アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2010年10月

祈り―いつ,どこで祈るかは重要か

祈り―いつ,どこで祈るかは重要か

あなたお気づきしれませが,主要宗教多く凝っ造り礼拝重視ます。一日うち祈りささげる時間定めいる宗教あります。聖書祈りささげる場所時間限定ますか。

聖書は,祈るふさわしい機会あること示します。例えばイエスは,弟子たち食事するに,神感謝祈りささげました。(ルカ 22:17)さらに,イエス弟子たち崇拝ため集まっ一緒祈りました。こう彼らは,長年ユダヤ会堂エルサレム神殿行なっ慣行倣いました。神意図おらは,その神殿が「あらゆる国民ため祈り家」となることでした。―マルコ 11:17

たち集まっ一緒祈る時,その請願効果あります。人々気持ち一つし,皆代表するささげる祈り聖書原則沿っものあるなら,神喜ばます。神その祈り動かされ,さもなければ行なわなかっ事柄行なっくださることさえあります。(ヘブライ 13:18,19)エホバ証人集会いつも,皆祈ります。どうぞお近く王国会館おいでなり,どんな祈りささげられいるか,お聞きなっください。

それでも聖書は,祈りささげる時間場所限定ません。神たち時間場所かかわりくささげた祈り聖書記さます。イエスこう述べました。「あなた祈るときは,自分私室入り,戸閉じから,ひそかところおられるあなた祈りなさい。そうすれば,ひそかおられるあなた報いくださるでしょう」。―マタイ 6:6

祈りは,いつも,どこささげることできる

これ心強い勧めないでしょか。宇宙主権あるいつも,プライバシー保ちながら近づけるです。しかも,神注意払っくださること確信できます。イエス祈るため,しばしば独りなろ理解できます。あるじゅう祈りました。非常重要決定下すため導き求めでしょう。―ルカ 6:12,13

男女問わず,聖書人物も,重要決定迫らたり問題圧倒そうなったり祈りました。声出し祈ることあれば,無言祈ることありました。他たち祈ることも,独り祈ることありました。大切は,彼ら祈っことです。神ご自分たちに,「絶え祈りなさい」という勧めさえ与えおらます。(テサロニケ一 5:17)ご意志行なうささげる祈り制限設けおらず,快く聴いくださるです。これ愛情深い勧めないでしょか。

いえ,物事疑う傾向られる今日世界で,祈り実際価値あるどういぶかる少なくありません。そのため,『祈り本当自分助けなるだろか』という疑問生じるしれません。