内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

自然災害 ― どうすればよいか

自然災害 ― どうすればよいか

自然​災害​の​頻度​と​規模​が​増大​し​て​いる​今,わたしたち​に​は​何​が​できる​でしょ​う​か。実際​的​な​対策​を​幾つ​か​考え​ましょ​う。

災害​の​起き​やすい​場所​を​避ける。

「災い​を​見​て​身​を​隠す​者​は​明敏​で​ある。しかし,経験​の​ない​者​たち​は​進ん​で​行っ​て,必ず​報い​を​身​に​受ける」と,聖書​は​述べ​て​い​ます。(箴言 22:3)この​賢明​な​助言​は​災害​に​関し​て​も​当てはまり​ます。火山​の​噴火,洪水,ハリケーン​や​台風​など​の​災害​が​迫っ​て​いる​と​いう​警告​が​出さ​れ​た​なら,その​地域​に​住む​人​が​安全​な​場所​に​避難​する​の​は​賢明​な​こと​です。命​は,家​その他​の​所有​物​より​大切​だ​から​です。

危険​な​地域​に​住ま​ない​よう​に​できる​人​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん。ある​権威​者​は​こう​述べ​て​い​ます。「災害​が​起き​やすい​地域​は​かなり​集中​し​て​いる。危険​地域​の​大半​は​地上​の​かなり​狭い​範囲​に​あり,今後​の​大​災害​の​大半​は​そこで​起きる」。沿岸​の​低地​や​活​断層​の​近く​など​が​これ​に​当てはまる​でしょ​う。そう​し​た​危険​な​地域​に​住む​こと​を​避け​られる​なら,あるいは​安全​な​場所​に​引っ越せる​なら,被災​する​危険​は​ぐっ​と​減る​でしょ​う。

避難​計画​を​立て​て​おく。

いろいろ​対策​を​講じ​て​も,予期​せ​ぬ​災害​に​見舞わ​れる​こと​が​あり​ます。と​は​いえ,前もって​計画​を​立て​て​おけ​ば,はるか​に​対処​し​やすい​でしょ​う。これ​は,先​に​引用​し​た​箴言 22​章​3​節​の​アドバイス​と​も​一致​し​て​い​ます。非常​持ち出し​袋​を​用意​し,いつ​で​も​持ち出せる​よう​に​し​て​いる​でしょ​う​か。よく​言わ​れる​よう​に,その​袋​に​は,救急​医​薬品,飲料​水,非常​食,重要​書類​など​を​入れ​て​おけ​ます。また,どんな​災害​が​起こる​可能​性​が​あり,それぞれ​の​場合​に​どう​し​たら​よい​か​を​家族​で​話し合っ​て​おく​の​も,良い​こと​です。

非常​持ち出し​袋​を​用意​し,いつ​で​も​持ち出せる​よう​に​し​て​い​ます​か

神​と​の​親しい​関係​を​保つ。

これ​は,どんな​状況​で​も​助け​に​なり​ます。聖書​に​よる​と,神​は「優しい​憐れみ​の​父​また​すべて​の​慰め​の​神」です。『神​は​すべて​の​患難​に​おい​て​わたしたち​を​慰め​て​くださる』の​です。「うちひしが​れ​た​者​を​慰め​て​くださる​神」と​述べ​て​いる​聖句​も​あり​ます。―コリント​第​二 1:3,4; 7:6

神​は,ご自分​に​信仰​を​持つ​者​たち​の​状況​に​深い​関心​を​払っ​て​おら​れ​ます。この​方​は​愛​の​神​で​あり,様々​な​仕方​で​励まし,力づけ​て​ください​ます。(ヨハネ​第​一 4:8)奇跡​で​は​なく​神​の​強力​な​聖霊​を​祈り​求める​なら,どんな​状況​で​も​助け​が​得​られ​ます。聖霊​は,苦難​に​遭っ​て​いる​人​に​聖句​を​思い起こさ​ せ​て,慰め​や​安らぎ​を​与え​ます。神​に​忠実​な​人​たち​は,次​の​よう​に​述べ​た​古代​イスラエル​の​王​ダビデ​の​よう​に​感じる​でしょ​う。「たとえ​深い​陰​の​谷​を​歩も​う​と​も,わたし​は​何​も​悪い​もの​を​恐れ​ませ​ん。あなた​が​わたし​と​共​に​い​て​くださる​から​です。あなた​の​むち棒​と​杖​は,わたし​を​慰め​て​くれる​もの​な​の​です」。―詩編 23:4

奇跡​で​は​なく​神​の​強力​な​聖霊​を​祈り​求める​なら,どんな​状況​で​も​助け​が​得​られる

仲間​の​クリスチャン​と​助け合う。

1​世紀​に,クリスチャン​の​預言​者​アガボ​は,「大​飢きん​が​人​の​住む​全地​に​臨も​う​と​し​て​いる​こと」を​示し​まし​た。そして,「これ​は,クラウディウス​の​時​に​実際​に​起こっ​た」と​記録​さ​れ​て​い​ます。飢きん​は,ユダヤ​に​い​た​イエス​の​弟子​たち​に​深刻​な​影響​を​与え​まし​た。他​の​地域​の​弟子​たち​は,仲間​の​クリスチャン​の​窮状​に​つい​て​聞い​た​時,どう​し​た​でしょ​う​か。「弟子​たち​は,各々​が​その​できる​ところ​に​応じ​て,ユダヤ​に​住む​兄弟​たち​に​救援​を​送る​こと​に​決め​た」と​記さ​れ​て​い​ます。(使徒 11:28,29)愛​に​促さ​れ​て​救援​物資​を​送っ​た​の​です。

「愛さ​れ,守ら​れ​て​いる,と​感じ​まし​た」

今日,大​災害​が​起きる​時​に​も,神​の​僕​たち​は​同じ​よう​に​行動​し​ます。エホバ​の​証人​は,仲間​を​助ける​こと​で​よく​知ら​れ​て​い​ます。例えば,2010​年​2​月​27​日​に​チリ​で​大​地震​が​起き​た​時,エホバ​の​証人​は​すぐ​に​被災​者​の​援助​を​始め​まし​た。津波​で​家​を​流さ​れ​た​カーラ​は​こう​述べ​て​い​ます。「まさに​次​の​日,他​の​地域​の[仲間​の​エホバ​の​証人​が]援助​に​駆けつけ​て​くれ​た​の​を​見​て,慰め​られ,元気づけ​られ​まし​た。エホバ​が​そう​し​た​仲間​の​親切​を​通し​て​慰め​て​くださっ​た​に​違いあり​ませ​ん。愛さ​れ,守ら​れ​て​いる,と​感じ​まし​た」。カーラ​の​祖父​は​エホバ​の​証人​で​は​あり​ませ​ん​が,援助​が​差し伸べ​られ​て​いる​様子​を​見​て,「わたし​が​長年​教会​で​見​て​き​た​の​と​は​大違い​です」と​述べ​まし​た。見​た​事柄​に​心​を​動かさ​れ,聖書​を​教え​て​ほしい​と​エホバ​の​証人​に​頼み​まし​た。

仲間​の​クリスチャン​と​助け合っ​て,災害​から​立ち直る

神​を​愛する​仲間​と​の​交友​は,逆境​に​ある​時​に​大きな​助け​に​なり​ます。それにしても,いつか​地上​から​災害​が​なくなる​時​は​来る​の​でしょ​う​か。この​点​に​つい​て​聖書​が​何​と​述べ​て​いる​か​を​見​て​み​ましょ​う。