アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年9月

自分崇拝いる知っます

自分崇拝いる知っます

癒やしある言わた,ペンテコステ福音伝道男性ました。そのわたし触れると,わたしは“霊打たて”気絶ました。そして意識取り戻すと,自分望ん癒やしようました。どんないきさつそのよう経験か,またそれよっわたし人生どう変わっか,お話しするに,わたし生い立ちついご説明ましょう。

わたしは,19681210フィリピンイロコスノルテに,10兄弟7生まました。わたしたちは,フィリピン多数同じように,カトリック教徒育てられました。わたし1986高校卒業し,看護なること志しましが,重い病気かかっため,その実現ませでした。実ところわたしは,死ぬだろ思い,失意助け請い求め,『もしも回復たら,生涯あなたお仕えます』と祈りました。

回復長くかかりましが,わたし約束忘れませでした。それで,19916月,ペンテコステ聖書学校入学ました。その学校訓練は「聖霊いう無償賜物」を得ること含まれる,と言わました。わたし癒やしたい思いました。学校は,そう断食祈りよっられる,と教えられました。あるわたしは,自分が“賜物”をいるいう印象与えようことあります。祈り時間クラスメート片隅出し祈っいる祈りこっそり聴いて,その祈り終えように,素早く自分ひざまずい戻り,その祈り願い求め事柄そのとおり告げです。すると,そのわたしが「無償賜物」を授かっ思い込みました。

わたしその学校勉強続けいるうちに,多く疑問抱くようなりました。例えば,マタイ 69は,「父」とその「お名前」のこと述べられます。それで,「イエス呼びかけだれことですか」,「だれお名前清められるべきですか」といっ質問ました。先生たち答えは,大抵,非常あいまい納得ゆかないものでした。三位一体つい聞かされ,『それ奥義です』と言わました。わたしは,とても分かりにくく感じましが,引き続き牧師なるため訓練受けました。

エホバ証人かかわり

聖書学校は,エホバ証人最悪宗教推し進めいる,と教えられました。証人たちキリスト呼ばで,わたしエホバ証人嫌悪抱くようなりました。

2こと,学校休み帰省すると,わたし実家いること聞きつけて,姉カルメンやっました。姉すでに,バプテスマ受けエホバ証人なり,全時間奉仕ました。姉わたしつい教えようで,わたし憤然 て,「あなたから教えもらわなくも,自分仕えいることぐらい知っいるわ」と言い,大声ののしっ押しのけ,そのわたし話しかける機会与えませでした。

聖書学校戻っ後,カルメンが「あなた三位一体信ずるべきですか」という冊子 *1送っました。わたしすぐそれもみくちゃて,火投げ入れました。依然立てです。

牧師歩み始める

卒業牧師なっ

聖書学校勉強続けに,幾改宗せることできました。特に,母親ペンテコステ加わっは,誇らしく思いました。

19943月,わたしペンテコステ聖書学校卒業ました。冒頭述べように,その卒業に,一福音伝道招か出席ました。わたしたち卒業皆,その一緒たい思いました。その癒やし賜物ある,と信じからです。それ皆,ステージその加わり,楽団音楽合わせ跳びはねたり打ち鳴らしたりました。そのあと,伝道触れられ次々倒れました。“霊打たた”のです。 * わたしも,触れられ倒れ,気失いました。意識取り戻し時,わたし怯えましが,これ癒やしられ思い,幸福味わいました。

そのなく,わたしその用いて,高熱苦しん子ども癒やしました。わたし祈りささげると,そのすぐかき,熱引いです。わたしは,神対する約束やっと果たせよう思いましが,なぜか,むなしさ感じました。唯一実在することから信じましが,そのどういう実際分からなかっからです。それに,教会様々教義関する疑念から離れませでした。

わたしその用いて,高熱苦しん子ども癒やしまし

考え変えきっかけ

そう出来事あって,エホバ証人対するわたし敵がい一層強くなり,証人たち出版見つけるたび焼き捨てました。その後,思い寄らない起き,わたしがく然ました。母ペンテコステ交わらなくなっからです。なんとカルメン聖書研究です。わたしこと非常腹立たしく思いました。

その後,実家1の「目ざめよ!」誌見つけました。いつもなら焼き捨てですが,母読んいる知りたくて,ページめくりました。そして,教会教え固く信じつい記事留まりました。そのは,証人たち出版聖書突き合わ読むようなり,三位一体燃える地獄,魂不滅など教え聖書あること確信た,ということでした。わたしわくわくました。それらこそ,わたし理解たい思っことだっからです。それ以降,ぜひとも聖書真理理解たい思うようなりました。

