アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年9月

女性直面する厳しい現実

女性直面する厳しい現実

「女性ひどい扱い受けいるいると,大人なんかなりたくありません」。―15ザハラ言葉,ゲオフランスより。

挙げ少女言葉は,厳しい現実明らかます。世界じゅう女性たちが,生まから死ぬまで,暴力振るわれたり差別受けたりいるです。次よう事実つい考えください。

  • 差別。アジア地域は,ほとんどより望む。2011国連報告よれば,同地域で,中絶幼児殺し遺棄よっ人口数えられないは,1億3,400万上る。
  • 教育。世界で,学校教育受け期間4未満いう人々32は,女性ある。
  • 性的虐待。暴力犯罪みなさない国々女性人口は,26億上回る。
  • 健康。発展途上は,基本医療受けられないため,2ごと女性が,妊娠出産合併死亡する。
  • 財産権。世界作物半分以上栽培いる女性が,多くは,女性財産所有たり土地相続たりする法的権利与えられない。

女性そのよう基本権利奪わなぜでしょか。世界各地は,女性対する虐待暴力助長する,さらに正当する宗教信条風習持つ文化あります。フランスある日刊は,インド法律チャンドララミチョープラ述べた,「どんな宗教戒律共通ある。女性対する差別支持いることある」という言葉引用ました。

あなたそう考えおらますか。聖書多く宗教同じよう女性軽視いる,と思いますか。聖書特定聖句から,そのよう印象受けるいるようです。では,聖書実際女性どうご覧なっいるでしょか。これ感情絡む問題ですが,聖書述べいる事柄注意深く正直分析すれば,その答え見いだすことできます。