内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2011年8月

聖書は人の生き方を変える

聖書は人の生き方を変える

エホバ  証人  反対     一夫多妻  が,エホバ  証人  なる こと  決意  まし た。なぜ でしょ  か。ペンテコステ  教会  牧師  改宗  まし た。どうして でしょ  か。不幸  子ども 時代  過ごし  女性  自己 嫌悪 する 傾向  克服     近づく こと  でき まし た。何  助け  なっ   でしょ  か。ヘビーメタル  熱中     男性    奉仕   なり まし た。なぜ でしょ  か。答え  知る ため に,以下  記述  お読み ください。

『わたし  より 良い   なり まし た』。―リゴベール  ウーエト

  • 生ま   年: 1941 

  • 生ま   国: ベナン

  • かつて は: 一夫多妻  で,エホバ  証人  反対    

過去  歩み:

わたし は,ベナン   都市 コトヌー  出身 です。カトリック 教徒    育て られ まし  が,教会  きちんと 通っ    ませ  でし た。わたし  住ん    地域  は,カトリック 教徒   複数    持っ  いる   かなり  まし た。その 当時,一夫多妻  法律  認め られ    から です。わたし も,妻  4  持つ よう  なり まし た。

1970 年代  革命  起き  時,わたし は,それ      なる  考え,革命  全面   支持 し,政治  かかわる よう  なり まし た。革命  は,政治   中立  立場  保つ エホバ  証人  嫌っ   まし た。それで,わたし  証人 たち  迫害 する よう  なり まし た。1976   エホバ  証人  宣教  たち  国外  追放      は,『もう    戻っ   ない だろ う』と 思い まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

革命  1990   終わり まし た。わたし は,エホバ  証人  宣教  たち  すぐ やっ    こと  驚き,『神  この 人々    おら れる    しれ ない』と 思う よう  なり まし た。その ころ,転職    です が,新しい 同僚     エホバ  証人 で,自分  信じ  いる 事柄  早速 わたし  話し,エホバ    公正    ある こと  示す 聖句  見せ  くれ まし た。(申命記 32:4。ヨハネ  一 4:8)わたし  それら  特質    引か れ,エホバ  つい  もっと 知り たい  思っ   で,勧め  応じ  聖書 研究  する こと   まし た。

そして すぐ に,エホバ  証人  集会  出席 する よう  なり,目    純粋    感銘  受け まし た。人種 差別  階級 差別  全く なかっ   です。証人 たち  交われ  交わる ほど,彼ら こそ イエス    追随   ある こと  はっきり 分かり まし た。―ヨハネ 13:35

わたし は,エホバ  仕え たい なら,カトリック 教会  去る 必要  ある,と 悟り まし た。しかし,そう する   容易  こと   あり ませ  でし た。他  人々 から どう 思わ れる か,心配 だっ  から です。かなり 時間  かかり まし  が,エホバ  助け  いただき,勇気  奮い起こし  教会 から 脱退  まし た。

 わたし  もう 一つ 大きな 変化  遂げ なけれ  なり ませ  でし た。聖書  研究 する うち に,神  一夫多妻  是認   ない,と いう こと  知っ   です。(創世記 2:18‐24。マタイ 19:4‐6)神    は,わたし  最初  結婚 だけ  有効 でし た。それで,その 結婚 届け  出し,他   たち  去ら  て,それぞれ  生活   必要  満たさ れる よう 見届け まし た。やがて,以前   たち  うち    エホバ  証人  なり まし た。

どんな   受け  か:

 は,依然    カトリック 教徒 です が,エホバ  仕える  いう わたし  決定  尊重   くれ   ます。妻  わたし  より 良い   なっ   思っ   ます し,わたし  そう 思っ   ます。

わたし は,かつて  政治  よっ  社会  改革 できる  考え   まし  が,その よう  運動  無駄   いう こと  分かり まし た。今  は,神  王国 こそ 人類   問題  唯一  解決   ある こと  理解    ます。(マタイ 6:9,10)本当  幸福  生き方  教え くださっ  エホバ  感謝    ます。

「必要  変化  遂げる   容易  こと   あり ませ  でし た」。―アレックス  レモス  シルバ

  • 生ま   年: 1977 

  • 生ま   国: ブラジル

  • かつて は: ペンテコステ  教会  牧師 だっ 

過去  歩み:

