ロシア国民皆さんへ: この​記事​の​内容​が​公表​さ​れる​こと​に​より,230​余り​の​国​や​地域​に​住む​何億​も​の​人々​は,ロシア​で​信教​の​自由​が​不当​に​弾圧​さ​れ​て​いる​と​いう​事実​を​知る​こと​に​なり​ます。「ものみの塔」誌​は​全​世界​で​最も​広く​翻訳​され​配布​さ​れ​て​いる​雑誌​で​あり,この​記事​は​188​の​言語​に​翻訳​さ​れ,4,000万​部​余り​発行​さ​れ​ます。政府​高官​たち​の​中​に​は,ロシア​の​エホバ​の​証人​に​起き​て​いる​事柄​を​国際​社会​に​知ら​れ​たく​ない​人​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,イエス​の​述べ​た,「注意深く​秘め​られ​て​いる​もの​で​表わし示さ​れ​ない​もの​は​なく,知ら​れ​ない​で​終わる​秘密​は​あり​ませ​ん」と​いう​言葉​どおり​に​なる​でしょ​う。―ルカ 12:2

ロシア​の​二つ​の​最高​裁判​所​は,2009​年​12​月​と​2010​年​1​月​に,エホバ​の​証人​の​宗教​を​過激​主義​的​で​ある​と​の​判決​を​下し​まし​た。歴史​は​繰り返す​よう​に​思わ​れ​ます。ソ連​時代​の​ロシア​で​も​幾千​人​も​の​証人​たち​が​不当​に​も​国家​の​敵​と​し​て​非難​さ​れ,流刑​に​処さ​れ​たり,投獄​さ​れ​たり,強制​労働​収容​所​に​入れ​られ​たり​し​まし​た。その​体制​が​崩壊​し​た​後,エホバ​の​証人​は​無実​の​罪​を​晴らさ​れ,新​政府​に​より​公式​に​名誉​を​回復​さ​れ​まし​た。 * ところが,いま​再び,一部​の​人々​が​何​と​し​て​でも​証人​たち​の​名誉​を​傷つけ​よう​と​し​て​いる​よう​です。

2009​年​の​初頭,当局​は​エホバ​の​証人​の​信教​の​自由​に​対する​攻撃​を​開始​し,2​月​だけ​で​も​国じゅう​で​500​件​余り​の​家宅​捜索​を​行ない​まし​た。どんな​目的​で​行なっ​た​の​でしょ​う​か。証人​たち​に​よる“違法​行為”を​特定​する​ため​です。その​後​数​か月​に​わたっ​て​警察​は,平和​な​宗教​的​集会​が​行なわ​れ​て​い​た​王国​会館​や​個人​の​家​に​踏み込み,出版​物​や​個人​の​所有​物​を​押収​し​まし​た。そして​当局​は,証人​たち​の​弁護​を​支援​し​て​い​た​外国​の​法律​家​たち​を​国外​に​追放​し,再​入国​を​禁じ​まし​た。

2009​年​10​月​5​日,税関​当局​は,サンクトペテルブルク​近く​の​国境​で,聖書​に​基づく​出版​物​から​成る​積み荷​を​差し押さえ​まし​た。それら​は​ドイツ​で​印刷​さ​れ,ロシア​各地​の​多く​の​会衆​へ​送ら​れる​もの​で, それ​を​検査​し​た​の​は,ロシア​税関​の​危険​密輸​品​担当​の​特別​班​でし​た。なぜ​検査​し​た​の​でしょ​う​か。公​文書​に​よれ​ば,それ​に​は「宗教​的​不和​を​引き起こす​こと​を​意図​し​た​出版​物​が​含ま​れ​て​いる​可能​性​が​ある」から​です。

その​後​間​も​なく,嫌がらせ​の​波​は​最高潮​に​達し,ロシア​連邦​と​アルタイ​共和​国(ロシア​の​一部)の​最高裁​が,本誌​を​はじめ​証人​たち​の​用いる​幾つ​か​の​出版​物​は​過激​主義​的​で​ある,と​の​判決​を​下し​まし​た。エホバ​の​証人​は​提訴​し,国際​社会​も​懸念​を​表明​し​まし​た​が,無駄​でし​た。現在​その​裁定​は​有効​と​され,聖書​に​基づく​それら​の​出版​物​の​輸入​や​配布​は​ロシア​で​違法​と​され​て​い​ます。

