内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 幸せ家庭

夫婦として霊性を高める

夫婦として霊性を高める

フレデリック *: 「結婚​し​た​時,わたし​の​強い​意見​で,夫婦​と​し​て​聖書​を​勉強​する​こと​に​し​まし​た。わたし​は,その​際​に​は​妻​も​集中​す​べき​だ​と​考え​て​い​まし​た。でも,妻​の​リーアン​は​じっ​と​座っ​て​い​られ​ない​よう​でし​た。質問​を​する​と,『はい』か『いいえ』しか​返っ​て​き​ませ​ん。聖書​の​勉強​は​こう​ある​べき​だ​と​いう​わたし​の​理想​と​は​随分​違い​まし​た」。

リーアン: 「18​歳​で​フレデリック​と​結婚​し​まし​た。二​人​で​聖書​を​定期​的​に​勉強​し​まし​た​が,フレデリック​は​この​時​と​ばかり​に​わたし​の​欠点​を​あげつらい,どう​すれ​ば​もっと​良い​妻​に​なれる​か​を​指摘​し​まし​た。わたし​は​がっかり​し,傷つき​まし​た」。

何​が​問題​だっ​た​の​でしょ​う​か。動機​は​良い​もの​でし​た。二​人​と​も​神​を​愛し​て​おり,聖書​を​一緒​に​勉強​する​必要​を​感じ​て​い​まし​た。ところが,二​人​を​一致​さ​せる​はず​の​その​勉強​が​逆​効果​に​なっ​て​い​た​の​です。一緒​に​勉強​し​ながら​も,夫婦​と​し​て​霊性​を​高め​て​は​い​ませ​ん​でし​た。

では,霊性​と​は​何​でしょ​う​か。夫婦​が​霊性​を​高める​よう​努力​す​べき​な​の​は,なぜ​です​か。その​際,どんな​課題​に​直面​する​可能​性​が​あり,どう​すれ​ば​それ​を​乗り越え​られる​でしょ​う​か。

霊性​と​は​何​か

聖書​に​出​て​くる「霊性」と​いう​語​は,人生​に​対する​一つ​の​考え方​また​姿勢​の​こと​を​指し​て​い​ます。(ユダ 18,19)聖書​筆者​の​パウロ​は,霊的​な​人​と​肉的​な​人​の​違い​を​際立た​せ​て​い​ます。パウロ​が​述べ​た​よう​に,肉的​な​傾向​の​人​は,他​の​人​より​自分​の​ほう​に​注意​を​向け​ます。神​の​規準​に​沿っ​て​生き​よう​と​は​せ​ず,自分​の​目​に​正しい​こと​を​行ない​ます。―コリント​第​一 2:14。ガラテア 5:19,20

それ​と​は​対照​的​に,霊的​な​考え方​を​する​人​は,神​の​規準​を​重んじ​ます。エホバ​神​を​自分​の​友​と​考え,その​性格​に​倣う​よう​努力​し​ます。(エフェソス 5:1 それで,他​の​人​に​接する​際​に,愛​や​親切,穏やか​さ​を​示し​ます。(出エジプト​記 34:6)また,自分​に​とっ​て​都合​が​悪い​と​し​て​も​神​に​従い​ます。(詩編 15:1,4)カナダ​の​ダレン​は​結婚​し​て​35​年​に​なり​ます​が,こう​語っ​て​い​ます。「わたし​の​理解​で​は,霊的​な​人​は​いつ​で​も,自分​の​言動​が​神​と​の​友情​に​どう​影響​する​か​を​考え​ます」。妻​の​ジェーン​も​こう​言い​ます。「霊的​な​女性​と​は,神​の​霊​が​生み出す​特質​を​自分​の​もの​に​し​よう​と​日々​励む​人​の​こと​だ​と​思い​ます」。―ガラテア 5:22,23

もちろん,結婚​し​て​い​て​も​い​なく​て​も,霊的​な​考え方​を​身​に​着ける​こと​は​でき​ます。神​に​つい​て​学ん​で​その​方​に​倣う​責任​は​わたしたち​一人一人​に​ある,と​聖書​は​教え​て​い​ます。―使徒 17:26,27

夫婦​と​し​て​霊性​を​高める​べき​な​の​は​なぜか

では,結婚​し​て​いる​人​が​夫婦​霊性​を​高める​よう​努力​す​べき​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。一つ​の​例え​で​考え​ましょ​う。二​人​の​人​が​一つ​の​菜園​を​持っ​て​おり,野菜​を​作り​たい​と​考え​て​い​ます。一​人​は​ある​月​に​種​を​まく​こと​に​し​ます​が,もう​一​人​は​もっと​後​に​まく​べき​だ​と​考え​て​い​ます。一​人​は​肥料​を​使い​たい​と​思い​ます​が,もう​一​人​は​それ​に​大​反対​で,野菜​は​自然​に​育つ​と​考え​て​い​ます。一​人​は​毎日​菜園​の​手入れ​を​し​たい​と​思い​ます​が,もう​一​人​は​手​を​かける​より​も​じっ​と​見守っ​て​いる​ほう​が​好き​です。この​よう​な​具合​だ​と,幾らか​野菜​は​取れる​か​も​しれ​ませ​ん​が,二​人​が​よく​話し合っ​て​どう​栽培​する​か​を​決め,協力​し​て​働く​場合​ほど​の​収穫​は​ない​でしょ​う。

