アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2009年11月

 幸せ家庭

配偶者を介護する必要が生じたなら

配偶者を介護する必要が生じたなら

わたし慢性疲労診断からいうもの,夫働います。夫出費ついちっともくれません。どうして黙っいるでしょう。きっと家計苦しくて,わたし知ったらパニック起こす思っいるです。―ナンシー。 *

結婚生活それなり難しさあるものですが,妻慢性病気なる問題いっそう複雑なります。 * あなたは,健康問題抱える配偶世話おらますか。そうあれば,次よう感じおられるしれません。『妻(夫)の具合もっと悪くなったらどうよう。家事仕事全部自分ながら,あとどれだけ介護続けられるだろう。自分元気こと申し訳なく思っしまうなぜだろう』。

に,自分病気ある場合は,こう思えるしれません。『妻(夫)と当然ことできないわたしが,どうたら自尊持てるだろう。病気なっわたし夫(妻)は恨んいるだろか。もう幸せ夫婦戻れないだろか』。

残念ことに,慢性病気ため生じ緊張原因離婚夫婦ます。だからいって,自分たちうまくいかない考えなりません。

慢性病気あっ保ち,かえって結びつき深めいる夫婦少なくありません。義昭和子そうです。義昭脊髄損傷ため,介助なけれ動かすことできません。和子こう言います。「夫する助け必要です。介護するわたしは,首痛み,整形外科通っます。介護押しつぶさそう感じることよくあります」。大変こと沢山あるいえ,「夫婦強まりました」と和子述べます。

そのよう状況幸福保つためでしょか。一つて,病気かかわら結婚生活満足いる夫婦は,病気を,病人ひとり闘うべきものいうより夫婦闘うべきものます。実ところ,夫婦一方病気なれば,双方それぞれかなり影響受けます。夫婦この密接 結びつきを,創世記 224こう表現ます。「男その離れ自分堅く付き,ふたり一体なる」。ですから,夫婦一方身体病気長く患っいるなら,二合わせその問題取り組むこと肝要です。

さらに調査よると,慢性病気あっ良い関係保っいる夫婦は,現実受け入れ,うまく順応する方法学び取っます。そのよう方法多くは,時代超え聖書アドバイス一致ます。三つ考えましょう。

思いやり示し合う

「二勝る」と伝道書 49述べます。なぜでしょか。10は,「もしもそのうち倒れるなら,他方その仲間起き上がらせることできるからある」とあります。あなたは,感謝言葉述べて「仲間起き上がらせ」ますか。

互いに,相手とっ実際助けなる事柄探しましょう。半身不随持つヨンこう言います。「いつもなっ考えるようます。のど渇くと,妻そうしれない考えます。外出かけきれい景色たい思ったら,『君一緒行きたい?』と聞きます。二痛み分け合い,共忍耐ます」。

に,配偶介護もらっいる場合,健康状態悪化自分できないか,考えましょう。何できるなら,自尊高めることできますし,配偶介護続けやすくなるでしょう。

相手思いやり示し方分かっいる思い込むなく,何もらううれしい尋ねましょう。冒頭ナンシーは,家庭経済状態知らないいるつらい,と打ち明けました。するとは,いろいろ話しくれるようなりました。

やっましょう: 配偶もらえたら助かる思うこと書き,配偶書いもらいます。それから,そのリスト交換ます。リストて,実行可能こと一つ二つ,それぞれ選びます。

スケジュールバランス取る

知恵深いソロモンは,「何事定められある」と書います。(伝道書 3:1)といえ,スケジュールバランス取る難しい思えるしれません。病気ため家族日課変更ざるないことあるからです。生活で,ある程度バランス保つは,どうたらよいでしょか。

ときどき一緒時間取り,気分転換することできます。病気なる楽しいことで,今行なえることありますか。もないなら,新たこと挑戦みるどうですか。相手読んあげるいっレベルことから,新た言語学ぶいっレベルことまで,いろいろあります。病気関係ないこと一緒行なうなら,「一体」と強まり,幸福増すでしょう。

バランス取れ生活送るために,共通趣味持つことできます

バランス保つ役立つもう一つは,他たち交友楽しむことです。箴言 181こうあります。「自分孤立せる利己願望追い求める。そのあらゆる実際知恵逆らっ突き進む」。この聖句述べるとおり,孤立するなら考え方影響及びます。それに,ときおり交わり楽しむなら,気持ち明るくなり,視野広がります。こちらからだれ招いいかがですか。

介護するバランス失っしまうことあります。過労ため徐々疲れ果て,自分こわししまい,結局,愛する家族介護続けられなくなっしまうです。ですから,慢性病気配偶 介護いる場合,自分自身必要無視なりません。ゆったり気分転換するため時間定期取りましょう。 * 信頼できる同性友人不安心配聞いもらう癒やされる,というます。

やっましょう: 配偶介護直面いる問題書き出しましょう。次に,それら克服たり,もっと上手扱ったりするためどうたらよい書きます。細かくなりすぎないようし,『状況改善ため最もシンプル簡単方法だろう』と考えます。

前向き見方心がける

聖書こう忠告ます。「『先日々ほうより良かっどうしてか』と言っならない」。(伝道書 7:10)病気ならなけれこうだっに,と考え続けなりません。このどんな幸福限定ものある,ということ忘れないようましょう。今状況受け入れ最善尽くすこと大切です。

こので,何夫婦助けなるでしょか。受けいる祝福つい話し合いましょう。健康状態少しでも良くなっいるなら,それ喜びましょう。心待ちできる事柄探し,達成可能目標設けましょう。

庄司晶子いう夫婦は,そのようて,良い結果ます。二特別割り当て受け,クリスチャン時間奉仕行なっましが,晶子線維筋痛診断れ,その割り当てから離れなけれなりませでした。がっかりでしょか。確かそうでした。でも庄司は,同じよう境遇たちこうアドバイスます。「できなくなっ事柄考えすぎ落胆なりません。前向き見方ましょう。以前よう生活戻ること望んいるも,今は,今生活専念ましょう。わたし場合,それ世話専念するいうことです」。あなた場合も,配偶介護する必要あるなら,この実際アドバイス立つでしょう。

^ 3節 一部名前変えあります。

^ 4節 この記事取り上げいるは,配偶身体病気長く患っいる場合です。といえ,事故よる身体障害や,うつ病など精神問題抱えいる場合も,この記事情報立つでしょう。

^ 20節 場合よっは,介護専門福祉機関など援助受けるよいしれません。

考えましょう…

妻(夫)とわたしとって,今べき一番大切ことだろ

  • 病気もっと話題する

  • 病気あまり話題ない

  • あまり心配ないようする

  • 互いもっと思いやり示す

  • 病気以外共通関心事持つ

  • 接触増やす

  • 共通目標持つ