多く​の​若者​は​大人​に​なる​と,親​と​同じ​宗教​を​信仰​し​ます。(テモテ​第​二 3:14)しかし,そう​し​ない​若者​も​い​ます。もし​成長​期​の​お子さん​が,あなた​と​同じ​信仰​を​持つ​こと​に​疑問​を​抱き​始め​た​なら,どう​すれ​ば​よい​でしょ​う​か。この​記事​で​は,その​よう​な​場合​に​エホバ​の​証人​が​どう​対処​する​か​を​取り上げ​ます。

「親​の​宗教​は​もう​嫌​です。やめ​たい​ん​です」。―コーラ,18​歳。 *

自分​の​宗教​が​神​に​つい​て​の​真理​を​教え​て​いる​こと​や,聖書​が​最善​の​生き方​を​教え​て​いる​こと​を​確信​し​て​いる​方​なら,そう​し​た​信念​に​基づく​価値​観​を​自分​の​子ども​に​教え込も​う​と​する​の​は​もっとも​な​こと​です。(申命記 6:6,7)では,お子さん​が,成長​する​に​つれ​て​霊的​な​事柄​に​対する​関心​を​失う​なら,どう​でしょ​う​か。幼い​ころ​は​親​と​同じ​信仰​を​喜ん​で​受け入れ​て​い​た​の​に,そう​する​こと​に​疑問​を​抱き​始め​たら,どう​し​ます​か。―ガラテア 5:7

たとえ​そう​なっ​た​と​し​て​も,「自分​は​クリスチャン​の​親​と​し​て​失敗​し​た」と​考える​必要​は​あり​ませ​ん。これ​から​見​て​ゆき​ます​が,他​の​要素​が​関係​し​て​いる​場合​も​ある​から​です。と​は​いえ,疑問​を​抱く​子ども​に​どう​接する​か​に​よっ​て,信仰​に​引き寄せる​こと​に​も​なれ​ば​信仰​から​遠ざける​こと​に​も​なる,と​いう​こと​を​銘記​する​必要​が​あり​ます。もし​この​問題​で​お子さん​に​宣戦​を​布告​する​なら,激しい​戦い​に​なる​こと​は​目​に​見え​て​おり,ほとんど​勝ち目​は​あり​ませ​ん。―コロサイ 3:21

そう​する​より​は,使徒​パウロ​の​勧め​に​従う​ほう​が​はるか​に​賢明​です。パウロ​は​こう​書い​て​い​ます。『主​の​奴隷​は​争う​必要​は​あり​ませ​ん。むしろ,すべて​の​人​に​対し​て​穏やか​で,教える​資格​を​備え,自分​を​制し​なさい』。(テモテ​第​二 2:24)もし​お子さん​が​あなた​と​同じ​信仰​を​持つ​こと​に​疑問​を​抱い​て​いる​なら,あなた​は『教える​資格​を​備え​て​いる』こと​を​どの​よう​に​示せる​でしょ​う​か。

原因​を​見極める

まず,どんな​要素​が​お子さん​の​考え方​に​影響​を​及ぼし​て​いる​か​を​見極める​よう​に​努め​ましょ​う。例えば……

  • クリスチャン会衆友達なく寂しいでしょか。「友達欲しく学校クラスメート 親しくするようなっで,何霊的成長できませでした。悪い交友原因霊的事柄対する関心失っしまっです。今は,とても後悔ます」。―レノア,19歳。

  • 自信ないため,自分信仰つい堂々話せないでしょか。「学校通っころは,自分信じいる事柄クラスメート話すこと抵抗感じました。皆から,変わっやつか“聖書マニア”だ思われるだっです。皆違っいる仲間外れされました。僕そうなりたくありませでした」。―ラモン,23歳。

  • クリスチャン規準従っ生きる自分とっ重すぎる,と思っいるでしょか。「永遠いう聖書約束長い階段一番あるようで,自分その階段上っないし,まだ上り口たどり着いないようます。その階段上るとても怖くて,やめしまお考えほどです」。―レネ,16歳。