その「目ざめよ!」誌は,アルコール薬物依存 だっ聖書研究生き方一変た,という経験載せられました。それ読んわたしは,証人たちほか出版読み始め,「神み名永久存続する」という冊子 *から,神御名エホバあること知りました。唯一まことつい真理分かって,とてもうれしくなりました。―申命記 4:39。エレミヤ 10:10

唯一まことつい真理分かって,とてもうれしくなりまし

わたしは,そう出版こっそり読み続けて,聖書真理さらに多く学びました。例えば,ペンテコステ学校イエスある教えられましが,イエスは「生ける子」である,ということ聖書から学びました。―マタイ 16:15,16

変化する

再びカルメン会っ時,「神み名永久存続する」という冊子出版自分欲しい言うと,カルメン驚きました。わたしあの聖書学校学びましが,真理教えもらえませでした。盲目されです。わたしは,今や聖書から学ん真理ゆえに,喜びあふれました。イエス述べた,「[あなた方は]真理知り,真理あなた方自由するでしょう」という言葉十分感じ取っました。(ヨハネ 8:32)それら真理よって,わたし人生変わり始めました。

それら真理よって,わたし人生変わり始めまし

しばらくは,ひそかエホバ崇拝ながら,牧師やっゆけるだろう,と考えましが,間なく,教会教義多くもう教えられない,と思いました。それでも,わたし不安でした。牧師辞めたら自分生活どうなるでしょか。牧師エホバ証人なったら,教会とっ大きななることでしょう。それで,わたし引き続き牧師教えましが,教会偽り教義教えること避けました。

プレシャスわたし聖書研究司会くれ

カルメン再び会っ時,エホバ証人集会出席どうか勧められました。わたしは,普段ラオアグある教会出しで,ひそかそこ証人たち集会場所ある王国会館探しました。そして,その会衆時間奉仕で,“プレシャス”という愛称呼ばアルマプレシオーサビリャリーン紹介ました。わたしは,証人たち対しまだ消極感情抱いましが,『聖書学ぶお手伝いましょう』というアルマ申し出受け入れました。

わたしとても辛抱強く聖書真理伝えくれましが,今度プレシャス同じ辛抱強さ示しくれました。わたし苛立っ口論ようし,時荒立てて,以前教え擁護も,わたし聖書よく理解できるよう助けくれまし た。プレシャス証人たち示した,個人関心,謙遜さ,温和などに,わたし打たれ,エホバ崇拝たい思うようなりました。

19957月,わたし牧師立場離れるしかない,と悟りました。なぜなら,啓示 184象徴偽り宗教こと述べられて,「わたしよ,彼女あずかること望まず,彼女災厄受けること望まないなら,彼女からなさい」と言わいるからです。わたし生計手段どうなるでしょか。ヘブライ 135から,わたしたちご意志行なっいる限り,神は「決してあなた離れず,決してあなた見捨てない」と約束くださっいる,ということ教えられました。

バプテスマ受け

から猛烈反対れるようなりましが,わたしは,バプテスマ受けエホバ証人なる2に,勇気奮い起こし実家帰り,牧師あっ使っ物品全部焼却ました。そのようところ,以前与えられ特別すっかりなくなりました。かつては,眠っいる時,絶えのしかかっくるよう感じましが,そう感じなくなりました。部屋窓辺よく見かけようものも,二現われませでした。わたしは,聖書研究することよって,今日賜物呼ばれるもの,例えば癒やしなどみな,神からものなく邪悪からものあること知りました。それで,パウロよって「占い悪霊」から解放自由なっ下女ように,そう影響から解かこと本当うれしく思っます。―使徒 16:16‐18

エホバ証人時間奉仕

19969月,母献身バプテスマ受け,エホバ証人なれことは,本当大きな喜びでした。わたしバプテスマ後,エホバ証人時間奉仕隊伍加わり,その奉仕楽しみました。

わたし今,シルバーいうます。夫婦合わせ,娘聖書真理沿っ訓練ます。わたし人,わたしたち加わっエホバ仕えます。わたしは,何あいだ本当知らなかっこと悔やんますが,今自分崇拝いる知っおり,本当うれしく思っます。

娘,およびわたしたち崇拝行なうようなっ親族たち

^ 節 10 発行: エホバ証人。現在絶版。

^ 節 13 “霊打たれる”というのは,幾つ宗派られる現象で,それら宗派は,“霊”が強いもっ信者降臨するで,信者地面倒れる,と信じられます。

^ 節 18 発行: エホバ証人