アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2010年3月

聖書の四福音書を信頼できるのはなぜか

聖書の四福音書を信頼できるのはなぜか

「それ成功収めいる。莫大制作かけ映画……やベストセラー本……の題材なっいる。キリスト諸派受け入れられおり,幾つ教派陰謀生み出しいる」。―ブラジルニュース雑誌「スーペルインテレッサンテ」。

それほど熱狂引き起こしいるものは,何でしょか。その雑誌取り上げは,20世紀半ばエジプトナグハマディその他場所発見た,一連正典福音書,書簡,黙示などめぐる,近年世間一般関心動向ことです。それらおよび同類文書は,一般グノーシス文書もしくは外典(アポクリファ)の呼ばました。 *

陰謀あっ

グノーシス文書ない外典は,人々一般聖書正統信仰対し懐疑なっいる時代あって,共感呼んいるようです。それらは,イエスキリスト教えキリストそのもの対する多く見方多大影響及ぼしました。ある雑誌こう述べます。「トマス福音など外典[の書]は,現代社会あっ増大ゆく階層,すなわち霊的もの切望ながら宗教不信抱く人々とらえいる」。ブラジルだけも「そう外典基づく信条奉じいる宗教グループが,少なく30ある」と推定ます。

それら文書発見結果,広まっが,西暦4世紀カトリック教会イエスつい真実覆い隠すため陰謀企てた,というです。外典載せられイエス生涯関する一部記述排除おり,現代聖書含まいる四つ福音改ざんものある,というです。宗教教授イレインペイガルズ女史は,そのことついこう述べます。「今や,キリスト 呼ばいるもの―また,キリスト伝統みなさいるもの―が,実あまた情報から抜き出さごくわずか特定情報しか基づいない,ということ明らかなった」。

ペイガルズようよれば,聖書正典クリスチャン信仰なる唯一ものなく,ほか外典など情報あることなります。例えば,英国放送協会(BBC)の「聖書なぞ」と題する番組一つ,「マリアマグダレネ真実」のは,外典マリアマグダレネを「他弟子たち教師また霊的指導者。単なる弟子なく,使徒たち使徒」といること取り上げられました。マリアマグダレネ果たしいう役割ついて,フアンアリアスブラジル新聞「オーエスタドサンパウロ」のこう書います。「今日,あらゆる証拠からて,イエス創始初期キリスト運動は,いたって“女性解放的”だっ考えざるない。なぜなら,当初女性たち自分教会用い,そこで女性たち司祭司教務め果たしからある」。

聖書正典より外典記さいる事柄ほうはるか価値ある,と思っいる少なくありません。しかし,そのこと考えると,次よう幾つ重要疑問生じます。そう外典は,クリスチャン信仰するべき情報でしょか。それ聖書はっきり教え相いれない場合,どちら信じるべきでしょか。聖書ですか,それ外典ですか。また4世紀は,イエスマリアマグダレネその他人物つい重要情報排除するため,外典禁じ,四つ福音改ざんする,という陰謀本当あっでしょか。そう疑問対する答え得るために,聖書福音一つ,ヨハネ福音つい考えましょう。

ヨハネ福音見る証拠

20世紀初頭,エジプトで,ヨハネ福音貴重断片見つかり,現在ライランズパピルス 457(P52)知らます。この断片は,現代聖書ヨハネ 1831‐33,37,38相当する部分含んおり,英国マンチェスタージョンライランズ図書保管ます。現存するクリスチャンギリシャ聖書最古写本断片です。多くそれ西暦125ごろ書かもの考えます。つまり,ヨハネ死後四半世紀しかたっないころ書かた,ということです。驚くべきことに,その断片内容は,後代写本内容ほぼ正確一致ます。ヨハネ福音ごく古い時代写しそれら断片発見エジプトすでに流布ことは,聖書示すとおり,ヨハネよる良いたよりまさに西暦1世紀ヨハネ自身よっ記さた,という結論裏づけます。ですから,ヨハネは,その時代生き物事実際見聞き書いものです。

一方,ここ述べ外典すべて,そこ記さいる出来事あっから100以上の,2世紀以降ものです。専門は,これら外典それ以前書物伝承基づいいる,と論じようするますが,そう言える証拠ありません。ですから,こう問いかけるふさわしいことです。あなたどちら信じますか。目撃証人 言葉ですか,それ出来事100生きたち述べることですか。答え明らかです。 *