わたし は,サンパウロ   イトゥ  いう 都市  郊外  育ち まし た。その 辺り は,犯罪 発生   高い こと  知ら    まし た。

わたし は,非常  暴力    道徳 だっ  だけ  なく,麻薬  密売   関係    まし た。しかし,時 たつ うち に,『こんな こと     たら 刑務   墓場 行き  なる』と 思い,そういう 生き方  やめ まし た。その 後,ペンテコステ  教会  信者  なり,やがて 牧師  なり まし た。

わたし は,教会   奉仕  通し  本当  人々    なれる だろ う,と 思い まし た。地元  ラジオ  から 宗教 番組  放送 する こと さえ  て,その 地域   有名  なり まし た。それでも 次第 に,教会  全体    教会   福祉  関心  払っ  おら ず,神  敬う こと   もっと 関心  薄い,と 考える よう  なり まし た。教会  ただ お金  得る こと しか 考え   ない,と 思え   です。それで,教会  脱退 する こと   まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

エホバ  証人  聖書 研究  始め  時,証人 たち    宗教   たち   異なる,と いう こと  すぐ  分かり まし た。二つ  こと  特に 印象  でし た。一つ は,神  隣人  対する   語る だけ  なく 示し  いる こと で,もう 一つ は,政治  戦争  かかわら ない こと です。(イザヤ 2:4)その 二つ  事実 から,『これ こそ   宗教。永遠    至る 狭め られ   だ』と 確信  まし た。―マタイ 7:13,14

また,神  喜ばせ たい なら,幾つ   大きな 変化  遂げ なけれ  なら ない,と いう こと  気づき まし た。自分  家族  もっと 大事  する 必要  あり まし た。また,もっと 謙遜  なる 必要  あり まし た。そう   必要  変化  遂げる   容易  こと   あり ませ  でし  が,エホバ  助け  いただい  なんとか 変化 する こと  でき  まし た。わたし より    聖書 研究  始め     は,わたし  変化  感銘  受け,いっそう 急速  進歩  遂げ まし た。間  なく,わたしたち  どちら  エホバ  証人  なり たい  思う よう  なり,同じ   バプテスマ  受け まし た。

どんな   受け  か:

  わたし は,エホバ   親しい 関係  築く よう 子ども たち 3   助ける こと  喜び  感じ   ます。わたしたち 家族  本当  幸福 です。わたし は,み言葉 聖書  収め られ  いる 真理  引き寄せ  くださっ  エホバ  感謝    ます。その 真理  人々  生き方  確か  変える こと  でき ます。わたし  まさに その 生き     です。

「今  わたし  清く,生き生き    おり,健やか です」。―ビクトリア  トン

  • 生ま   年: 1957 

  • 生ま   国: オーストラリア

  • かつて は: 不幸  子ども 時代  過ごし 

過去  歩み:

わたし は,7  兄弟  一番 年上 で,ニュー  サウス  ウェールズ   ニューカッスル  育ち まし た。アルコール 依存     暴力  振るい,母  粗暴   でし た。母 から  文字どおり  暴力 だけ  なく 言葉  よる 暴力  加え られ,『お前  悪い   から,地獄  責め苦  遭う』と よく 言わ  まし た。その よう  脅し に,わたし  怯え まし た。

 から 暴行  受け  怪我    ため 学校  行け ない,と いう こと  少なく あり ませ  でし た。11   時,両親  もと から 保護   て,最初  施設  移さ れ,後  修道院  入れ られ まし た。そして,14   なっ   に,修道院 から 逃げ出し まし た。家   帰り たく なかっ   で,シドニー 郊外  キングズクロス  路上  生活  まし た。

路上 生活    いる うち に,薬物  酒,ポルノ,売春    染める よう  なり まし た。そして,本当  怖い 思い   まし た。ナイトクラブ  オーナー  アパート  泊め  もらっ    ところ,ある 晩,二   男性  その オーナー  会い   まし た。わたし  寝室  行かさ  まし  が,彼ら  会話  聞こえ   まし た。オーナー  わたし  その  たち  売り飛ばそ        です。男 たち は,わたし  貨物   潜ま   日本  連れ  行き,バー  働か せる つもり でし た。わたし  恐怖  駆ら   ベランダ から 飛び降り,助け  求め  逃げ まし た。

