アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2010年7月

名前を持つ神を知ることは可能か

名前を持つ神を知ることは可能か

重要人物から,名前呼んほしい言われるは,名誉ことです。国要人は,「大統領」,「陛下」といっ称号呼ばれる場合多いものです。それで,地位高いから,「名前呼んください」と言われるなら,そのこと栄誉思う違いありません。

は,ご自分言葉 聖書で,「わたしエホバある。それわたしある」と述べおらます。(イザヤ 42:8)神は,「創造者」,「全能者」,「主権なる主」などさまざま称号あります。それでも,いつ時代も,忠実人々ご自分エホバいう呼ぶよう勧め,彼ら重んじました。

例えば,ある預言モーセは,「お許しください,エホバよ」と言っ嘆願ました。(出エジプト記 4:10)ソロモンエルサレム神殿献堂際,祈り始めに「エホバよ」と呼びかけました。(列王一 8:22,23)預言イザヤは,イスラエルため祈っ時,「エホバよ,あなたわたしたちです」と言いました。(イザヤ 63:16)天が,ご自分呼ぶよう勧めおられること明らかです。

エホバ呼ぶこと重要ですが,エホバ本当知るは,それ以上こと求められます。エホバは,ご自分愛し信頼するついて,「彼わたし知るようなっで,わたし保護する」と約束おらます。(詩編 91:14)それで,神知ること多く事柄関係ます。わたしたち保護いただけるどう左右するからです。では,エホバいう名前持つ知るために,何求められるでしょか。