じっくり​話し合う

あなた​お子さん​が​直面​し​て​いる​問題​の​根底​に​は​何​が​ある​の​でしょ​う​か。それ​を​知る​方法​と​し​て​一番​いい​の​は,本人​に​尋ね​て​みる​こと​です。しかし,せっかく​の​話し合い​が​口論​と​なら​ない​よう​に​気​を​つけ​ましょ​う。ヤコブ 1​章​19​節​の『聞く​こと​に​速く,語る​こと​に​遅く,憤る​こと​に​遅く​あり​なさい』と​いう​勧め​に​従っ​て​ください。辛抱強く​接し​ましょ​う。家族​外​の​人​に​対する​の​と​同じ​よう​に,「辛抱強さ​と​教え​の​術」を​尽くす​の​です。―テモテ​第​二 4:2

例えば,お子さん​が​クリスチャン​の​集会​に​出席​し​たがら​ない​なら,何​か​ほか​の​こと​で​悩ん​で​いる​から​な​の​か,見極める​よう​に​努め​ましょ​う。しかし,その​際​に​は​焦ら​ない​で​ください。親​が​次​の​よう​な​態度​を​取る​と,良い​結果​に​は​なら​ない​でしょ​う。

子ども: もう​集会​に​は​行き​たく​ない。

父親: [怒っよう]行き​たく​ない? どういうこと​な​ん​だ。

子ども: だって,つまらない​ん​だ​もん。

父親: つまらない​だっ​て? ​の​こと​を​そんなふう​思っ​て​いる​の​か。それ​は​残念​だ​な。お前​が​この​家​に​居る​限り​は,嫌​で​も​何​で​も​連れ​て​行く​から​な。

神​は,親​が​子ども​に​神​の​こと​を​教え,子ども​が​親​に​従う​こと​を​求め​て​おら​れ​ます。(エフェソス 6:1)と​は​いえ​あなた​も,お子さん​が​親​の​霊的​な​活動​の​予定​に​盲目​的​に​従い,クリスチャン​の​集会​に​しぶしぶ​出席​する,と​いう​だけ​で​は​満足​さ​れ​ない​でしょ​う。できれ​ば​思い​と​心​も​伴っ​て​ほしい,と​願う​はず​です。

そう​なる​よう​に​する​に​は,問題​の​根底​に​あっ​て​子ども​の​態度​に​影響​を​及ぼし​て​いる​事柄​を​見極める​必要​が​あり​ます。この​点​を​念頭​に​置い​て,先​ほど​の​場面​で​どう​すれ​ば​もっと​上手​に​会話​でき​た​か​を​考え​て​み​ましょ​う。

子ども: もう​集会​に​は​行き​たく​ない。

父親: [穏やか]どうして​そう​思う​ん​だ​い?

子ども: だって,つまらない​ん​だ​もん。

父親: 1​時間​も​2​時間​も​じっ​と​座っ​て​いる​と,つまら​ない​か​も​しれ​ない​ね。一番​退屈​だ​と​思う​の​は​どんな​こと?

子ども: 分から​ない​けど,どこ​か​ほか​の​所​に​いる​ほう​が​まし​な​よう​な​気​が​する​ん​だ。

父親: 友達​も​皆​そう​思っ​て​いる​の​かな。

子ども: うーん,どうか​な。僕​に​は​友達​が​ない,っ​て​ いう​か,い​なく​なっ​て​しまっ​た​でしょ。親友​が​引っ越し​て​から​は,話しかける​相手​が​い​なく​て……。みんな​が​楽し​そう​に​し​て​いる​と,すごく​寂しく​なる​ん​だ。

上記​の​場面​の​父親​は,子ども​の​気持ち​を​聞き出す​こと​に​よっ​て,問題​の​根底​に​ある​事柄―この​場合​は​孤独​感―を​知っ​た​だけ​で​なく,信頼​を​得​て,後​の​話し合い​の​ため​の​扉​を​開い​て​おく​こと​も​でき​まし​た。―この​ページ​の 「辛抱強く​接し​ましょ​う」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。

