神  イスラエル  お与え   なっ  律法  は,貧困  死別 ゆえに 苦境  陥っ  家族  ため   ある 規定  含ま    まし た。女性  子ども  産ま ない うち  やもめ  なる  は,とりわけ 悲痛  こと でし た。夫   つまり 家系  絶た   しまう から です。しかし,神  律法   は,夫  兄弟  その やもめ  結婚   子ども  もうけ,その   やもめ  亡き     担い,家族  財産  受け継ぐ こと  でき まし た。 *申命記 25:5‐7

ナオミ は,これ から  べき こと  話し  聞か  ます。若い ルツ は,それ  聞い て,目  丸く   こと でしょ う。イスラエル  律法  まだ よく 分から なかっ  から です。その 慣習  多く  全く なじみ  ない もの だっ   違いあり ませ ん。それでも ルツ は,ナオミ  とても 尊敬      で,一言  聞き漏らす まい  一心    傾け まし た。ナオミ  言う とおり  する  は,きまり  悪い,気恥ずかしい こと で,屈辱   結果   なり かね ない,と 思え    しれ ませ ん。しかし ルツ は,そう する こと  同意 し,温和  態度 で,「すべて  こと を,おっしゃる とおり  致し ます」と 言い まし た。―ルツ 3:5

若い  は,年長  経験 豊か    アドバイス  聞き従う   難しく 感じる こと  あり,『年長     若者  直面   いる 難しい 問題  あまり 理解   もらえ ない』と 決めつけ がち です。しかし,ルツ  謙遜   模範 から,『愛  動機  最善  願っ  くれ  いる 年長    知恵  聞き従う なら 大きな 報い   られる』と いう こと  分かり ます。ところで,ナオミ  どんな アドバイス  与え   でしょ  か。そして ルツ は,その とおり  する こと  より 本当  報わ   でしょ  か。

脱穀  にて

その   夕刻,ルツ  脱穀   出かけ  行き まし  た。そこ    踏み固め  平ら  場所 で,農夫 たち  穀物  持っ    脱穀  あおり分け  する  です。大抵 は,午後 遅く  夕方 早く    強く なる,丘  斜面    あり ます。働き人 たち は,もみがら   から 穀粒  分ける ため に,大きな フォーク  シャベル  使っ て,その 混ざっ  もの  放り 上げ,軽い もみがら    吹き飛ばさ れ,重い 穀粒  地面  落ちる よう  する  です。

ルツ は,その 仕事  夕方 まで それ  なく 見守り ます。ボアズ  指図 で,穀物  あおり分け られ,穀粒  うずたかく たまっ  ゆき ます。作業  終わる と,ボアズ  食事    満腹  なり,穀粒    そば  ごろり    なり まし た。当時    よく そう   よう です。貴重  収穫   盗人  略奪  から 守る ため だっ   でしょ う。ボアズ  眠り  就い  よう です。いよいよ ナオミ  アドバイス  実行  移す    まし た。

ルツ は,どきどき  ながら,忍び寄り ます。ボアズ  ぐっすり 眠っ  いる   分かり ます。それで,ナオミ から 言わ   とおり,その 足もと まで 行き,足もと  覆い  まく って,そこ    なり まし た。じっ    まま,時  過ぎ  ゆき ます。ルツ  とっ  は,果てしなく 長く 感じ られ   違いあり ませ ん。真夜中  なっ  ついに,ボアズ  ごそごそ    動かし 始め まし た。寒さ  感じ  身震い し,足  覆い  掛け直そ      でしょ う,身  起こし  ところ,だれ   いる   気づき ます。「見る と,ひとり    自分  足もと  横たわっ  いる」では あり ませ  か。―ルツ 3:8

「あなた  だれ   か」。そう 尋ね られ  ルツ は,恐らく 震え声 で,「あなた  奴隷  ルツ  ござい ます。あなた  すそ  広げ  この 奴隷   覆っ  くださら なけれ  なり ませ ん。あなた  買い戻し  される    です から」と 答え まし た。(ルツ 3:9)現代  注釈  たち    は,ルツ  言動   何らか  性的  含み  あっ た,と いう 主旨  こと  述べる    ます が,それら    二つ  純然 たる 事実  無視    ます。第  に,ルツ は,現代    理解 でき ない,当時  慣習  従っ  行動    た,と いう  です。ですから,その 行動 を,今日  堕落   道徳 規準  いう 歪ん  レンズ  通し  見る なら,誤解   しまう   しれ ませ ん。第  に,ボアズ  返答 から,ボアズ  ルツ  その 行為 を,貞潔  大いに 褒め られる べき もの  みなし  こと  はっきり 分かる,と いう  です。

