アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2010年3月

聖書は神の言葉ですか

聖書は神の言葉ですか

「聖書全体霊感受けもので,教え,戒め,物事正し,義そっ訓育する有益です。それは,神十分能力備え,あらゆる良い対し全く整えられなるためです」。―テモテ二 3:16,17

使徒パウロは,聖書卓越価値あることを,上よう述べました。なんと力強い言葉でしょう。もちろん,この場合聖書は,当時入手でき部分,いわゆる旧約聖書ことです。といえ論理言って,パウロこの言葉は,西暦1世紀イエス忠実弟子たち書いもの含む,聖書66全巻同じよう当てはまります。

その聖書を,あなたパウロ同じよう高く評価おらますか。聖書筆者たち本当霊感受け書いた,と思わますか。1世紀クリスチャンたちは,そう思っました。その信念は,続く世紀間,全く揺るぎませでした。例えば,14世紀英国聖職あっジョンウィクリフは,聖書を「真理絶対定規」とみなしました。上引用パウロ言葉関して,「新聖書辞典」(英語)には,「ゆえに,[神よる]霊感こそ,聖書主張すべて真実あること保証するものある」と述べられます。

聖書対する態度変わる

ところが,近代なって,聖書権威対する確信弱まっました。「世界宗教」(英語)というよれば,「表向きは,すべてクリスチャンが[今も]聖書を,自分行動指針する自分信条形成するも,権威あるもの受け入れいる」 ことなっます。しかし実際は,そうありません。今や多くが,聖書は「人間よる確か伝承」にすぎない,と考えます。それら聖書筆者たちことを,非常霊性高かっ認めながらも,しょせん誤り犯しがち人間あり,深い霊的真理説明よういえ,今日よう知識啓発与えられなかった,とます。

ところ,今日,聖書本当意味自分考え行動指針いるは,ごくわずかです。ですから,『聖書道徳規準全く時代後れあり,役立たない』というよくます。自分都合よい聖書律法原則しか従わない少なくありません。無視する得策思える場合全く無視するさえます。クリスチャン自称するたちも,淫行姦淫,不正直,酒酔うことなどつい聖書述べいる事柄平然無視するたちます。―コリント一 6:9,10

なぜでしょか。20世紀初期考古チャールズマーストンは,その理由一つ自著「聖書真実ある」(英語)の明らかます。それよると,人々あまりに性急に,聖書完全否定する「現代著述たち憶測多く文句言わ受け入れた」ということです。今日やはりそう言えるでしょか。聖書対する確信弱めさせる,学たち見解仮説どう見るべきでしょか。次記事述べられいる事柄検討ください。