ライランズパピルス 457(P52)は,西暦2世紀の,ヨハネ福音断片あり,原文書かからわずか数十もの

では,聖書福音イエス生涯関する幾つ記述排除するため改ざんた,という主張ついどうでしょう。例えば,ヨハネ福音西暦4世紀改ざん事実歪曲た,ということ示す証拠あるでしょか。その答え知るため念頭置く必要あることは,現代聖書主要底本なっいるが,バチカン 1209呼ばれる4世紀写本ある,ということです。もしわたしたち持っいる聖書に,4世紀なさ修正含まいるたら,そう修正その写本られるはずです。幸いことに,それの,ボドメル 14,15(P75)知られる,ルカヨハネ大半含む写本あります。それ西暦175から225までものです。専門たちよれば,その写本本文バチカン 1209近似ます。つまり,聖書福音実質変わっない,ということです。バチカン 1209その証拠なっいるです。

字句も,ヨハネ福音また福音本文4世紀改ざんいうよう証拠一つありません。ケンブリッジ大学ピーターMヘッド博士も,エジプトオクシリンコス発見一連写本断片調査て,こう書います。「一般て,これら写本は,現代校訂ベースなっいるアンシャル写本[4世紀以降文字写本]の本文確か証明いる。こので,新約[聖書]の本文ごく早い時代から伝達ことついて,大幅理解調整迫るようものない」。

4世紀写本あるバチカン 1209(上)は,福音写本本文ほとんど変わっないこと示しいる

どんな結論下せる

正典ある福音書―マタイ,マルコ,ルカ,ヨハネ各書―は,少なく2世紀半ばまでは,クリスチャンたち例外なく受け入れられました。西暦160から175までまとめられ,広く用いられた,タティアノスの「ディアテッサロン」(「四つ通して」という意味ギリシャ語)は,正典ある福音だけ典拠し,グノーシス主義の“福音書”のどれ典拠ません。( 「四福音擁護する初期試み」いう囲み記事ご覧ください。)また,西暦2世紀終わりごろイレナエウス述べ言葉も,注目値します。イレナエウスは,地球東西南北いう四つ方角あり,それぞれ方角から吹く四つある同じように,四つ福音なけれならない,と力説です。その比較正しいどう疑問も,イレナエウス言葉は,当時,正典福音四つしかなかっこと裏づけます。

そう事実すべてから,どんなこと分かるでしょか。わたしたち今日持っいるような,四福音含むクリスチャンギリシャ聖書は,2世紀以来,基本変わっない,ということです。4世紀陰謀企てられて,神霊感よる聖書一部変えられた,もしくは排除た,と信じるべき有力理由何一つありません。それどころか,聖書 ブルースメツガーは,こう書います。「2世紀すでに,……地中海一円だけなくブリタニアからメソポタミア至る広範地域散在た,多様信徒から成る会衆で,新約聖書大方部分関して,高いレベル合意られた」。

使徒パウロペテロも,神言葉真理擁護し,仲間クリスチャンに,自分たち教え異なる教え受け入れたり信じたりないよう,強く警告ました。例えば,パウロテモテあてて,こう書います。「テモテよ,あなた託さいるもの守り,聖なる事柄汚すむだや,誤って『知識』ととなえられいるものよる反対から離れなさい。あるたちは,そう知識見せびらかそしたため信仰からそれ行きました」。ペテロも,こう証言ます。「そうです,わたしたちが,わたしたちイエスキリスト臨在ついあなた方知らせは,巧み考え出さ作り話よっなく,その荘厳目撃証人なっことよるです」。―テモテ一 6:20,21。ペテロ二 1:16

その昔,預言イザヤは,霊感もとこう述べました。「青草干からび,花枯れた。しかしわたしたち言葉は,定めない至るまで保つある」。(イザヤ 40:8)わたしたちイザヤ同じように,聖書霊感もと書かは,聖書代々わたっ存続するようもし,「あらゆる救わて,真理正確知識至る」ことできるようされた,という確信持てます。―テモテ一 2:4

^ 3節 「グノーシス」また「アポクリファ」のギリシャそれぞれ,「秘められ知識」また「注意深く隠さもの」を意味することあります。これらは,クリスチャンギリシャ聖書正典福音書,「使徒たち活動」,手紙,啓示など模倣た,偽造もしくは正典指し用いられます。

^ 11節 外典関するもう一つ難点は,わずか写本しか残っないことです。この記事触れられいる「マリアマグダレネ福音書」は,小さな二つ断片と,原文半分なくなっいる思われる,もう少し長い写しあるだけです。しかも,これら入手できる写本相互幾つ大きな差異あります。