夫婦​の​場合​も​それ​と​同じ​です。一​人​が​霊性​を​高める​だけ​で​も,関係​は​良く​なる​でしょ​う。(ペテロ​第​一 3:1,2)と​は​いえ,二​人​で​神​の​規準​に​沿っ​て​生活​する​こと​に​決め,支え合っ​て​神​に​仕える​よう​励む​ほう​が,はるか​に​良い​結果​が​得​られ​ます。賢王​ソロモン​は,「二​人​は​一​人​に​勝る」と​書き,その​理由​を​こう​述べ​て​い​ます。「彼ら​は​その​骨折り​に​対し​て​良い​報い​を​得る​から​で​ある。もしも​その​うち​の​一​人​が​倒れる​なら,他方​の​者​が​その​仲間​を​起き上がら​せる​こと​が​できる​から​で​ある」。―伝道​の​書 4:9,10

あなた​も,配偶​者​と​共​に​霊性​を​高め​たい​と​強く​願っ​て​おら​れる​こと​でしょ​う。しかし,野菜​作り​と​同じく,願っ​て​いる​だけ​で​は​結果​は​出​ませ​ん。では,直面​し​得る​二つ​の​課題​を​取り上げ,どう​すれ​ば​乗り越え​られる​か​を​考え​ましょ​う。

課題​1: 時間​が​取れ​ない。

結婚​し​て​間​も​ない​スー​は​こう​言い​ます。「夫​が​夜​7​時​に​わたし​を​仕事​場​に​迎え​に​来​て​くれ​ます。家​に​帰る​と,やる​べき​家事​が​いっぱい​です。いつも​葛藤​が​あり​ます。頭​で​は,時間​を​取っ​て​神​に​つい​て​一緒​に​学ぶ​必要​が​ある​と​分かっ​て​いる​の​です​が,体​は​休息​を​欲しがり​ます」。

例えばこうできます: 融通​を​利かせ,協力​し​ましょ​う。スー​は​こう​述べ​て​い​ます。「夫​と​わたし​は,早起き​し​て​出勤​前​に​聖書​を​一緒​に​読ん​で​話し合う​こと​に​し​まし​た。また,二​人​の​時間​を​取れる​よう,夫​が​家事​を​幾らか​手伝っ​て​くれ​ます」。この​よう​に​余分​に​努力​を​払っ​た​こと​から​どんな​益​が​得​られ​て​いる​でしょ​う​か。夫​の​エド​は​こう​語り​ます。「二​人​で​霊的​な​事柄​を​いつも​話し合っ​て​いる​と,様々​な​問題​に​上手​に​対処​でき,あまり​思い煩わ​ず​に​済み​ます」。

話し合う​こと​に​加え​て,毎日​少し​の​時間​で​も​一緒​に​祈る​こと​は​大切​です。それ​は​どの​よう​に​助け​に​なり​ます​か。結婚​し​て​16​年​の​ライアン​は​こう​言い​ます。「少し​前,わたしたち​二​人​の​関係​が​ぎくしゃく​し​た​こと​が​あり​まし​た。でも,毎晩​一緒​に​祈る​時間​を​作り,悩み​を​神​に​打ち明け​まし​た。それ​が,結婚​生活​に​おける​問題​を​解決​し,喜び​を​取り戻す​の​に​役立っ​た​と​思い​ます」。

やっましょう: 一日​の​終わり​に​数​分​の​時間​を​取っ​て,経験​し​た​良い​事柄,神​に​感謝​できる​こと​を​夫婦​で​話し合い​ましょ​う。また,直面​し​て​いる​課題,特に​神​の​助け​が​必要​な​課題​に​つい​て​も​話し合い​ましょ​う。 注意​を​一言: この​時間​を,配偶​者​の​欠点​を​並べ立てる​機会​に​し​て​は​なり​ませ​ん。一緒​に​祈る​時​に​は,共​に​取り組む​必要​の​ある​問題​だけ​を​述べる​よう​に​し​て​ください。次​の​日​に​は,祈っ​た​事柄​に​調和​し​た​行動​を​取り​ましょ​う。

課題​2: 持っ​て​いる​もの​が​違う。

「わたし​は​座っ​て​本​を​読む​よう​な​人間​で​は​あり​ませ​ん​でし​た」と​トニー​は​言い​ます。一方,妻​の​ナタリー​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は​本​が​大好き​で,読ん​だ​こと​を​話し​たく​て​たまり​ませ​ん。二​人​で​聖書​の​勉強​を​し​て​いる​と,トニー​が​引け目​を​感じ​て​いる​よう​に​思える​こと​が​あり​ます」。