子ども​は​時​たつ​うち​に,霊的​成長​を​妨げ​て​いる​問題​に​立ち向かう​なら,自分​に​つい​て​も​自分​の​信仰つい​自信​を​持てる​よう​に​なる,と​いう​こと​を​悟る​もの​です。先​ほど​の​若者​ラモン​も,クリスチャン​で​ある​こと​を​学校​で​明らか​に​する​の​を​嫌がっ​て​い​まし​た​が,やがて,自分​の​信仰​に​つい​て​はっきり​話す​の​が,たとえ​あざけら​れる​結果​に​なっ​た​と​し​て​も,思っ​た​ほど​辛く​は​ない​こと​に​気づき​まし​た。こう​語っ​て​い​ます。

「ある​時,学校​で​一​人​の​男​の​子​から​宗教​の​こと​で​からかわ​れ​まし​た。僕​は​本当​に​緊張​し​て,クラス​全員​が​耳​を​そばだて​て​いる​よう​に​感じ​まし​た。それで,逆​に​そのに,その​信仰​に​つい​て​尋ね​て​み​まし​た。すると,驚い​た​こと​に,相手​は​僕​より​も​はるか​に​強い​緊張​感​を​あらわ​に​し​まし​た。その​時,若者​の​多く​は​宗教​を​持っ​て​は​い​て​も​その​教え​を​理解​し​て​い​ない,と​いう​こと​が​分かり​まし​た。僕​は,少なく​と​も​自分​の​信じ​て​いる​事柄​を​説明する​こと​が​でき​ます。ですから​実際,信仰​に​つい​て​話す​場合,恥ずかしい​思い​を​する​の​は​​で​は​なく​て​クラスメート​の​ほう​な​の​です」。

やっましょう: お子さん​の​気持ち​を​聞き出す​ため​に,クリスチャン​で​ある​こと​を​どう​思っ​て​いる​か​尋ね​て​み​ましょ​う。お子さん​は,どんな​プラス​面​と​マイナス​面​が​ある​と​考え​て​い​ます​か。プラス​の​ほう​が​マイナス​に​勝っ​て​いる​でしょ​う​か。もし​そう​なら,どれ​ほど​勝っ​て​いる​の​でしょ​う​か。(マルコ 10:29,30)紙​に​自分​の​考え​を​書い​て​みる​よう​に​勧める​こと​が​でき​ます。二つ​の​欄​を​設け,左​の​欄​に​は​マイナス​面,右​の​欄​に​は​プラス​面​を​書き出す​の​です。お子さん​自身,それ​を​見れ​ば,問題​点​を​知っ​て​その​解決​策​を​見いだせる​でしょ​う。

お子さん​の「理性」

親​も​専門​家​も​認める​ところ​です​が,幼い​子ども​と​思春​期​の​若者​と​では​考え方​に​著しい​相違​が​あり​ます。(コリント​第​一 13:11)一般​的​に​言っ​て,子ども​は​具体​的​で​単純​な​考え方​を​する​の​に​対し,若者​は​物事​に​つい​て​より​抽象​的​な​とらえ方​を​し​ます。例えば,幼い​子ども​は,神​が​すべて​の​もの​を​造っ​た,と​教え​て​もらう​だけ​で​よい​か​も​しれ​ませ​ん。(創世記 1:1)しかし,思春​期​の​若者​は,「神​は​実在​する,と​どうして​分かる​の​か。愛​の​神​が​悪​を​許し​て​いる​の​は​なぜ​な​の​か。神​に​は​始め​ が​ない,と​どうして​言える​の​か」と​いっ​た​疑問​に​悩まさ​れる​か​も​しれ​ませ​ん。―詩編 90:2

あなた​は,子ども​が​その​よう​な​疑問​を​抱い​て​いる​こと​を,信仰​面​で​の​後退​と​考える​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,実際​に​は​前進​で​ある​と​も​言え​ます。なぜなら,疑問​を​抱く​こと​は,クリスチャン​と​し​て​霊的​に​成長​する​うえ​で​の​重要​な​一歩​と​なる​場合​が​ある​から​です。―使徒 17:2,3