そして,シドニー     た,通りすがり  男性    かけ,自分  事情  説明  まし た。お金  幾らか   もらえれ ば,と 思っ   です。ところ  その  は,自分  滞在   わたし  招き,わたし  シャワー  浴び  食事  取れる よう    くれ まし た。結局,わたし  そこ  居着い  しまい,1    その   結婚  まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

わたし は,エホバ  証人  聖書  研究  始め  時,様々  感情  味わい まし た。サタン  諸悪  根源  ある こと  知っ    は,腹  立ち まし た。それ まで ずっ と,人  苦しま   いる      教え られ    から です。また,神    地獄  罰し たり   ない こと  知っ    は,とても 安心  まし た。物心 つい  から ずっ  その 教え  怯え    から です。

また,証人 たち     聖書  教え  基づい  決定 する こと  感銘  受け まし た。彼ら  信仰  実践    いる  です。わたし  気難しい 人間 でし  が,わたし    言お      よう と,証人 たち    敬意  もっ  接し  くれ まし た。

一番 大変 だっ   は,自分     価値  ない  いう 感情   闘い でし た。強い 自己 嫌悪  抱い   て,その 感情 は,バプテスマ  受け  エホバ  証人  なっ  あと  長い あいだ 消え ませ  でし た。自分  エホバ  愛し  いる こと  分かっ   まし  が,エホバ  わたし  よう    愛し  くださる など   思え なかっ   です。

転機  訪れ   は,バプテスマ  受け  から 15    こと です。エホバ  証人  王国 会館    聞い    時,話し手  ヤコブ 1  23,24   言及  まし た。その 聖句    言葉    なぞらえ  おり,その   使う なら 自分 自身  関し  エホバ  同じ 見方  できる,と いう こと でし た。わたし は,自分  エホバ   異なる 見方    いる    ない か,と 思い 始め まし た。最初  うち は,この 新しい 考え  抵抗   あり まし た。依然   て,エホバ  愛し  いただく なんて 大それた こと   思っ    から です。

  後,ある 聖句  読ん  人生  一変  まし た。それ  イザヤ 1  18  です。その   エホバ  こう 述べ  おら  ます。「さあ,来る  よい。わたしたち      正そ う……。たとえ あなた方      よう  あっ  も,それ  まさに   よう  白く され,たとえ     よう  赤く  も,まさに 羊毛  よう  なる」。わたし  エホバ  わたし に,「さあ,ビッキー,わたしたち      正そ う。わたし  あなた を,あなた   を,あなた    知っ  いる。そして,あなた  愛し  いる  だ」と 語りかけ  くださっ  いる   よう  感じ   です。

その   眠れ ませ  でし た。エホバ  わたし  愛し  くださる   まだ 思え なかっ   です が,イエス  贖い  犠牲  つい  考え 始め   き,はっ  気づき まし た。エホバ  それ まで ずっ  わたし  こと  辛抱 し,いろいろ      示し  くださっ     に,わたし  エホバ に,「あなた    わたし  及ぶ ほど 大きく  あり ませ ん。み子  犠牲  わたし  覆える ほど  もの   あり ませ ん」と 言っ     です。贖い  エホバ  投げ返し     同然 でし た。しかし,この 贖い  いう 贈り物  つい  黙想 する こと  より,今や ついに,エホバ  愛さ   いる  感じ られる よう  なり まし た。

どんな   受け  か:

  わたし  清く,生き生き    おり,健やか です。結婚 生活  より 良い もの  なり まし た。わたし は,自分  経験  生かし     たち  助ける こと  でき,幸せ です。エホバ  ますます 身近  感じ   ます。

「『祈り  対する 答え だ』と 思い まし た」。―セルゲイ  ボタンキン

  • 生ま   年: 1974 

  • 生ま   国: ロシア

  • かつて は: ヘビーメタル  熱中    

過去  歩み:

わたし  ボトキンスク  生ま  まし た。そこ は,有名  作曲  ピョートル  イリッチ  チャイコフスキー  出生  です。わたし  家族 は,貧しい 暮らし     まし た。父  多く  良い 特質  持っ   まし  が,アルコール 依存  でし た。その ため,家庭   いつも 緊張   雰囲気  あり まし た。