例えばこうできます: 相手​を​ライバル​視​し​たり​批判​し​たり​する​の​で​は​なく,支え​ましょ​う。長所​を​褒め,相手​が​自信​を​持てる​よう​に​し​ましょ​う。トニー​は​こう​言い​ます。「聖書​の​論題​に​つい​て​話し合う​とき​の​妻​の​熱意​に​は,圧倒​さ​れ​そう​に​なる​こと​が​あり​ます。以前​は,妻​と​霊的​な​こと​を​話し合う​の​は​気​が​進み​ませ​ん​でし​た。でも,ナタリー​は​よく​支え​て​くれ​て​い​ます。今​で​は​定期​的​に​二​人​で​霊的​な​こと​を​話し合っ​て​い​ます。何​も​怖がら​なく​て​よい​と​分かっ​た​の​で,わたし​も​楽しん​で​い​ます。夫婦​が​打ち解け​て​仲良く​する​助け​に​なっ​て​い​ます」。

毎週​定期​的​に​時間​を​取り分け,共​に​聖書​を​読ん​で​学ぶ​と​二​人​の​関係​が​良く​なる,と​いう​こと​に​多く​の​夫婦​が​気づい​て​い​ます。ただし,気​を​つける​べき​点​が​あり​ます。学ん​だ​こと​は,相手​で​は​なく​自分​に​当てはめ​て​ください。(ガラテア 6:4)言い合い​に​なり​かね​ない​問題​を​話し合う​の​は​別​の​機会​に​し​ましょ​う。なぜ​です​か。

例え​で​考え​て​み​ましょ​う。家族​で​食事​を​し​て​いる​時​に,膿ん​だ​傷​の​手当て​を​あえて​し​よう​と​思い​ます​か。そんな​こと​は​ない​でしょ​う。みんな​の​食欲​が​失せ​て​しまう​から​です。イエス​も​述べ​た​よう​に,神​の​ご意志​を​学ん​で​行なう​こと​は​食事​を​する​こと​に​例え​られ​ます。(マタイ 4:4。ヨハネ 4:34)聖書​を​開く​たび​に​感情​的​な​傷​に​つい​て​話す​と​し​たら,相手​の​霊的​な​食欲​を​失わせ​かね​ませ​ん。問題​に​つい​て​話し合う​必要​が​ある​の​は​確か​です​が,その​ため​に​取り分け​た​時間​に​そう​する​よう​に​し​ましょ​う。―箴言 10:19; 15:23

やっましょう: 相手​の​良い​特質​の​うち,あなた​が​特に​立派​だ​と​思っ​て​いる​ところ​を,二つ​か​三つ​書い​て​み​て​ください。霊的​な​事柄​に​つい​て​話し合っ​て​いる​時​に,その​点​が​出​て​き​たら,相手​の​その​特質​を​どれ​ほど​素晴らしい​と​思っ​て​いる​か​を​伝え​て​ください。

まく​もの​を​刈り取る

夫婦​と​し​て​霊性​を​高める​ため​に​まく​なら,いっそう​円満​な​結婚​生活​を​刈り取る​こと​に​なり​ます。「何​で​あれ,人​は​自分​の​まい​て​いる​もの,それ​を​また​刈り取る​こと​に​なる」と,神​の​言葉​は​保証​し​て​い​ます。―ガラテア 6:7

冒頭​に​出​て​き​た​フレデリック​と​リーアン​は,聖書​の​この​原則​の​真実​さ​を​学び​まし​た。結婚​し​て​45​年​に​なり​ます​が,努力​し​続ける​なら​報わ​れる​と​いう​こと​が​分かり​まし​た。フレデリック​は​こう​言っ​て​い​ます。「自分​の​考え​を​言わ​ない​こと​で​妻​を​責め​て​ばかり​い​まし​た。でも​やがて,自分​も​努力​す​べき​だ​と​悟り​まし​た」。リーアン​は​こう​語り​ます。「難しい​時期​に​も​頑張れ​た​の​は,二​人​と​も​エホバ​神​を​愛し​て​い​た​から​です。もう​何十​年​も,二​人​で​定期​的​に​聖書​を​学び,祈っ​て​い​ます。フレデリック​が​クリスチャン​の​特質​を​示す​点​で​努力​し​て​いる​の​を​見る​と,ますます​好き​に​なり​ます」。

^ 3節 名前​は​変え​て​あり​ます。

考え​て​み​ましょ​う…

  • この​前,夫婦​で​一緒​に​祈っ​た​の​は​いつ​だろ​う​か

  • 霊的​な​事柄​を​もっと​自由​に​話し合い​たい​と​配偶​者​が​思える​よう​に​する​ため​に,何​が​できる​だろ​う​か