アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2009年11月

偽りの教え1: 魂は不滅である

偽りの教え1: 魂は不滅である

この偽り教えどのよう生まか。

「初期クリスチャン哲学たちは,魂不滅関するギリシャ概念取り込み,魂よっ創造ものあり受胎入れられる,と考えた」。―「新ブリタニカ百科事典」(1988版,英語),第11巻,25ページ。

聖書述べいるか。

「罪犯せる霊魂し」。―エゼキエル 18:4,「文語訳」,日本聖書協会。

最初人間創造関して,聖書こう述べます。「エホバ地面形造り,その鼻孔吹き入れられた。すると生き[ヘブライ語,ネフェシュ]になった」。―創世記 2:7

ここで「魂」と訳さいるヘブライネフェシュは,『呼吸するもの』を意味ます。神最初人間アダム創造時,アダム不滅お与えなっありません。呼吸よっ維持れる生命お与えなりました。聖書意味の「魂」とは,生きいるもの全体ことです。神から与えられ生命なくなると,魂死にます。―創世記 3:19。エゼキエル 18:20

不滅あるいう教理は,死後どこ行くか,悪人どうなるか,といっ疑問生じさせます。名目だけクリスチャンは,不滅いう偽り教え取り入れために,別偽り教え受け入れることなりました。火燃える地獄いう教えです。

聖句ご覧ください: 伝道書 3:19。マタイ 10:28。使徒 3:23

事実:

死ぬ存在なくなる