証人​たち​は,自分​たち​の​名誉​を​傷つけ​たり​活動​を​制限​し​たり​し​よう​と​する,その​よう​な​反対​運動​に​どう​対処​し​た​でしょ​う​か。また,裁判​所​の​そう​し​た​裁定​は,ロシア​国民​すべて​の​信教​の​自由​に​どんな​影響​を​及ぼす​でしょ​う​か。

増大​する​脅威​に​直ちに​対処​する

ウラジーミル​・​リトビン(81​歳)は,14​歳​の​時​に​クラスノヤルスク​地方​へ​流刑​に​され​まし​た。キャンペーン​を​行なう​金曜​日​の​早朝,エホバ​の​証人​の​一​グループ​を​率い​て,皆​で​特別​な​パンフレット​を​配布​し​まし​た

2010​年​2​月​26​日,金曜​日,ロシア​全土​の​エホバ​の​証人​約​16万​人​は,「また​繰り返さ​れる​の​か―ロシア​国民​へ​の​問いかけ」(ロシア​語)と​いう​特別​な​パンフレット​1,200万​部​を​配布​し​始め​まし​た。例えば,シベリア​の​都市​ウソーリエ​・​シビルスコエ​で​は,何百​人​も​の​証人​たち​が​午前​5​時​半​に​街路​に​集合​し​まし​た。その​中​に​は,1951​年​に​信仰​の​ゆえに​シベリア​へ​流刑​に​処さ​れ​た​人​たち​も​い​まし​た。それら​証人​たち​は,零下​40​度​と​いう​気温​を​物​と​も​せ​ず​に,割り当て​られ​た​2万​枚​の​パンフレット​を​配布​し​まし​た。

ニコライ​・​ヤシンスキー(73​歳)も​キャンペーン​に​熱心​に​参加​し​まし​た。そして,「国​が​再び​私たち​を​迫害​し​て,エホバ​を​崇拝​する​私たち​の​権利​を​奪お​う​と​し​て​いる,と​いう​の​は​本当​でしょ​う​か」と​問いかけ​まし​た

エホバ​の​証人​は,3​日​間​に​わたる​この​キャンペーン​に​つい​て,ロシア​の​首都​モスクワ​で​記者​会見​を​行ない​まし​た。招か​れ​た​講演​者​の​一​人​で​人権​研究​所​の​専門​家​レフ​・​レビンソン​氏​は,ナチス​・​ドイツ​と​ソ連​に​おい​て​エホバ​の​証人​が​経験​し​た​無​分別​な​嫌がらせ​や​迫害​に​つい​て​手短​に​述べ,証人​たち​が​その​後​公式​に​無実​の​罪​を​晴らさ​れ​た​こと​を​話し​まし​た。そして,「ソ連​時代​に​迫害​さ​れ​て​い​た​宗教​団体​すべて​は,エリツィン​大統領​の​布告​に​よっ​て​名誉​回復​を​宣言​さ​れ​まし​た。また,それら​の​人々​が​失っ​た​すべて​の​もの​は,その​人々​に​戻さ​れ​た​はず​です。エホバ​の​証人​は​ソ連​の​体制​下​で​は​特に​資産​を​有し​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,その名誉回復まし」と​も​語り​まし​た。

その​名誉​が​再び​脅威​に​さらさ​れ​て​い​ます。「遺憾​の​意​を​表明​し​た​ その​同じ​国​で,それら​の​人々​が,またもや​全く​いわれ​の​ない​迫害​に​遭っ​て​いる​の​です」と​レビンソン​氏​は​述べ​まし​た。

キャンペーン​は​人々​の​共感​を​得る

パンフレット​配布​キャンペーン​は​目的​を​達成​し​た​でしょ​う​か。レビンソン​氏​は​こう​語り​まし​た。「私​は,この[記者]会見​に​来る​途中,地下鉄​に​乗っ​て​いる​人々​が​座席​で​小さな​パンフレット​を​読ん​で​いる​の​を​目​に​し​まし​た。それ​は​エホバ​の​証人​が​今日​ロシア​じゅう​で​配っ​て​いる​もの​です。……今​も​人々​は​腰​を​下ろし​て​それ​を​読ん​で​い​ます。一心​に​読ん​で​いる​の​です」。 * 例えば,次​の​よう​な​経験​談​が​あり​ます。

