わたしたち​の​乗っ​た​船​が,地中海​の​大海原​に​ぽつん​と​浮かぶ​台地​の​よう​な​島​へ​と​進む​に​つれ,クレタ​島​の​堂々​たる​レフカ​山地​は​次第​に​小さく​なっ​て​ゆき​まし​た。船上​の​わたしたち​一行​13​人​は,ヨーロッパ​最南端​に​位置​する,地図​上​で​は​小さな​点​の​よう​な​ガヴドス​島​で​の​伝道​旅行​を​楽しみ​に​し​て​い​まし​た。

夏​の​この​よう​な​暑い​日​なら​順調​に​旅​が​できる​だろ​う,と​思え​まし​た​が,間​も​なく​突風​が​吹い​て​海​が​荒れ,船​が​コルク​の​よう​に​揺れ​まし​た。船酔い​し​た​わたし​は,聖書​中​の​使徒​パウロ​に​関する​記述​を​思い起こし​まし​た。その​昔,ガヴドス​が​カウダ​と​呼ば​れ​て​い​た​ころ​に,パウロ​も​この​海域​で​激しい​嵐​に​遭っ​た​の​です。(使徒 27:13‐17)わたし​は​ただただ,『ガヴドス​島​に​無事​に​着け​ます​よう​に』と​祈り​まし​た。

そして,ついに​目的​地​で​ある,岩だらけ​の​島​と​その​断崖​絶壁​が​見え​て​き​まし​た。海抜​が​300​㍍​ぐらい​しか​なく,目立っ​た​山​も​ない,比較​的​平ら​な​島​です。広さ​が​約​26​平方㌔​で,その​大部分​は​松​や​低木​に​厚く​覆わ​れ​て​おり,沿岸​で​は​ねず​の​木​が​浜辺​に​まで​広がっ​て​いる​所​も​あり​ます。

かつて​は​8,000​人​ほど​の​島民​が​い​まし​た​が,今日,通年​この​島​で​暮らす​人​の​数​は​わずか​40​人​弱​です。現代​文明​も​この​ガヴドス​島​を​迂回​し​て​行っ​た​よう​です。貨物​船​も​タンカー​も​沖合​を​よく​航行​し​ます​が,この​島​に​は​クレタ​から​の​連絡​船​が​たま​に​来る​だけ​で,それ​も​悪​天候​の​ため​に​遅れ​たり​欠航​し​たり​する​こと​が​少なく​あり​ませ​ん。

わたしたち​が​ガヴドス​島​に​やっ​て​来​た​の​は,励み​と​なる​喜ばしい​音信 ― つまり,より​良い​将来​を​待ち望める​と​いう​確か​な​希望​や​完全​な​健康​状態​で​いつ​まで​も​生き​られる​と​いう​見込み ― を​島民​に​差し伸べる​ため​でし​た。ですから,船​が​いよいよ​波止場​に​つく​時​に​は,そう​し​た​良い​たより​を​伝える​ため​に​早く​上陸​し​たい​と​いう​気持ち​に​駆ら​れ​まし​た。

と​は​いえ​わたしたち​は,約​4​時間​半​も​波​に​もま​れ​た​ため,顔​が​青ざめ​て​おり,ガヴドス​まで​の​旅​が​決して​楽​な​もの​で​なかっ​た​こと​は​傍目​に​も​明らか​でし​た。しかし,少し​昼寝​を​し​た​あと​コーヒー​を​飲ん​で​元気​を​取り戻し,使徒​パウロ​の​旅行​に​つい​て​の​聖書​ の​記述​を​手短​に​振り返り,真剣​に​祈る​こと​に​より,活動​を​開始​する​用意​が​整い​まし​た。

地元​の​人々​は,愛想​が​良く,好意​的​で,わたしたち​を​家​の​中​に​招き入れ​て,飲み物​など​を​出し​て​くれ​まし​た。わたしたち​は,聖書​から​の​良い​知らせ​を​伝える​だけ​で​なく,必要​に​応じ​て​実際​的​な​助け​も​差し伸べ​まし​た。メンバー​の​一​人​で​電気​技術​者​の​男性​は,ある​女性​と​話​を​し​て​い​た​時​に,その​人​の​仕事​場​の​電気​器具​が​壊れ​て​いる​こと​に​気づき,修理​し​て​あげ​まし​た。その​人​は​感激​し,聖書​文書​を​受け取っ​て,わたしたち​と​この​宣教​奉仕​の​こと​を​褒め​て​くれ​まし​た。また​別​の​女性​は​感謝​を​述べ,「皆さん​の​活動​は,人間​から​の​もの​で​は​なく,神​から​の​もの​です。こんな​へんぴ​な​島​に​まで​来​て​伝道​し​て​いる​ん​です​から​ね」と​言い​まし​た。