ルツ  ボアズ  会い  行っ  動機 は,清く  利他   もの だっ 

ボアズ は,ルツ  とっ  慰め  なっ   違いない,優しく 穏やか  口調 で,こう 語りかけ まし た。「娘 よ,あなた  エホバ  祝福  れる よう に。あなた は,自分   ある 親切 を,初め  とき  まさっ  この   とき  いっそう 良く 示し  くれ まし た。立場  低かろ    富ん   よう  も,若い  たち    追お     なかっ  から です」。(ルツ 3:10)「初め  とき」と は,ルツ  忠節    抱き,イスラエル  帰る ナオミ  付き添い,その 世話    こと で,「この   とき」と は,今   いる こと でし た。ボアズ は,ルツ  よう  若い 女性  場合,裕福  男性  あれ 貧しい 男性  あれ,もっと 若い      たい  思う もの だ,と 述べ まし た。しかし ルツ は,ナオミ  ため だけ  なく,ナオミ  亡き   ため     行ない,その     その 故国  残し たい  思っ     です。ボアズ  この 若い 女性  利他   態度    動かさ     当然 です。

ボアズ  さらに こう 語りかけ まし た。「それ  今,わたし   よ,恐れる こと  あり ませ ん。あなた  言う こと は,すべて その とおり   あげ ましょ う。わたし        いる   皆,あなた  優れ  婦人  ある こと  知っ  いる から です」。(ルツ 3:11)ボアズ は,ルツ   結婚  見込み  うれしく 思い まし た。恐らく,買い戻し   なっ  ほしい  頼ま    も,さほど 意外   思わ なかっ  こと でしょ う。しかし ボアズ は,義  かなっ   で,自分  好み だけ  基づい  行動  よう    ませ ん。ルツ に,『ナオミ  亡き   親族   わたし より 近縁  買い戻し     いる』と 告げ,まず その   近づい て,ルツ    なる 機会  差し伸べる こと   ます。

ボアズ  ルツ に,再び   なっ  明け方 まで 休む よう 勧め まし た。そうすれば,だれ   気づか    立ち去れ ます。気づか れる なら,何   道徳  こと  行なわ      ない   誤解  れる おそれ  あり ます。ボアズ は,自分  評判 だけ  なく ルツ  評判  傷つか  ない よう   たい,と 思っ   です。それで,ルツ  再び ボアズ  足もと    なり ます。自分  願い  ボアズ  とても 親切  聞き入れ  くれ   で,ずっ  気持ち    なっ    こと でしょ う。その 後,まだ 暗い うち に,ボアズ  ルツ  外套  相当   大麦  包ん  ルツ  持たせ,ベツレヘム   送り出し まし た。

ルツ は,その     自分 が「優れ  婦人」と   知ら   いる,と いう ボアズ  言葉  思い巡らし て,とても うれしく 思っ  はず です。ルツ  その よう  評判  勝ち得   は,『ぜひ エホバ  知っ  エホバ  お仕え  たい』と 思っ    から  違いあり ませ ん。また,ナオミ  その   対し  親切   気配り  示し,不 慣れ  風習  慣例  進ん  自分  合わせ    から です。わたしたち も,ルツ  信仰  倣っ て,他   たち  深い 敬意  払い,その 風習  慣例  大いに 尊重 する よう 努める なら,優れ    いう 評判  勝ち得る こと  できる   しれ ませ ん。

ルツ  休み場  得る

ナオミ は,戻っ    ルツ   て,「わたし   よ,あなた  だれ   でしょ  か」と 言い ます。その よう  尋ね   は,辺り  薄暗かっ  から   しれ ませ  が,ナオミ は,ルツ  これ まで どおり 独り身  まま か,それ   結婚 する 見込み  持て   か,と いう こと  知り たかっ   でしょ う。それ  ルツ  すぐ に,自分  ボアズ     起き  事柄  一部始終  しゅうとめ  話し,ナオミ  渡す よう   言わ   寛大  大麦  贈り物  差し出し まし た。 *ルツ 3:16,17

