だれ​か​から,「災害​は​もう​すぐ​なくなる」と​言わ​れ​たら,どう​反応​し​ます​か。「そんな​わけ​が​ない。災害​は​避け​られ​ない​現実​だ」と​言う​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは,『そんな​こと​を​だれ​が​信じる​もの​か』と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。

自然​災害​が​なくなる​と​は​思え​ない​と​し​て​も,変化​が​起きる​と​いう​希望​を​持てる​根拠​が​あり​ます。もっとも,その​変化​は​人間​の​努力​に​よっ​て​生じる​の​で​は​あり​ませ​ん。人間​は,自然​界​の​出来事​の​仕組み​や​原因​を​十分​に​は​理解​し​て​おら​ず,まして,それ​を​制御​し​たり​変化​さ​せ​たり​は​でき​ませ​ん。知恵​と​鋭い​観察​力​で​知ら​れ​た​古代​イスラエル​の​王​ソロモン​は,次​の​よう​に​書き​まし​た。「人間[は]日​の​下​で​行なわ​れ​た​業​を​見いだす​こと​が​でき​ない……。人間​が​求め​よう​と​し​て​どれ​だけ​骨折っ​て​働き​つづけ​て​も,なお​見いだせ​ない。また,自分​は​賢い​から​知る​こと​が​できる​と​言っ​た​と​し​て​も,彼ら​は​見いだす​こと​が​でき​ない​の​で​ある」。―伝道​の​書 8:17

人間​が​自然​災害​を​制御​でき​ない​と​し​たら,だれ​が​できる​の​でしょ​う​か。聖書​は,創造​者​が​その​変化​を​もたらす​こと​を​示し​て​い​ます。その​方​は,水​の​循環​を​はじめ,自然​の​システム​を​整え​まし​た。(伝道​の​書 1:7)また,人間​と​は​対照​的​に,無限​の​力​を​自在​に​使う​こと​が​でき​ます。この​点​に​つい​て,預言​者​エレミヤ​は​次​の​よう​に​述べ​まし​た。「ああ,主権​者​なる​主​エホバ​よ! あなた​ご自身​が,あなた​の​大いなる​力​と​伸ばさ​れ​た​み腕​と​に​よっ​て​天​と​地​を​造ら​れ​た​の​です。この​すべて​の​事​も​あなた​に​とっ​て​殊更​くすしい​こと​で​は​あり​ませ​ん」。(エレミヤ 32:17)神​は,地球​と​その​諸​要素​を​造っ​た​方​な​の​で,人々​が​地上​で​平和​と​安全​の​うち​に​住める​よう​に​する​に​は​どう​し​たら​よい​か​を​知っ​て​おら​れる​はず​です。―詩編 37:11; 115:16

でも,神​は​どの​よう​に​し​て​変化​を​もたらす​の​でしょ​う​か。この​シリーズ​の​2​番​目​の​記事​で​取り上げ​た​点​を​思い出し​て​ください。今日​起き​て​いる​多く​の​恐ろしい​出来事​は「事物​の​体制​の​終結​の​しるし」です。そしてイエス​は,「これら​の​事​が​起き​て​いる​の​を​見​た​なら,神​の​王国​の​近い​こと​を​知り​なさい」と​言い​まし​た。(マタイ 24:3。ルカ 21:31)神​の​王国​と​は,神​が​天​に​設け​た​政府​で​あり,地上​に​大​変化​を​もたらし​ます。自然​の​力​を​も​制御​し​ます。エホバ​神​は​自ら​そう​する​力​を​お持ち​です​が,その​仕事​を​ご自分​の​み子​に​行なわ​せる​こと​に​され​まし​た。み子​に​つい​ て,預言​者​ダニエル​は​こう​述べ​て​い​ます。「その​者​に​は,支配​権​と​尊厳​と​王国​と​が​与え​られ​た。もろもろ​の​民,国たみ,もろもろ​の​言語​の​者​が​皆​これ​に​仕える​ため​で​あっ​た」。―ダニエル 7:14

神​の​み子​イエス​・​キリスト​は,必要​な​変化​を​もたらす​力​を​与え​られ​て​おり,地球​を​快適​な​場所​に​する​こと​が​でき​ます。2,000​年​前,イエス​は​地上​で,自然​の​力​を​制御​する​能力​を​小​規模​ながら​実証​し​まし​た。弟子​たち​と​一緒​に​ガリラヤ​湖​で​舟​に​乗っ​て​い​た​時,「猛烈​な​風​あらし​が​起こり,波​が​幾​度​も​舟​の​中​に​打ちつけ​て,舟​は​ほとんど​水浸し​に」なり​まし​た。弟子​たち​は​混乱​に​陥り,命​を​失う​の​を​恐れ​て,イエス​に​すがり​ます。イエス​は​どう​し​た​でしょ​う​か。ただ「風​を​叱りつけ,『静まれ! 静か​に​なれ!』と​海​に​言わ​れ」まし​た。「すると​風​は​和らい​で​大なぎ​に​なっ​た」の​です。弟子​たち​は​驚嘆​し,「風​や​海​さえ​従う​と​は,これ​は​いったい​どう​いう​方​な​の​だろ​う」と​言い​まし​た。―マルコ 4:37‐41

