内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2009年11月

偽りの教え4: 神は三位一体である

偽りの教え4: 神は三位一体である

この偽り教えどのよう生まか。

「三位一体教義つまるところ4世紀作り出さものあるいう印象受けるしれない。それある意味当たっいる。……『三つ位格持つ一つ神』という定式4世紀終わり以前しっかり定着おらず,クリスチャン生活信仰告白十分取り入れられなかった」。―「新カトリック百科事典」(1967版,英語),第14巻,299ページ。

「ニカイア公会議は[西暦]325520開かた。コンスタンティヌス自ら主宰なり,討論積極導くに……同公会議発布れる信経キリスト関係を『父同一実体』とする重要定式を……じきじき提案た。……同皇帝威圧司教たちは,わずか例外除き,多く本意ながらも,その信経署名た」。―「ブリタニカ百科事典」(1970版,英語),第6巻,386ページ。

聖書述べいるか。

「ステファノ聖霊満たされ,天見つめ,神栄光立っおられるイエスて,『天開いて,人立っおられる見える』と言った」。―使徒 7:55,56,「新共同訳」。

この聖句から分かりますか。神活動満たさステファノは,イエスが「神立っおられる」のました。ですからイエスは,天復活後,神なっありません。以前同じく,神別個霊者なっです。そして,神述べられません。多く三位一体教義裏付けなる聖句見つけようますが,「一つ三つ位格……があるいうこと示す記述は,新約聖書どこ見当たらない」と,ドミニコ司祭マリー‐エミールボワマール自著「キリスト夜明け―教義誕生」(フランス語)に書います。

コンスタンティヌス擁護この教義よっ4世紀教会論争終わる,と期待ました。しかし実際は,この教義よっ問題生じました。イエス産ん女性マリアは“神母”なか,という問題です。

聖句ご覧ください: マタイ 26:39。ヨハネ 14:28。コリント一 15:27,28。コロサイ 1:15,16

事実:

三位一体教義4世紀後半作り出さ