ナオミ  思慮深く  ルツ に,その     落ち穂 拾い  行か       静か  座っ  いる よう 勧め, 「その  は,この   今日 済ませ  しまう まで  休み   ない こと でしょ う」と 断言  ます。―ルツ 3:18

ナオミ  ボアズ  つい  言っ  こと は,まさに その とおり でし た。ボアズ は,都市      行き まし た。都市  長老 たち  大抵 いつも そこで 会合 する から です。そして,自分 より 近縁    通りかかる   待ち,証人 たち    その   呼び止め て,買い戻し   なる 機会  ある こと  気づか せ,『その ため   ルツ  結婚 する 必要  ある』と 述べ ます。しかし その  は,『そう する なら 自分  相続   損なう こと  なる』と 言い,辞退  ます。それ  ボアズ は,その       証人 たち  面前 で,『自分  買い戻し   なり,ナオミ  亡き  エリメレク  地所  買い上げ,エリメレク  息子 マフロン    あっ  やもめ  ルツ  結婚 する』と 述べ ます。また,そうすれば「死ん      その 相続     起こす」こと  できる,と 言明  ます。(ルツ 4:1‐10)ボアズ  本当  廉直  利他    でし た。

こう  て,ボアズ  ルツ  結婚  まし た。その 後「エホバ  彼女  身ごもら せ,彼女      産ん だ」と 記さ    ます。ベツレヘム   たち  ナオミ  祝福 し,ルツ を『ナオミ  とっ  7   息子  勝る 者』と 称賛  まし た。わたしたち  知っ  いる とおり,後 に,ルツ  産ん    偉大  ダビデ   先祖  なり まし た。(ルツ 4:11‐22)その ダビデ  イエス  キリスト  先祖  なっ   です。―マタイ 1:1 *

エホバ  ルツ に,メシア  先祖  なる 特権  お与え  なっ 

ルツ  豊か  祝福   まし た。ナオミ  そう です。ルツ  産ん   を,自分  息子  ある   よう  育てる こと  でき  から です。この    女性  関する 物語 は,エホバ  が,だれ  せよ 自分  家族  必要   備える ため  労苦   いる  や,ご自分  選ん      忠節  ご自分  仕える     留め  くださっ  いる,と いう こと  鮮明  思い起こさ せる もの  なっ   ます。ルツ  同じ よう に,エホバ   関係  優れ  人物   いう 評判  勝ち得る 忠実   に,エホバ  必ず 報い  お与え  なる  です。

^ 4節 「ものみの塔」2012  7  1   「その 信仰  倣う ―『あなた  行か れる   わたし  行き ます』」 いう 記事  ご覧 ください。

^ 10節 ナオミ  述べ  いる よう に,エホバ  ご親切 は,生き  いる  だけ  なく 死ん     差し伸べ られ ます。ナオミ       息子  亡くし  おり,ルツ    亡くし   まし た。それら 男性 3  は,ナオミ  ルツ  世話  れる こと  望ん     違いあり ませ ん。ですから,ナオミ  ルツ  対する 親切  みな,実  ところ,それら 亡くなっ  男性 たち  対する 親切   あっ た,と 言え ます。

^ 15節 その よう  やもめ  結婚 する 権利 は,相続   場合  同じ よう に,まずは,亡くなっ    兄弟 たち に,その 後,最も 近い 親族  男子  差し伸べ られ  よう です。―民数記 27:5‐11

^ 28節 ボアズ  ルツ  大麦 6    与え まし  が,その 単位  明示     ませ ん。6  いう  は,六   働い    安息  休み  来る   同じ よう に,ルツ  やもめ    労し  日々    なく 終わり,安定   家庭   から  られる「休み」の   来る,と いう こと  暗に 示す もの だっ     しれ ませ ん。また,6 升 ― 恐らく シャベル  6  分 ― は,ルツ  運べる だけ    すぎ なかっ    考え られ ます。

^ 31節 ルツ は,聖書   イエス  先祖    名前  挙げ られ  いる 女性 5   うち    で,ボアズ  母親 ラハブ  その   です。(マタイ 1:3,5,6,16)ラハブ  ルツ  同じく,イスラエル    あり ませ  でし た。