内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ご存じでしたか

ご存じでしたか

西暦​70​年​に​エルサレム​が​滅びる​前​に,クリスチャン​たち​は​ユダヤ​から​逃げ​た​でしょ​う​か。

「エルサレム​が​野営​を​張っ​た​軍隊​に​囲ま​れる​の​を​見​た​なら,その​時,その​荒廃​が​近づい​た​こと​を​知り​なさい。その​時,ユダヤ​に​いる​者​は​山​に​逃げ​はじめ​なさい。都​の​中​に​いる​者​は​そこ​を​出​なさい」。(ルカ 21:20,21)イエス​は,エルサレム​に​臨む​滅び​に​関し​て,弟子​たち​に​上​の​よう​な​指示​を​与え​まし​た。弟子​たち​が​イエス​の​警告​に​聴き従っ​た,と​いう​証拠​は​ある​でしょ​う​か。

イエス​の​死後,数十​年​たっ​て,ケスティウス​・​ガルス​の​率いる​ローマ​軍​が,反乱​を​鎮圧​する​ため​に​パレスチナ​に​やっ​て​来​まし​た。その​侵攻​の​こと​は,当時​生き​て​い​た​ユダヤ​人​の​歴史​家​ヨセフス​に​よっ​て​確証​さ​れ​て​い​ます。その​軍団​が​エルサレム​を​包囲​し,エルサレム​の​陥落​は​確実​か​と​思わ​れ​た​時​に,ガルス​は​突然,撤退​を​命じ​まし​た。教会​史家​エウセビオス​に​よれ​ば,ユダヤ​に​い​た​クリスチャン​たち​は​その​機会​を​とらえ​て,デカポリス​の​山岳​地​に​ある​都市​ペラ​へ​逃げ​まし​た。

それ​から​数​年​後​の​西暦​70​年,ティツス​将軍​の​率いる​別​の​ローマ​軍​が​戻っ​て​来​て,ユダヤ​人​の​首都​エルサレム​を​攻囲​し​まし​た。この​度​の​兵士​たち​は​ガルス​の​やり残し​た​仕事​を​完遂​し,エルサレム​を​荒廃​さ​せ​まし​た。市内​に​100万​人​余り​の​人々​が​閉じこめ​られ​て​死ん​だ​の​です。

「預言​者​の​子​ら」と​は​だれ​の​こと​でし​た​か。

サムエル,エリヤ,エリシャ​など​の​預言​者​たち​に​関する​聖書​の​記述​に​は,「預言​者​の​子​ら」と​呼ば​れる​人​たち​の​こと​が​出​て​き​ます。例えば,エリシャ​は,エヒウ​を​イスラエル​の​王​と​し​て​任命​する​際,「預言​者​の​子​ら​の​一​人」を​遣わし​て​エヒウ​に​油​を​注が​せ​まし​た。―列王​第​二 9:1‐4

学​者​たち​は,その​表現​が,預言​者​の​文字どおり​の​子孫​で​は​なく,この​職業​に​召さ​れ​た​人​たち​を​教える​一​学派​か,預言​者​の​協同​組合​の​こと​で​ある,と​考え​て​い​ます。「聖書​文献​ジャーナル」(英語)に​よれ​ば,それら​の​集団​の​成員​は,「自分​たち​の​霊的​な​父親​で​も​あっ​た​預言​者​の​もと​で​ヤハウェ[エホバ]に​仕える​こと​に​専念​し​て​い​た」人​たち​で​あっ​た​よう​です。(列王​第​二 2:12)事実,エヒウ​の​油そそぎ​に​関する​記述​で​は,エリシャ​の​遣わし​た​使者​が「預言​者​の​従者」と​呼ば​れ​て​い​ます。―列王​第​二 9:4

「預言​者​の​子​ら」は,簡素​な​生活​を​送っ​て​い​た​よう​です。エリシャ​の​時代​の​その​よう​な​集団​の​一つ​は,自分​たち​の​住まい​を​建て,また​借り​た​斧​を​使っ​た,と​述べ​られ​て​い​ます。(列王​第​二 6:1‐5)それら​の​集団​の​中​に​結婚​し​て​い​た​人​も​い​た​こと​は,「預言​者​の​子​ら​の」やもめ​に​つい​て​述べ​られ​て​いる​こと​から​分かり​ます。(列王​第​二 4:1)忠実​な​イスラエル​人​たち​は,預言​者​の​子​ら​を​高く​評価​し​て​い​た​よう​で,ある​時​など​は​食料​の​差し入れ​を​し​た​と​いう​記録​も​あり​ます。―列王​第​二 4:38,42