内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 お子さん​を​教え​ましょ​う

寂しさや不安を感じることがありますか

寂しさや不安を感じることがありますか

多く​の​人​は​寂しさ​を​感じ​ます。本当​に​気遣っ​て​くれる​人​など​い​ない,と​思う​の​です。年配​の​人​は,よく​その​よう​な​気持ち​に​なり​ます。でも​今日​で​は,子ども​も​寂しさ​や​不安​を​感じ​ます。神​に​仕え​て​い​て​も,そういう​こと​が​ある​の​です。なぜだか,分かり​ます​か。 *

遠い​昔,イエス​が​生ま​れ​た​時​より​約​1,000​年​前​の,エリヤ​と​いう​人​の​こと​を​考え​て​み​ましょ​う。当時,イスラエル​の​人々​は,まこと​の​神​エホバ​に​仕える​こと​を​やめ​て,ほとんど​の​人​が​偽り​の​神​バアル​を​崇拝​する​よう​に​なっ​て​い​まし​た。『残っ​て​いる​の​は​私​だけ​です』と​エリヤ​は​言い​まし​た。でも,エホバ​に​仕え​て​い​た​の​は​本当​に​エリヤ​だけ​だっ​た​の​でしょ​う​か。

エリヤ​は​知り​ませ​ん​でし​た​が,イスラエル​に​は​まこと​の​神​を​崇拝​し​て​いる​人​が​まだ​ほか​に​も​い​まし​た。でも,それら​の​人​は​身​を​隠し​て​い​まし​た。恐れ​て​い​た​の​です。なぜ​だ​と​思い​ます​か。

イスラエル​の​王​アハブ​は,エホバ​に​仕え​て​おら​ず,自分​の​妻​で​あっ​た​邪悪​な​イゼベル​の​仕える​偽り​の​神​バアル​を​崇拝​し​て​い​まし​た。それで,イゼベル​と​アハブ​が,エホバ​に​仕え​て​いる​者​たち​を,とりわけ​エリヤ​を​見つけ出し​て​殺そ​う​と​し​て​い​た​の​です。その​ため​エリヤ​は​逃げ出し,荒野​を​進ん​で,480​㌔​ほど​先​の​ホレブ​まで​行き​まし​た。聖書​で​シナイ​と​も​呼ば​れ​て​いる​場所​です。エリヤ​の​時代​より​何百​年​も​前​に​そこ​で,エホバ​は​ご自分​の​民​に​十​の​おきて​と​その他​の​律法​を​お与え​に​なり​まし​た。エリヤ​ は​独り​で​ホレブ​の​洞くつ​に​隠れ​まし​た。エリヤ​は,恐れる​必要​など​あっ​た​でしょ​う​か。

それ​以前​に​エホバ​は,大きな​奇跡​を​行なう​ため​に​エリヤ​を​何​度​か​お用い​に​なり​まし​た。祈り​に​こたえ​て​天​から​火​を​送り,犠牲​を​焼き尽くさ​れ​た​こと​も​あり​ます。その​よう​に​し​て,バアル​で​は​なく​ご自分​こそ​が​まこと​の​神​で​ある​こと​を​証明​さ​れ​た​の​です。ところ​が​今,エリヤ​は​洞くつ​に​隠れ​て​い​ます。そこで​エホバ​は,エリヤ​に​語りかけ​まし​た。

「何​の​用​で​ここ​へ​来​た​の​か」と,お尋ね​に​なり​ます。エリヤ​が,『あなた​の​崇拝​者​で​残っ​て​いる​の​は​私​だけ​です』と​言っ​た​の​は​その​時​の​こと​です。それ​で​エホバ​は,優しく​エリヤ​を​正し,『わたし​に​仕え​て​いる​者​は,まだ​7,000​人​いる』と​言わ​れ​ます。そして​エリヤ​に,帰る​よう​命じ,エリヤ​に​は​なす​べき​仕事​が​ほか​に​も​ある​と​いう​こと​を​説明​なさい​まし​た。

エリヤ​の​例​から​どんな​こと​を​学べる​と​思い​ます​か。― エホバ​に​仕え​て​いる​人​で​も,時​に​は​恐れ​て​不安​な​気持ち​に​なる,と​いう​こと​です。ですから,若く​て​も​年老い​て​い​て​も​皆,エホバ​に​頼る​必要​が​あり​ます。『エホバ​は,ご自分​を​呼び求める​すべて​の​者​の​近く​に​おら​れる』と​聖書​は​保証​し​て​い​ます。

また,エホバ​を​愛し,わたしたち​を​愛し​て​いる​兄弟​姉妹​が​至る所​に​いる,と​いう​こと​も​学べ​ます。「苦しみ​を​忍ぶ​点​で​の​同じ​こと​が,世​に​いる​あなた方​の​仲間​の​兄弟​全体​の​中​で​成し遂げ​られ​て​いる」の​です。あなた​も,決して​独りぼっち​で​は​ない​こと​を​知っ​て,うれしく​思う​の​で​は​あり​ませ​ん​か。

^ 3節 お子さん​と​一緒​に​読ん​で​いる​の​で​あれ​ば,ダッシュ(―)の​所​で​休止​を​入れ,お子さん​の​答え​を​聞い​て​みる​こと​が​でき​ます。