アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年9月

女性本当気遣っおられる

「罪から始まった。そのせい我々みな死ぬことなった」。―「集会書」,西暦2世紀。

「あなた悪魔経路。あなたあの禁断封印解いた。あなた最初律法背いた。……あなたあるいとも簡単損なっだ」。―テルトゥリアヌス,「女性着衣ついて」,西暦2世紀。

上記古代言葉は,聖書ものありません。これまで世紀間,女性対する差別正当するため用いられました。今日も,極端意見持つ一部たちは,宗教文言引き合い出して,女性せい人類問題抱えるようなっ主張し,男性よる女性支配正当ようます。神本当に,女性男性から侮ら虐待れること意図おらでしょか。聖書述べいるか,見ましょう。

 女性のろわ存在ですか。

いいえ,そうありません。神に「のろわた」のは,「初めから蛇」で『悪魔呼ばいる者』です。(啓示 12:9。創世記 3:14)神は,アダムを「支配する」と言わましが,男性女性服従せることよしされわけありません。(創世記 3:16)単に,最初夫婦及ぶ悲痛結果予告なさっすぎません。

ですから,女性虐待れるは,人間罪深い性質起因することあり,神意志ありません。女性原罪償うため男性服従なけれならない,という考え聖書支持ません。―ローマ 5:12

 神女性男性より劣る創造ましか。

いいえ,そうありません。創世記 127は,「神ご自分創造ゆき,神これ創造た。男性女性これ創造た」とあります。ですから,人間男性女性も,創造当初から,神特質反映する能力付与です。アダムエバは,感情身体造り異なっものの,二同じ使命与えられ,造り主同じ権利享受ました。―創世記 1:28‐31

は,エバ創造する当たり,「わたし彼[アダム]のために,彼補うものなる助け手造ろう」と言わました。(創世記 2:18)「補うもの」であるは,女性男性より劣るいうことありません。このヘブライは,「対なるもの」あるいは男性「に見合う 助け」と訳せるからです。手術外科麻酔つい考えください。両者補い合う関係あります。どちら一方だけ手術することは,まずできません。外科実際執刀するからいって,麻酔より重要ある言えません。同様に,神男性女性を,競い合うなく,密接協力合うお造りなりました。―創世記 2:24

 神女性気遣っおられることは,どうして分かりますか。

早くから,堕落罪深い男性どんなことする予見て,女性保護するつもりあること表明ました。著述ローアーナルは,自著「女性おける聖書」(フランス語)ので,西暦16世紀制定モーセ律法ついて,「律法契約女性言及いる箇所ほとんどは,女性擁護するものある」と述べます。

例えば律法は,父両方敬うよう命じました。(出エジプト記 20:12; 21:15,17)また,妊娠女性当然配慮払うこと求めました。(出エジプト記 21:22)そのよう律法よっ女性保護ことは,今日さえ,世界各地様々法的権利認められない女性たちいるいう状況と,鋭い対照なします。しかし,それだけありません。

律法女性対する見方反映いる

エホバイスラエルお与えなっ律法は,男女問わその国民に,身体的,道徳的,霊的計り知れないほど多くもたらしました。イスラエル国民は,それ聴き従っいる限り,「地あるすべて国民に……高め」られました。(申命記 28:1,2)律法女性地位どのようものあっか,以下つい考えください。

1. 一人間自由た。古代おいイスラエル女性は,他多く女性なり,かなり自由享受ました。家族役割 与えられですが,妻は,夫から全面信頼て,『畑つい考慮て,それ入れ』たり,「ぶどう設け」たりすることできました。糸紡ぎ機織り技術持っいれば,自分商売することさえできました。(箴言 31:11,16‐19)モーセ律法女性は,単に男性従属するだけ存在なく,自分権利持つ人間みなさました。

古代イスラエル女性は,神個人関係持つ自由ありました。聖書よると,ハンナは,個人事柄つい祈り,心ひそか誓約立てました。(サムエル一 1:11,24‐28)シュネムいう都市ある女性は,安息なる預言エリシャ相談ました。(列王二 4:22‐25)また,デボラフルダ女性でしが,神代理用いられました。興味深いことに,著名男性祭司たちそれら女性に,進んアドバイス求めました。―裁き人 4:4‐8。列王二 22:14‐16,20

