アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年9月

 近づく

『諸国民は,わたしエホバあること知らなけれならなくなる』

『諸国民は,わたしエホバあること知らなけれならなくなる』

あなたは,身覚えない犯罪こと訴えられたら,また,その犯罪よっ人々多大苦しみ被ったら,どんな気持ちなるでしょか。きっと汚名晴らしたい思うことでしょう。エホバ同様問題直面おらます。今日,多くが,世界られる公正苦しみを,間違っせいいるからです。それで,エホバ汚名晴らそおらます。エゼキエル述べられいる事柄ましょう。エゼキエル 39:7読んください。

「わたしは……もはやわたしなる汚さない」とエホバ述べおらます。人々は,不公正エホバせいすることより,神汚します。聖書で「名」は,多く場合,評判意味するからです。ある参考よれば,神は「神つい知らいる事柄,つまりご自身つい啓示事柄」を指しおり,「神名声名誉表わして」います。エホバその評判含まます。エホバは,不公正憎んおられること,また公正扱い受けいる人々同情おられること知らます。 * (出エジプト記 22:22‐24)人々は,神憎悪おられる事柄せいすることより,その評判傷つけ,『み名不敬仕方扱っいる』のです。―詩編 74:10

エホバは「わたしなる名」という表現2用いおらます。(7)聖書多く箇所は,エホバが「聖なる」また「神聖さ」という結びつけられます。「聖なる」というは,取り分けられいるいう考え伝え,清く汚れないこと表わします。エホバなるものあるは,その持つなるあり,罪あること清くないことから全く取り分けられいるからです。悪エホバせいするたちの「聖なる名」を最大限そしっいることなるなぜでしょか。

エホバご自分王国よっみ名清めること意図おられる,という聖書主要テーマです。それエゼキエル強調おり,「諸国民わたしエホバあること知らなけれならなくなる」と述べられます。(エゼキエル 36:23; 37:28; 38:23; 39:7)諸国民エホバあることを,知るどう自ら決めるありません。「知らなけれならなくなる」のです。言い換えれば,エホバご意志どおり行動起こされる時,地国民は,神確か主権なるエホバあり,その清く汚れないものすべて象徴ある,ということ認めざるなくなります。

「諸国民わたしエホバあること知らなけれならなくなる」という,何繰り返さいる約束は,不公正苦しみ終わるたい切望いる人々とっ朗報です。エホバなくその約束果たし,み名対するそしり一掃ます。その時,悪それ助長いるたち根絶するともに,み名それ象徴するもの認め尊ぶたち生き長らえさせます。(箴言 18:10)あなたも,どうすれば「公正愛される方」であるなるエホバ近づけるか,知りたい思わませか。―詩編 37:9‐11,28

9聖書通読範囲:

エゼキエル 39ダニエル 3

^ 節 4 「ものみの塔」2008111の「神近づく―公正愛する方」という記事ご覧ください。