アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2010年10月

祈り―なぜ?

祈りは聖書に関連した論題の中でも,とりわけ興味や好奇心を誘います。祈りは本当に必要なのでしょうか。

祈り―だれに?

すべての祈りは同じところに達するのでしょうか。実際には非常に多くの祈りが間違った対象に向けられている,ということを聖書は示しています。

祈り―どのように?

どのように祈るべきか」という質問に対して,聖書はより重要な面に注意を向けています。

祈り―どんなことを?

「主の祈り」とも呼ばれる模範的な祈りの中で,イエスは祈る際に覚えておくべき優先順位を定めておられました。

祈り―いつ,どこで祈るかは重要か

聖書は祈りをささげる場所や時間を限定しているでしょうか。

祈り―助けになるか

祈りには身体面,感情面,そして何よりも霊的な面で多くの益があります。

祈り―神は答えてくださるか

聖書は,エホバが今日でも祈りに確かに耳を傾けてくださることを示しています。祈りが聞かれるかどうかは,かなりの程度,わたしたちにかかっています。

地球を変える王国

イエスは,神の王国について祈るようにと教えました。神の王国が来ると,地球はどんなところになると思いますか。