内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2012年10月

聖書は人の生き方を変える

聖書は人の生き方を変える

悲惨  生い立ち  男性 が,立派  幸福   また 父親  なり まし た。どの よう    でしょ  か。数々  非行  重ね  女性  清い 生活  送る よう  なり まし た。何    動かさ    でしょ  か。本人 たち  述べる 事柄  お読み ください。

「『自分  だめ  人間 だ』と 思い まし た」― ビクトル  ウーゴ  エレーラ

  • 生ま   年: 1974 

  • 生ま   国: チリ

  • かつて は: アルコール 依存  だっ 

過去  歩み:

わたし は,チリ  美しい 南部 地方  ある 都市 アンゴル  生ま  まし た。父  会っ  こと  一度  あり ませ ん。わたし  3   時,母  わたし    連れ  首都 サンティアゴ  引っ越し,結局 は,3   ホームレス  ため  簡易 宿泊    部屋  暮らす よう  なり まし た。公衆 便所  使い,消火  から   汲む 毎日 でし た。

それ から 2  ほど  に,国 から 小さな   あてがわ  まし た。しかし,その 近所  は,薬物  アルコール  乱用,犯罪,売春 など  横行    まし た。

ある 日,母     男性  知り合い,やがて 結婚  まし た。継父  なっ  その   大酒 飲み で,よく   わたし  殴り まし た。わたし は,守っ  くれる よう  父親  欲しく て,人目  忍ん  泣い  もの です。

  家族  養う ため  懸命  働き まし  が,暮らし  非常  貧しく,お腹  空い  も,食べる   粉ミルク  砂糖 しか ない   あり まし た。また,弟  わたし  楽しみ  求め,隣家   から テレビ  のぞき見    まし  が,ある  その     見つかり,二    られ なく なっ  しまい まし た。

継父 は,たま  しらふ    は,わたし    食べ物  買っ  くれ たり   まし た。ある  など  小型  テレビ  買っ  くれ   で,わたし  幸せ  気持ち  なり まし た。もっとも,ほか  楽しい 思い出  ほとんど あり ませ ん。

わたし  12   なっ て,読み書き  学び まし  が,1     学校  やめ て,全 時間 働き 始め まし た。1   仕事  終わる と,仕事 仲間  大人 たち  一緒  パーティー  出かけ,そこで   飲み,麻薬  やり まし た。そして すぐ に,やめ られ なく なり まし た。

20   時,カティー  いう 女性  知り合い,やがて 結婚  まし た。最初  良かっ   です が,その うち  わたし  以前  生活  戻っ  しまい,素行  悪く なる 一方 でし た。そして,『こんな こと     たら,刑務   入る か,死ん    入る   どちら  だ』と 思う まで  なり まし た。さらに 悪い こと に,自分  子ども  ころ    辛い 思い を,息子  ビクトル   させ   まし た。それで,悲しく  自分  いら立ち,『自分  だめ  人間 だ』と 思い まし た。

2001  ごろ,エホバ  証人   人,我    訪れ, カティー  聖書 研究  始まり まし た。カティー が,学ん  事柄  話し  くれ   で,わたし も,好奇  から 聖書 研究  始め まし た。カティー は,2003   バプテスマ  受け,エホバ  証人  なり まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

ある 日,ルツ 2  12  の,『信仰  抱い  行動 し,エホバ  もと  避け所  求める  に,エホバ  報い  お与え  なる』と いう 言葉  読み まし た。わたし は,自分  変化 すれ ば,神  喜ん  くださり,報い  与え  くださる,と いう こと  気づき まし た。聖書      も,酒  酔う こと    され   ます。コリント  二 7  1   言葉   衝撃  受け まし た。その 聖句 は,「あらゆる 汚れ から 自分  清め(る)」よう 勧め   ます。それで,悪い 習慣  断つ よう   まし た。最初  うち  すぐ  かっと なっ たり   まし  が,カティー  ずっ  支え  くれ まし た。

最後  は,仕事  やめ まし た。その 職場   喫煙  飲酒  させ よう  する 圧力  非常  強かっ  から です。失業      は,わずか  生活   暮らさ なけれ  なり ませ  でし  が,聖書 研究  する 時間  増え   で,本当  意味  霊的  進歩  始める こと  でき まし た。一方 カティー は,物質   わたし  与え 得る 以上  もの  要求 する こと も,質素  生活  理由  わたし  非難 する こと  あり ませ  でし た。カティー   ある 支え   本当  感謝    ます。

