内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 近づく

エホバは感情を持っておられますか

エホバは感情を持っておられますか

この​問い​に“はい”と​答える​の​で​あれ​ば,人間​の​行ない​は​神​の​感情​を​動かす​か,つまり,人間​は​行動​に​よっ​て​神​を​喜ばせ​たり​不快​に​させ​たり​する​こと​が​ある​か,と​いう​疑問​が​生じ​ます。古代​の​ある​哲学​者​たち​は,その​よう​な​こと​は​ない​と​述べ​まし​た。『神​は,どんな​人間​の​影響​も​受け​ない​の​だから,感情​など​持た​ない』と​いう​の​です。しかし,聖書​の​教え​は,それ​と​は​異なり​ます。エホバ​が​優しい​感情​を​持っ​て​おら​れ,わたしたち​の​行なう​こと​に​深い​関心​を​抱い​て​おら​れる,と​教え​て​い​ます。詩編 78​編​40,41​節​を​見​て​み​ましょ​う。

詩編 78​編​に​は,神​が​古代​イスラエル​を​どの​よう​に​扱わ​れ​た​か​が​述べ​られ​て​い​ます。エホバ​は,イスラエル​国民​を​エジプト​で​の​奴隷​状態​から​救出​し​た​後,彼ら​に​ご自分​と​の​特別​の​関係​に​入る​機会​を​差し伸べ,『あなた方​が​わたし​の​与える​律法​に​従い​続ける​なら,わたし​は​あなた方​を「特別​な​所有​物」とし,わたし​の​目的​を​果たす​ため​に​驚く​べき​方法​で​用いる』と​約束​なさい​まし​た。民​は​それ​に​同意​し​て,律法​契約​に​入り​まし​た。では,その​同意​し​た​事柄​に​従っ​て​行動​し​た​でしょ​う​か。―出エジプト​記 19:3‐8

エホバ​の​ため​に​できる​こと​で,その​心​に​喜び​を​もたらす​生き方​以上​に​価値​ある​こと​は​あり​ませ​ん

詩編​作者​は,『彼ら​は​幾たび​荒野​で​神​に​反逆​し​た​こと​か』と​述べ​て​い​ます。(40​節)そして​次​の​節​で,『彼ら​は​繰り返し​神​を​試し​た』と​も​述べ​て​い​ます。(41​節)筆者​が​度重なる​反逆​を​描写​し​て​いる​こと​に​注目​し​て​ください。そう​し​た​醜い​精神​は,早く​も,エジプト​から​救出​さ​れ​て​間​も​なく​荒野​で​明らか​に​なっ​た​の​です。民​は​神​に​対し​て​つぶやく​よう​に​なり,神​に​自分​たち​を​世話​する​能力​と​意志​が​ある​の​か​どう​か​を​疑い​まし​た。(民数記 14:1‐4)聖書​翻訳​者​向け​の​ある​ハンドブック​に​よれ​ば,「神​に​反逆​し​た」と​いう​言葉​は,「慣用​表現​を​使う​と,『神​に​対し​て​心​を​かたくな​に​し​た』あるいは『神​に​対し​て「いや​だ」と​言っ​た』と​訳せる」よう​です。エホバ​は,民​が​悔い改める​と,憐れ​に​思っ​て​民​を​お許し​に​なり​まし​た​が,民​は​またもや​以前​の​よう​に​反逆​し,それ​を​繰り返し​まし​た。―詩編 78:10‐19,38

エホバ​は,移り気​な​民​が​反逆​する​たび​に,どういう​気持ち​に​なら​れ​た​でしょ​う​か。「彼ら​は……神​に​痛み​を​覚え​させ​た」と40​節は​述べ​て​い​ます。別​の​翻訳​で​は,「神​を​悲嘆​さ​せ​た」と​表現​さ​れ​て​い​ます。ある​聖書​関係​の​参考​書​は​こう​説明​し​て​い​ます。「つまり,ヘブライ​人​の​行ない​が―不​従順​で​反抗​的​な​子ども​の​行ない​と​同じ​よう​に―苦痛​を​引き起こし​た,と​いう​こと​で​ある」。手​に​負え​ない​子ども​が​親​に​多大​の​心痛​を​もたらす​の​と​同じ​よう​に,反逆​的​な​民​は「イスラエル​の​聖​なる​方​に​痛み​を​与え​た」の​です。―41​節

この​詩編​から​何​を​学べ​ます​か。エホバ​が​ご自分​の​崇拝​者​たち​に​強い​愛着​を​抱い​て​おら​れ,すぐ​に​捨て去っ​たり​は​され​ない,と​いう​の​は​心強い​こと​です。同時​に,エホバ​が​感情​を​持っ​て​おら​れ,わたしたち​の​行ない​が​エホバ​の​感情​を​動かす​と​思う​と,身​が​引き締まり​ます。その​こと​を​知っ​て​いれ​ば,正しい​行ない​を​し​よう​と​いう​気持ち​に​なる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

罪深い​歩み​を​し​て​エホバ​の​心​に​苦痛​を​もたらす​の​で​は​なく,廉直​な​歩み​を​し​て​その​心​を​喜ばせる​よう​に​し​ましょ​う。エホバ​が​ご自分​の​崇拝​者​に​求め​て​おら​れる​の​は​まさに​その​こと​です。「我​が​子​よ,賢く​あっ​て,わたし​の​心​を​歓ばせ​よ」と​言っ​て​おら​れ​ます。(箴言 27:11)エホバ​の​ため​に​できる​こと​で,その​心​に​喜び​を​もたらす​生き方​以上​に​価値​ある​こと​は​あり​ませ​ん。

7​月​の​聖書​通読​の​範囲: