内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2012年9月

ご存じでし

ご存じでし

聖書時代,手紙どのよう送り届けられでしょか。

ペルシャ急使

 ペルシャ政府文書は,国郵便制度通し配達ました。聖書エステルは,ペルシャその制度どのよう機能か,次よう述べられます。「[モルデカイ]はアハシュエロス書き,王認印つき指輪押すことし,しゅん足雌馬子,王奉仕用いられる早馬乗る,馬上急使より書状送った」。(エステル 8:10)ローマ帝国も,行政軍事文書発送する同様制度ありました。

使徒パウロその他たち書い手紙など私信は,そのよう手段運ぶことできませでした。裕福あれば,奴隷手紙届けさせることできましが,大多数は,先方旅行する知人や,時見ず知らず手紙届けもらいました。家族友人,兵士商人皆,郵便配達もらえそうでした。もちろん,重要は,手紙運んくれるどれほど信頼できるか,また音信注意深く無傷届けくれるか,ということでした。聖書よれば,パウロは,書い手紙少なくを,旅行する仲間クリスチャン託しようです。―エフェソス 6:21,22。コロサイ 4:7

古代イスラエル売り買いどのよう行なわでしょか。

果物市場描い浮き彫り

 国経済基盤なっは,農耕牧畜,そして物々交換でした。聖書は,都市市場あっこと述べられます。“羊門”,“魚門”,“陶片門”などそれです。(ネヘミヤ 3:1,3。エレミヤ 19:2)そう名称は,それぞれ場所売ら商品由来するようです。また,エルサレムの「パン焼き通り」をはじめ様々交易こと述べられます。―エレミヤ 37:21

物価どうだっでしょか。ある聖書注解は,こう記さます。「物価は,何世紀わたっ自然変動た。ゆえに,何商品特定時代特定場所いくら売ら突き止める困難ある」。といえ,聖書はじめ古代文献から情報よれば,昔も,価格上がる傾向ありました。例えば,古代奴隷売買普通行なわました。ヨセフ20枚(多分20シェケル)で売らましが,西暦18世紀それ奴隷平均価格だった,と思わます。(創世記 37:28)それから300は,30シェケルでした。(出エジプト記 21:32)そして西暦8世紀は,50シェケルなっました。(列王二 15:20)さらに200後,ペルシャ時代は,90シェケル以上値上がりました。どうやら物価上昇現代特有問題いうわけないようです。