証人 たち  親しく 交わる 機会  徐々  増え  おかげ で,『世俗  教育  受け   なく  も,エホバ  お仕え  たい  いう 誠実  願い  あれ ば,エホバ  喜ん  くださる』と いう こと  理解 できる よう  なり まし た。わたしたち 家族 は,クリスチャン 会衆    られる   一致  感銘  受け まし た。ほか   その よう  平和      こと  なかっ   です。こう   わたし も,2004  12   バプテスマ  受け まし た。

どんな   受け  か:

わたし は,イザヤ 48  17  の,「わたし,エホバ は,あなた  神,あなた  自分  益する こと  教える 者……で ある」と いう 言葉 どおり  こと  経験    まし た。母    わたし  変わり よう  感心 し,今   聖書  勉強    ます。近所   たち も,わたし  別人  よう  なり,うち  家族  とても 幸福  なっ     て,喜ん  くれ   ます。

 は,神  愛し,わたし  信頼  置ける 伴侶 また   みなし  くれ   ます。わたし は,父親  知り ませ  が,息子 3   どの よう  育て たら よい   聖書 から 学ん   まし た。子ども たち は,わたし  尊敬   くれ   ます し,最も 大切  事柄   て,エホバ  実在    ある こと  理解 し,エホバ  愛する よう  なり まし た。

「わたし は,父親  知り ませ  が,息子 3   どの よう  育て たら よい   聖書 から 学ん   まし た」

子ども  ころ  決して 幸福   言え なかっ  わたし です が,エホバ から,幸福    なる チャンス  与え られ,本当  感謝    ます。

 「怒り っぽく て,攻撃   性格  なり まし た」― ナビハ  ラザロヴァ

  • 生ま   年: 1974 

  • 生ま   国: ブルガリア

  • かつて は: 麻薬  売買     

過去  歩み:

わたし は,ブルガリア  首都 ソフィア  中流 家庭  生ま  まし た。父 は,わたし  6    に,家族  捨て  去っ  行き まし た。非常  ショッキング  出来事 だっ   で,わたし    とても 大きな 痛手  負い まし た。『わたし  見捨て られ   だ。愛さ れる 価値  ない 存在   だ』と 思い まし た。そう   感情 ゆえ に,成長 する  つれ 反抗  で,怒り っぽく て,攻撃   性格  なり まし た。

初めて 家出    は,14    です。よく   祖父母  お金  盗ん だり   まし た。学校  は,激しい 気性 ゆえに 始終 いざこざ  起こし,その 結果,ほんの     5   転校   られ,卒業 する 3    退学   しまい まし た。とても  道徳  生活  送っ   て,たばこ  マリファナ  やめ られ なく なり まし た。大酒  飲み,しょっちゅう どんちゃん 騒ぎ  し,麻薬  売買  関係 する よう   なり まし た。わたし  は,苦し     ゆく だけ の,希望  ない 世界  生きる 意味 など ない よう  思え まし た。それで,その  その   楽しみ だけ  求め  生き     です。

1998 年,24   時,ブラジル  サンパウロ  空港  逮捕   まし た。違法 薬物  売買  携わっ    から です。その ため,懲役 4     宣告   まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

西暦 2000 年,わたし  入っ    刑務  に,週 1 回,エホバ  証人 たち  訪ね  来る よう  なり まし た。その    ある マリネス  いう 女性  とても 親切    くれ   で,聖書  つい  もっと 知り たい  いう 気持ち  なり まし た。エホバ  証人  つい  聞い  こと  なかっ   で,仲間  受刑  たち に,証人 たち  こと  尋ね  みる と,驚い  こと に,ほとんど    否定   反応  示し まし た。中  は,「どんな 宗教  入っ   いい けど,エホバ  証人 だけ  やめ なさい」と 言う    まし た。それ  聞い て,余計  好奇   湧き,なぜ それ ほど 嫌わ れる    知り たく なり まし た。そして,それ  証人 たち    宗教  実践   いる から だ,と いう こと  分かっ   まし た。聖書  述べ  いる とおり,誠実  イエス  従お   する   みな 迫害  受ける  です。―テモテ  二 3:12

