はい。世界​じゅう​の​エホバ​の​証人​の​間​に​は​その​よう​な​女性​が​幾百万​人​も​い​ます​が,“聖職​者”と​で​は​なく“奉仕​者”と​呼ば​れ​て​い​ます。神​の​王国​に​つい​て​の​良い​たより​を​宣べ伝える​奉仕​者​な​の​です。詩編 68​編​11​節​に​は,その​よう​な​女性​たち​の​こと​が,「エホバ​ご自身​が​みことば​を​与え​て​くださる。良い​たより​を​告げる​女​は​大軍​を​なし​て​いる」と​預言​さ​れ​て​い​ます。

と​は​いえ,エホバ​の​証人​で​ある​女性​たち​の​奉仕​と,他​の​宗派​の​女性​聖職​者​の​奉仕​に​は​際立っ​た​相違​が​あり​ます。どんな​点​で​異なっ​て​いる​でしょ​う​か。

まず,だれ​を​教える​か​と​いう​点​です。女性​聖職​者​は,特に​キリスト​教​世界​で​は​会衆​内​で​指導​的​な​役割​を​担い,主​に​自分​の​宗派​の​信者​たち​を​教え​ます​が,エホバ​の​証人​の​女性​奉仕​者​は,主​に​会衆​外​の​人々,すなわち​家​から​家​へ​の​奉仕​など​で​会う​一般​の​人々​を​教え​ます。

エホバ​の​証人​の​女性​奉仕​者​が​他​の​宗派​の​女性​聖職​者​と​異なる​もう​一つ​の​点​は,会衆​内​で​の​立場​です。キリスト​教​や​他​の​宗教​の​女性​聖職​者​は,自分​の​教会​の​成員​たち​の​上​に​立ち,自分​の​宗派​の​教義​を​教え​ます。一方,エホバ​の​証人​の​女性​奉仕​者​は,バプテスマ​を​受け​た​男子​が​いる​時​に​は​会衆​内​で​教える​こと​は​し​ませ​ん。教える​者​と​し​て​任命​さ​れ​て​いる​男子​だけ​が​そう​する​の​です。―テモテ​第​一 3:2。ヤコブ 3:1

聖書​に​よれ​ば,会衆​を​監督​する​責任​を​担う​の​は​男子​だけ​です。使徒​パウロ​は​一つ​の​型​を​定め,やはり​監督​で​あっ​た​テトス​に,『わたし​は​この​理由​で​あなた​を​クレタ​に​残し​まし​た。すなわち,あなた​が​都市​ごと​に​年長​者​たち​を​任命​する​ため​です』と​書き送り,その​よう​に​し​て​任命​さ​れる​人​は​各々『とがめ​の​ない​人​で,一​人​の​妻​の​夫​で​なけれ​ば​なら​ない』と​述べ​まし​た。(テトス 1:5,6)また​テモテ​に​対する​手紙​の​中​で​も,同様​の​指示​を​与え,『監督​の​職​を​とらえ​よう​と​努めて​いる​人​が​いる​なら,その​人​は​りっぱ​な​仕事​を​望ん​で​いる​の​です。したがって,監督​は,とがめ​られる​ところ​の​ない​人​で,一​人​の​妻​の​夫​で​あり,教える​資格​が​ある​べき​です』と​書い​て​い​ます。―テモテ​第​一 3:1,2

パウロ​は​また,会衆​内​で​の​監督​の​務め​が​男子​に​限定​さ​れ​て​いる​理由​に​つい​て,こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は,女​が​教え​たり,男​の​上​に​権威​を​振るっ​たり​する​こと​を​許し​ませ​ん。むしろ,静か​に​し​て​い​なさい。アダム​が​最初​に​形造ら​れ,その​後​に​エバ​が​形造ら​れ​た​から​です」。(テモテ​第​一 2:12,13)そう​です,だれ​が​教え​たり​監督​し​たり​す​べき​か​に​関する​神​の​意図​は,創造​さ​れ​た​順番​から​分かる​の​です。

エホバ​の​奉仕​者​は,指導​者​イエス​・​キリスト​の​手本​に​倣い​ます。弟子​の​ルカ​は​イエス​の​宣教​奉仕​に​つい​て,「都市​から​都市,村​から​村​へ​と​旅​を​され,神​の​王国​の​良い​たより​を​宣べ伝え​また​宣明​さ​れ​た」と​書い​て​い​ます。後​に​イエス​は​弟子​たち​を​遣わし​て​同じ​業​を​行なわ​せ,「彼ら​は……村​から​村​へ​と​区域​を​回り,いたるところ​で​良い​たより​を​宣明​し」まし​た。―ルカ 8:1; 9:2‐6

今日,エホバ​の​奉仕​者​は​男性​も​女性​も,イエス​が​次​の​よう​に​予告​し​た​活動​を​活発​に​行なっ​て​い​ます。「王国​の​この​良い​たより​は,あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地​で​宣べ伝え​られる​でしょ​う。それ​から​終わり​が​来る​の​です」。―マタイ 24:14