学生 時代  わたし は,あまり 優秀   なく,月日  たつ うち  劣等   持つ よう  なり まし た。自分    閉じこもっ て,他  人々  不信    抱く よう   なり まし た。学校  通う   とても 苦痛 でし た。例えば,調べ  こと  発表  なけれ  なら ない  など は,ほか   なら 言える よう  基本   概念 さえ  うまく 説明 でき ない 場合  少なく あり ませ  でし た。それで,第 8 学年  終え    通知   は,「語彙  限ら   おり,自分  考え  表現 する こと  でき ない」と 記さ    まし た。わたし は,その 言葉  がっかり し,ますます『自分  だめ  人間   だ』と 思い,『自分    ため  生き  いる  だろ う』と 考える よう  なり まし た。

わたし は,十     飲み 始め まし た。初め  うち  飲む  気分  良く なり まし  が,飲み過ぎる  良心  呵責  感じ,生き  いる    意味  思え まし た。やがて,ふさぎ込む よう  なり,幾     引きこもる こと  あり まし た。そして,自殺  考え 始め まし た。

20   なっ て,一時   慰め  与え  くれる もの  見つけ まし た。ヘビーメタル 音楽  出会っ   です。わたし  その 音楽  聞い  気分  高揚 し,ヘビーメタル 好き   たち  探し まし た。髪  長く 伸ばし,耳  ピアス  し,好き  ミュージシャン たち  同じ よう  格好   まし た。そう   いる うち に,わたし  向こう見ず  攻撃   人間  なっ  ゆき,家族   しばしば 口論 する よう  なり まし た。

ヘビーメタル 音楽  聞け  幸福  なれる  思っ   まし  が,実際     こと  生じ   まし た。人格  変わり つつ あっ   です。そして,尊敬     スター たち  不祥   知っ    は,裏切ら   よう  感じ まし た。

わたし は,また 自殺  考える よう  なり まし た。この  は,真剣 でし た。しかし,ただ   悲しま  たく ない  いう だけ  理由  思いとどまり まし た。母  わたし  とても 愛し,わたし  ため  多く  こと    くれ  から です。わたし  苦悩  まし た。生き   たく ない  に,自分    絶つ こと  でき ませ  でし た。

  紛らす ため,ロシア  古典 文学  読み 始め まし た。教会  ため  尽力   英雄  物語  読ん    時,突然,神  ため,人  ため      たい  いう 燃える よう  思い  駆ら  まし た。それで,生ま   初めて    から   祈り,『どう すれ  目的  ある 人生  送れる   教え  ください』と 願い まし た。そう 祈っ    時,自分   驚く ほど  安らぎ  感じ まし た。しかし その あと,さらに 驚く べき こと  起き まし た。ほんの 2 時間 後,一   エホバ  証人  戸口  訪れ て,わたし  聖書 研究  勧め   です。『祈り  対する 答え だ』と 思い まし た。わたし  とっ  その  は,幸福  人生  門出  なり まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

非常  困難  こと でし  が,ヘビーメタル 関連  物品  すべて 処分  まし た。それでも,その 音楽 は,長い 間,頭 から 消え ませ  でし た。歩い    その 音楽  聞こえ   たり する と,すぐ  自分  過去  よみがえり まし た。わたし は,そう     思い出 を,今や 自分  思い    根づき 始め    良い もの  混ぜ合わせ たく ない,と 思い まし た。それで,意識   その よう  場所  避け まし た。また,過去  こと  くよくよ 考え そう  なっ    は,熱烈  祈り まし た。そう する こと は,「一切  考え  勝る   平和」を 享受 する 助け  なり まし た。―フィリピ 4:7

また,聖書 研究  通し て,クリスチャン   自分  信仰    人々  伝える 義務  ある,と いう こと  学び まし た。(マタイ 28:19,20)しかし 正直  ところ,『そんな こと,自分   絶対 でき ない』と 思い まし た。同時 に,学ん  いる 新しい 事柄 から,深い 幸福     平安  味わっ     で,こう   真理    人々  学ぶ 必要  ある,と いう こと  分かっ   まし た。それで,不安  抱き ながら も,自分  学ん  事柄      話し 始め まし た。すると,自分   驚い  こと に,聖書  つい      話す こと  自信  持てる よう  なり,新た  信じ  事柄  自分      しっかり とどまる よう   なり まし た。

どんな   受け  か:

わたし     幸福  結婚 生活  送り,妹    含め     たち  聖書  教える 喜び  あずかっ   ます。神  仕え,他      つい  学ぶ   助ける こと  より,わたし  人生  本当  意味  ある もの  なっ   ます。