その ころ わたし は,刑務   管理   働く よう 割り当て られ まし た。そして,ある 日,倉庫  古い「ものみの塔」誌 と「目ざめよ!」誌  * 入っ    幾つ  見つけ まし た。それで,それら  雑誌  自分  監房  持ち帰っ  読み 始め,読め  読む ほど,乾い  砂漠  真水    見つけ  よう       まし た。時間  持て余し     で,毎日,何 時間  聖書  勉強  まし た。

ある 日,事務   呼ば  まし た。釈放  れる もの  思っ  わたし は,すぐ  わずか ばかり  持ち物  まとめ て,仲間  受刑  たち  別れ  告げ,事務   走っ  行き まし た。ところが,着い  みる と,偽造 文書 所持      告発      こと  知らさ れ,あと 2     宣告  れる こと  なり まし た。

初め  打ちひしが  まし  が,二,三   する と,こう   成り行き  自分  ため  なる  いう こと  分かっ   まし た。聖書 から 多く  こと  学ん     もの の,心     まだ,釈放   また 以前  生き方  戻り たい  思っ  おり,自分  変える   もっと 時間  必要 だっ   です。

  わたし  崇拝        受け入れ  くださる なんて あり得 ない,と 思える こと  あり まし  が,そんな   は,コリント  一 6  9‐11  など  思い巡らし まし た。その 聖句  よる と,西暦 1 世紀 当時  ある クリスチャン たち も,エホバ  仕える   は,盗む  や,大酒 飲み,ゆすり取る  でし た。それでも,エホバ  助け られ  変化  遂げ   です。そう   実例 は,わたし  とっ  大きな 励み  なり まし た。

わたし  非行    は,簡単  やめる こと  でき  もの  あり ます。例えば 薬物 は,難なく 断つ こと  でき まし た。しかし,たばこ  そう  いき ませ  でし た。1  以上 闘っ て,ようやく 断つ こと  でき まし た。助け  なっ   は,喫煙    健康  及ぼす   つい  いろいろ 調べ  こと です。そして  より も,やめ られる よう 絶え  エホバ  祈っ  こと です。

「そう だ,エホバ  最良  父親,決して わたし  見捨て ない    だ!」

エホバ  身近  感じる よう  なる  つれ,実    捨て られ  以来  疎外  も,徐々  克服 する こと  でき まし た。詩編 27  10  の,「わたし    わたし    わたし  捨て去っ     も,エホバ ご自身  わたし  取り上げ  くださる こと でしょ う」と いう 言葉  深く   動かさ れ,『そう だ,エホバ  最良  父親,決して わたし  見捨て ない    だ!』と 思い まし た。こう  て,わたし  人生  目的  ある もの  なっ   です。わたし は,出所   半年 たっ  2004  4  に,バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり まし た。

どんな   受け  か:

  わたし  幸福 です。有害  習慣 から 解放  れ,若い ころ  比べ  身体    感情    ずっ  健康  なり まし た。そして,幸福  結婚 生活  送っ  おり,天   エホバ     よう  親しい 関係  享受    ます。また,エホバ  崇拝 する 人々   に,多く  父,母,兄弟,姉妹  持つ よう  なり まし た。(マルコ 10:29,30)わたし は,それら    わたし  可能   見いだし  くれ  こと,わたし 自身  その 可能   気づく  から そう   くれ  こと  感謝    ます。

  は,自分  過去  ゆえに 罪悪   さいなま れる こと  あり ます が,慰め  なっ  いる  は,神  約束   おら れる 新しい    過去    出来事 が『思い出さ れる こと  ない』と いう こと です。(イザヤ 65:17)でも   ところ は,自分  経験 が,同じ よう  難しい 問題  直面   いる  たち  思いやり  示す 助け  なっ   ます。その 意味  は,わたし  過去   利点  あり ます。例えば,クリスチャン    宣教 奉仕  携わっ  いる 時,薬物 依存   アルコール 依存      犯罪   も,偏見  抱か   話しかける こと  比較  容易 です。わたし は,『エホバ  喜ば れる ため  変化  遂げる こと  この わたし   でき    あれ ば,だれ    できる』と 確信    ます。

^ 29節 発行: エホバ  証人