2. 教育受けることできた。女性は,律法契約当事て,律法朗読傾けるよう招かました。それは,学ぶ機会なりました。(申命記 31:12。ネヘミヤ 8:2,8)また,公崇拝一部参加するため訓練受けることできました。例えば,幕屋の「組織奉仕」に携わっ女性や,混声合唱歌っ女性ようです。―出エジプト記 38:8。歴代一 25:5,6

古代イスラエル女性たちは,商売携わっ

多く女性は,商売儲ける必要知識技術持っました。(箴言 31:24)また,当時諸国は,家庭息子教える父親だけでしが,イスラエルは,母親も,男大人なるまで教育すること関与ました。(箴言 31:1)ですから,古代イスラエル女性たち決して教育なかっこと明らかです。

3. 敬わた。十戒は,「あなた敬いなさい」と明記ました。(出エジプト記 20: 12)また,賢王ソロモン箴言は,「我よ,あなた懲らしめ聴き従え。あなた律法捨て去っならない」とあります。―箴言 1:8

律法は,夫婦関係ない男女行ない関する細か規定含まおり,女性対する敬意反映ました。(レビ記 18:6,9。申命記 22:25,26)夫は,妻身体また生物限界配慮すること求められました。―レビ記 18:19

4. 種々権利保護た。エホバは,聖書ご自身を「父なし子父,やもめ裁き主」と描写おらます。つまり,父親または庇護受けられなくなったち権利守らです。(詩編 68:5。申命記 10:17,18)ですから,ある預言やもめ債権から不当扱い受けなど,エホバ奇跡もっ介入し,そのやもめ生き延び尊厳保てるようされました。―列王二 4:1‐7

イスラエル約束入る前,家族あっツェロフハドは,息子残さ死にました。それで,5たちモーセに,『わたしたち約束の「所有地」をお与えください』と訴えました。それ対しエホバは,この女性たち公平扱いするようモーセ命じ,『そのたちに,父兄弟たちあっ相続所有させなさい。その相続彼女たち渡すように』とお告げなりました。以来,イスラエル女性たちは,父親から相続受け自分子孫継がせることできるようなりました。―民数記 27:1‐8

女性対する見方偽っ伝える

モーセ律法は,女性たち誉れある立場おり,女性種々権利尊重ました。しかし,西暦4世紀以降,ユダヤが,女性劣っ存在みなすギリシャ文化影響受けるようなりました。―「古代られる女性差別」という囲みご覧ください。

例えば,ギリシャ詩人ヘシオドス(西暦8世紀)は,人類抱える問題すべて女性せいました。自著「神統記<テオゴニア>」ので,「死すべきたちただ中非常厄介問題引き起こす,女性いう極めて危険やから」につい述べます。そう思想西暦2世紀初期ユダヤ取り入れられました。西暦2世紀以降まとめられタルムードは,男性に,「女性あまり会話ならない。必ずや品行つながるからある」という警告与えます。

そう不信は,これまで世紀わたり,ユダヤ社会おける女性役割深刻影響もたらしました。イエス時代すでに,神殿境内女性入れるは,“婦人中庭”まででした。宗教 教育男性しか受けられず,会堂女性男性分けられようです。タルムードは,あるラビの「だれ自分トーラー[律法]を教えるは,淫らこと教えいる」という言葉引用ます。ユダヤ宗教指導たち見方偽っ伝えため,多く男性女性蔑視態度取るようなりました。

イエス地上時,そのよう偏見気づいました。そう偏見伝統深く根づいました。(マタイ 15:6,9; 26:7‐11)それは,女性対するイエス接し方影響与えでしょか。イエス振る舞い態度からどんなこと学べるでしょか。真キリスト女性安らぎもたらしでしょか。次記事は,こう問い答えます。

 

もっと調べる

女性―神敬われ,貴ばれる

女性対するイエス振る舞い態度からどんなこと学べるでしょか。

世界中から偏見がなくなる ― いつ?

人々にとって偏見を克服するのに聖書がすでに助けになっていることは,数々の実例から分かります。偏見が完全になくなるのはいつでしょうか。