ロシア​中部​の,圧倒​的​に​イスラム​教徒​が​多い​地域​に​住ん​で​いる,ある​年配​の​女性​は,パンフレット​を​受け取っ​て,何​の​こと​な​の​か​と​尋ね​まし​た。それ​が​ロシア​に​おける​人権​と​自由​に​関する​こと​だ​と​聞き,興奮​し​て​こう​言い​まし​た。「ついに​この​問題​に​注意​を​向ける​人​が​現​われ​た​の​ね。ロシア​は​この​点​で​は​ソ連​時代​に​逆戻り​し​て​い​ます​もの。どうも​ありがとう。頑張っ​て​ください!」

パンフレット​を​差し出さ​れ​た,チェリャビンスク​の​女性​は,こう​言い​まし​た。「この​パンフレット​なら,もう​読ま​せ​て​いただき​まし​た​よ。私​は​全面​的​に​皆さん​を​支持​し​て​い​ます。この​よう​に​組織​的​に​自ら​の​信仰​を​擁護​する​宗教​団体​は​ほか​に​ない​と​思い​ます。皆さん​は​装い​も​素敵​です​し,常​に​巧み​に​行動​し​て​おら​れ​ます。そして,自分​たち​の​信じ​て​いる​事柄​に​強い​確信​を​抱い​て​おら​れる​こと​は​明らか​です。私​に​は,神​が​皆さん​と​共​に​おら​れる​よう​に​思え​ます」。

サンクトペテルブルク​で​は,その​パンフレット​を​すでに​受け取っ​た​と​いう​男性​が,読ん​だ​事柄​を​どう​思っ​た​か​尋ね​られ​て,こう​答え​まし​ た。「良かっ​た​です​よ。あれ​を​読ん​で,鳥肌​が​立ち,泣け​て​き​まし​た。[ソ連​時代​に]弾圧​さ​れ​て​い​た​祖母​から,共​に​投獄​さ​れ​て​い​た​人​たち​に​つい​て​いろいろ​聞い​て​い​まし​た。犯罪​者​も​大勢​い​まし​た​が,無実​で​あり​ながら​自分​の​信仰​の​ため​に​投獄​さ​れ​て​い​た​人​たち​も​い​た​そう​です。何​が​あっ​た​の​か​を​すべて​の​人​が​知る​べき​だ​と​思い​ます。ですから,皆さん​は​正しい​こと​を​し​て​おら​れる​の​です」。

ロシア​に​は​どんな​将来​が​ある​か

ステパン​・​レビツキー(85​歳)と​妻​の​エレナ。レビツキー​は,「ものみの塔」誌​を​たった​の​1​冊​持っ​て​い​た​だけ​で,刑務​所​で​10​年​間​過ごし​まし​た

ロシア​の​エホバ​の​証人​は,これ​まで​20​年​間​に​得​て​き​た​ある​程度​の​自由​を​高く​評価​し​て​い​ます。と​は​いえ,自由​と​いう​もの​が​容易​に​なくなっ​て​しまう​こと​を​よく​知っ​て​い​ます。証人​たち​を​中傷​する​最近​の​動向​から​し​て,ロシア​が​また​弾圧​の​暗黒​時代​に​逆戻り​し​て​しまう​の​か​どう​か​は,時​が​たっ​て​み​なけれ​ば​分かり​ませ​ん。

エホバ​の​証人​は,どんな​こと​が​あろ​う​と​も​平和​と​希望​に​関する​聖書​の​音信​を​宣べ伝え​続ける,と​堅く​決意​し​て​い​ます。今回​の​特別​の​パンフレット​に​は,その​決意​の​ほど​が​こう​要約​さ​れ​て​い​ます。「弾圧​は​決して​成功​し​ない​でしょ​う。わたしたち​は​エホバ​神​と​その​み言葉 聖書​に​つい​て​巧み​に,かつ​敬意​を​こめ​て​語る​こと​を​やめ​ませ​ん。(ペテロ​第​一 3:15)ナチス​・​ドイツ​の​恐怖​の​下​に​あっ​た​時​に​も​やめ​ませ​ん​でし​た​し,この​国​の​弾圧​の​暗黒​時代​に​も​やめ​ませ​ん​でし​た。ですから,今後​も​やめ​ませ​ん。―使徒 4:18‐20」。

^ 3節  「名誉​回復​証書」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。

^ 13節 記者​会見​の​数​時間​前​に,モスクワ​の​エホバ​の​証人​が​その​パンフレット​を​配布​し​始め​て​い​まし​た。