さらに,お子さん​は,「理性」を​働か​せる​こと​を​学び​つつ​あり​ます。(ローマ 12:1,2)やがて​は,子ども​の​時​に​は​認識​でき​なかっ​た,クリスチャン​の​信仰​の「幅​と​長さ​と​高さ​と​深さ」を​認識​できる​よう​に​なり​ます。(エフェソス 3:18)ですから​今​こそ,お子さん​が​自分​の​信じ​て​いる​事柄​に​つい​て​筋道立て考え,自分​の​信仰​に​関し​て​揺るぎない​確信​を​培える​よう​助ける​べき​時​な​の​です。―箴言 14:15。使徒 17:11

やっましょう: お子さん​と​共​に​基本​的​な​教え​に​立ち返り,あなた​が―また​お子さん​が―当たり前​と​考え​て​いる​点​を​再​検討​し​て​み​ましょ​う。例えば,お子さん​が「自分​神​が​実在​する​こと​を​どうして​確信​し​て​いる​の​だろ​う​か。自分​神​が​顧み​て​くださっ​て​いる​こと​を​示す​どんな​証拠​を​目​に​し​て​いる​だろ​う​か。神​の​律法​に​従う​こと​が​どんな​時​も​自分​に​とっ​て​最善​で​ある​と​なぜ​思う​の​か」と​考える​よう,促し​て​ください。親​の​見方​を​押し付け​ない​よう​に​気​を​つけ​ましょ​う。お子さん​が​自分​自身​の​確信​を​培う​よう​に​助ける​の​です。その​ほう​が,子ども​に​とっ​て​は​自分​の​信仰​に​自信​を​持ち​やすく​なる​でしょ​う。

『確信​する』

聖書​に​よれ​ば,若者​テモテ​は「幼い​時​から」聖​なる​書物​に​親しん​で​い​まし​た。それでも​使徒​パウロ​から,「自分​が​学び​また確信​事柄​に​引き続き​とどまっ​て」いる​よう​勧め​られ​まし​た。(テモテ​第​二 3:14,15)あなた​の​お子さん​も,テモテ​と​同じ​よう​に,生ま​れ​た​時​から​聖書​の​規準​を​教え​られ​て​き​た​こと​でしょ​う。しかし​今​は,その​教え​を​確信​できる​よう​助け​て​もらう​必要​が​あり​ます。

「若い​人​が​尋ねる​質問―実際​に​役立つ​答え」と​いう​本​の​第​1​巻​に​は,こう​述べ​られ​て​い​ます。「子ども​が​親元​で​暮らし​て​いる​限り,親​に​は,霊的​な​日課​を​守る​よう​子ども​に​求める​権利​が​あり​ます。しかし,あなた​の​目標​は,何​か​を​機械​的​に​行なわ​せる​こと​で​は​なく,子ども​の​心​の​中​に​エホバ​へ​の​愛​を​育てる​こと​で​ある​はず​です」。この​こと​を​目標​に​し​て​いる​なら,あなた​は​お子さん​が「堅い​信仰」を​持ち,それ​を​自分​の​生き方​と​する​よう​助ける​こと​が​できる​でしょ​う。 *ペテロ​第​一 5:9

^ 4節 この​記事​に​出​て​くる​名前​は​変え​て​あり​ます。

^ 40節 詳しく​は,「ものみの塔」2009​年​5​月​1​日​号​10‐12​ページ,および「若い​人​が​尋ねる​質問―実際​に​役立つ​答え」第​1​巻315‐318​ページを​ご覧​ください。

考え​て​み​ましょ​う…

  • わたし​は,自分​と​同じ​信仰​を​持つ​こと​に​子ども​が​疑問​を​抱い​た​なら,どんな​反応​を​示す​だろ​う​か

  • 自分​の​反応​の​仕方​を​改善​する​うえ​で,この​記事​を​どう​活用​できる​だろ​う​か