わたしたち​の​持っ​て​行っ​た​聖書​文書​も,人々​から​大いに​感謝​さ​れ​た​よう​です。ある​男性​は,「ものみの塔」誌​と「目ざめよ!」誌​を​受け取り,「冬​の​間​に​読む​ため​の​出版​物​が​もっと​欲しい」と​言い​まし​た。別​の​男性​は,自分​用​の​出版​物​だけ​で​なく,自分​の​店​に​来る​客​が​読める​よう​さらに​何​冊​か​を​求め​まし​た。そして,わたしたち​が​毎月​両方​の​雑誌​を​郵送​できる​よう,自分​の​住所​を​教え​て​くれ​まし​た。ある​家族​は,自分​たち​の​住ん​で​いる​小島​の​こと​が​聖書​中​に​出​て​いる​の​を​知っ​て,とても​感銘​を​受け,喜ん​で​わたしたち​の​雑誌​を​受け取り​まし​た。

その​よう​な​反応​は​非常​に​励み​ある​もの​でし​た​が,メンバー​の​うち​の​幾​人​か​は,ガヴドス​を​訪れ​て,身内​に​関係​し​た​悲しい​出来事​を​思い出し​まし​た。サラキニコ​湾​の​近く​に,かつて​流刑​に​され​た​政治​犯​を​収容​し​て​い​た​建物​が​あり​ます。1930​年代​後期​に,エホバ​の​証人​の​一​人,エマヌエル​・​リオヌダキス​が,伝道​活動​を​し​た​かど​で​ここ​に​流刑​に​処さ​れ​た​の​です。 * 当時​の​ガヴドス​は,「死​を​もたらす​サソリ​しか​生息​し​ない​不毛​の​島,多く​の​人​が……飢餓​や​窮乏​や​病気​で​死ん​だ,死​の​島​と​呼ば​れる​べき​場所」で​あっ​た,と​言わ​れ​て​い​ます。リオヌダキス​兄弟​は,釣り​を​し​て​食物​を​得​ながら,その​島​で​ただ​一​人​の​エホバ​の​証人​と​し​て​他​の​抑留​者​たち​に​対する​伝道​に​も​励み​まし​た。その​娘​と​婿​と​孫娘​は,父親​が​約​70​年​前​に​い​た​場所​を​目​に​し​て,感無量​の​様子​でし​た。わたしたち​も,リオヌダキス​兄弟​の​模範​を​思う​と,忠節​を​保ち,宣教​奉仕​を​活発​に​行なお​う,と​いう​気持ち​に​なり​まし​た。

ガヴドス​は,流刑​に​され​て​来​た​人​たち​に​とっ​て​は,旅行​者​天国​の​よう​な​所​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,わたしたち​に​とっ​て​は,心地よい​所​でし​た。週末​に​この​島​を​くまなく​伝道​し​て,心​の​温かい​島民​たち​に​雑誌​46​冊,冊子​9​冊​を​配布​でき​まし​た。新た​に​友​と​なっ​た​人​たち​に​再び​会う​時​が​本当​に​楽しみ​です。

あっと​いう​間​に,ここ​を​去る​時​が​来​まし​た。しかし,その​時​も​また,天候​が​良く​なかっ​た​の​で,午後​5​時​の​出発​は​延期​に​なり,夜中​に,もう​一度​厳しい​旅​に​なる​の​を​覚悟​し​て​船​に​乗り込み​まし​た。結局,午前​3​時​に​出発​し,嵐​の​海​を​約​5​時間​も​波​に​もま​れ​て,クレタ​に​着き​まし​た。ふらふら​し​ながら​陸地​に​降り立っ​た​時​に​は​疲れ果て​て​い​まし​た​が,ガヴドス​島​で​人々​に​エホバ​の​お名前​を​知らせる​こと​が​でき​て,うれしく​思い​まし​た。(イザヤ 42:12)全員​が,努力​を​払う​だけ​の​価値​は​あっ​た,と​思い​まし​た。経験​し​た​辛苦​は​すぐ​に​忘れ​て​しまう​と​し​て​も,この​旅​の​思い出​は​心​に​深く​刻み込ま​れ,いつ​まで​も​残る​こと​でしょ​う。

^ 11節 エマヌエル​・​リオヌダキス​の​ライフ​・​ストーリー​に​つい​て​は,「ものみの塔」1999​年​9​月​1​日​号​25‐29​ページ​を​ご覧​ください。