その​後​イエス​は,霊​の​領域​に​移さ​れ,さらに​大きな​力​と​権威​を​授け​られ​まし​た。神​の​王国​の​王​と​し​て,変化​を​もたらす​責任​と​能力​を​与え​られ​て​い​ます。人々​が​地上​で​平和​と​安全​の​うち​に​生活​できる​よう​に​する​の​です。

と​は​いえ,これ​まで​見​た​よう​に,問題​や​災害​の​中​に​は​人間​が​原因​の​もの,すなわち​利己​的​で​貪欲​な​人​たち​が​引き起こし​たり​悪化​さ​せ​たり​し​た​もの​が​少なく​あり​ませ​ん。神​の​王国​は,その​よう​な​行動​を​続け​て​変化​を​拒む​人​たち​を​どう​する​でしょ​う​か。聖書​に​よれ​ば,主​イエス​は「その​強力​な​み使い​たち​を​伴い,燃える​火​の​うち​に​天​から」来る​時,「神​を​知ら​ない​者​と,わたしたち​の​主​イエス​に​つい​て​の​良い​たより​に​従わ​ない​者​に​報復​を」し​ます。「地​を​破滅​さ​せ​て​いる​者​たち​を​破滅​に​至ら​せる」の​です。―テサロニケ​第​二 1:7,8。啓示 11:18

その​後,「王​の​王」で​ある​イエス​・​キリスト​は,地球​の​自然​の​力​を​完全​に​制御​し​ます。(啓示 19:16)王国​の​臣民​が​もはや​災害​に​遭わ​ない​よう​に​する​の​です。ご自分​の​力​を​用い​て​気象​を​管理​し,天候​や​季節​が​人間​に​有益​な​働き​を​する​よう​に​し​ます。結果​と​し​て,エホバ​神​が​昔​ご自分​の​民​に​なさっ​た​次​の​約束​が​実現​し​ます。「わたし​も​必ず​あなた方​の​大雨​を​その​ふさわしい​時​に​与え,地​も​まさに​その​産物​を​出し,野​の​木​も​その​実​を​与える​で​あろ​う」。(レビ​記 26:4)人々​は,災害​で​失う​こと​を​心配​せ​ず​に​家​を​建てる​こと​が​できる​よう​に​なり​ます。「彼ら​は​必ず​家​を​建て​て​住み,必ず​ぶどう​園​を​設け​て​その​実​を​食べる」の​です。―イザヤ 65:21

何​を​し​なけれ​ば​なら​ない​か

あなた​も,破壊​的​な​災害​の​ない​世界​で​暮らし​たい​と​思っ​た​の​で​は​ない​でしょ​う​か。では,その​ため​に​何​を​する​必要​が​あり​ます​か。災害​の​ない​その​世界​に「神​を​知ら​ない​者」と「良い​たより​に​従わ​ない​者」が​住む​こと​は​ない​の​ですから,神​に​つい​て​学び,地球​を​治める​神​の​取り決め​を​支持​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。神​は​わたしたち​に,ご自分​を​知る​こと,また​み子​を​通し​て​設立​し​た​王国​の​良い​たより​に​従う​こと​を​求め​て​おら​れ​ます。

そう​する​ため​の​最善​の​方法​は,聖書​を​注意深く​学ぶ​こと​です。聖書​に​は,王国​の​治める​安全​な​環境​で​暮らす​の​に​必要​な​指示​が​載っ​て​い​ます。聖書​が​何​を​教え​て​いる​か​を​学ぶ​の​を,エホバ​の​証人​に​手伝っ​て​もらっ​て​は​いかが​です​か。エホバ​の​証人​は​喜ん​で​そう​し​ます。一つ​の​こと​は​確か​です。神​を​知っ​て​良い​たより​に​従う​よう​努力​する​なら,あなた​に​も​箴言 1​章​33​節​の​次​の​言葉​が​当てはまる​こと​に​なり​ます。神​は​こう​言っ​て​おら​れ​ます。「わたし​に​聴き従う​者​は​安らか​に​住み,災い​の​怖れ​に​よっ​て​かき乱さ​れる​こと​は​ない」。