アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2009年12月

 お子さん教えましょ

エレミヤはやめてしまわなかった

エレミヤはやめてしまわなかった

こと気落ちて,もうやめしまいたい思っことありますか。― * そういう気持ちなっことある少なくありません。若いエレミヤそうでした。といえエレミヤは,他から言わたりされたりも,やる気なくしませでした。では,エレミヤとっどのよう特別だっか,それほどどうしてやめしまいたい思っか,お話しましょう。

エレミヤ生まれるから,まことエホバエレミヤを,預言なるおらました。それは,『イスラエル喜ばせない』ということ伝えさせるためです。何エレミヤエホバ言っか,知っますか。― こう言っです。「わたし一体どのよう話したらよいか,それさえ分かりません。わたし少年すぎないからです」。

エホバエレミヤどうお答えなっ思いますか。― 優しく,しかしはっきりと,こう言わました。「『わたし少年すぎない』と言っならない。かえって,あなたわたし遣わすすべてたちところ行かなけれならない。わたしあなた命ずることみなべきある。……恐れならない」。なぜ恐れならないいうと,エホバが,「わたしあなたて,あなた救い出す」と言っおられるからです。―エレミヤ 1:4‐8

それでも,最初述べように,エレミヤなっ気落ちしまいました。神仕えいることあざけらからです。エレミヤは,『みんなから一日じゅう笑い物され,ばかされます』と言い,もうやめよう思いました。「わたしは[エホバ]のこと語り告げないことよう。もうそのみ名よっまい」と述べます。しかし,本当やめしまっでしょか。

エレミヤこう言っます。『わたしは,エホバ言葉閉じ込められ燃えるようなり,わたし抑える疲れました』。(エレミヤ 20:7‐9)そうです,怖くなることあっも,エホバ愛しで,やめしまうようことなかっです。では,やめなかっどのよう保護か,見ましょう。

エホバエレミヤに,民悪い歩み改めないならエルサレム滅ぼされる,と警告するようお命じなりました。エレミヤそのとおりすると,人々立てて,『この裁き 当たる』と言いました。しかしエレミヤは,『どうかエホバ従っください』と述べ,『もしわたし処すなら,あなた方ない殺すことなるいうこと知っください。なぜなら,エホバわたしあなた方もと遣わして,あなた方語るようされからです』と言いました。そのあとどうなっか,知っますか。―

聖書こう述べます。「君たちすべて祭司預言たち言った,『この裁き当たらない。わたしたちエホバよっわたしたち語っからです』」。このように,エレミヤ恐れやめしまういうことなかっで,エホバエレミヤ保護ました。では,エホバもう預言で,エレミヤ全く違う行動取っウリヤどんなこと起きか,見ましょう。

『ウリヤエルサレム対して,エレミヤ同じ言葉預言つづけた』と,聖書述べます。しかし,エホヤキムウリヤ立て時,ウリヤどうでしょか。― 怖くなって,ご意志行なうやめ,エジプト逃げ行っです。それで,王人々遣わし,エジプトウリヤ見つけ連れ戻すようさせました。ウリヤ連れ戻さ時,その悪いどうか,知っますか。― ウリヤ殺しです。―エレミヤ 26:8‐24

エレミヤエホバ保護に,ウリヤ保護なかっは,なぜ思いますか。― エレミヤも,ウリヤ同じよう怖く思っことでしょう。でも,エホバ仕えるなくし逃げ出したりませでした。エレミヤやめしまわなかっです。エレミヤ模範からどんな教訓学べる思いますか。― それは,神から言わとおりする難しく思えることあっも,いつも頼って,神従わなけれならない,ということです。

^ 3節 お子さん一緒読んいるあれば,ダッシュ(―)の休止し,お子さん質問みることできます。