内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2009年11月

偽りの教え2: 悪人は地獄で苦しむ

偽りの教え2: 悪人は地獄で苦しむ

この偽り教えどのよう生まか。

「古代ギリシャ哲学たちうちで,伝統地獄最大影響及ぼしプラトンある」。―「地獄歴史」(フランス語),ジョルジュミノワ著,50ページ。

「西暦2世紀半ば以降,多少ギリシャ哲学学んクリスチャンたちは,その哲学用語自分たち信仰言い表わす必要感じるようなった。……彼ら最もよく合っ哲学プラトン主義[プラトン教え]だった」。―「新ブリタニカ百科事典」(1988版),第25巻,890ページ。

「教会は,地獄存在その永遠教えます。大罪犯しまま死ぬ人々霊魂は,死後直ちに地獄落ち,そこで,地獄苦しみ,『永遠火』に耐えなけれなりません。……地獄苦しみ中心なるは,この決別状態永遠続くいうことです」。―「カトリック教会カテキズム」,日本カトリック司教協議会教理委員会 訳監修,311ページ。

聖書述べいるか。

「生きいるものは,少なく知っいる 自分やがて死ぬ,ということを。しかし,死者もうひとつ知らない。……いつか行かなけれならないあの陰府は 仕事企ても,知恵知識も,もうないだ」。―伝道書(コヘレト言葉)9:5,10,「新共同訳」,共同聖書実行委員会。

ここで「陰府」と訳さいるヘブライシェオルで,「死者いるところ」を指し,幾つ聖書は「地獄」と訳さます。この聖句から,死者状態つい分かるでしょか。死者自分過ち償うためシェオル苦しんますか。いいえ,死者は「何ひとつ知らない」のですから,そのようことありません。だからこそ,ひどい病気大いに苦しん族長ヨブに,「どうか,わたし陰府[ヘブライ語,シェオル]に隠しください」と嘆願ました。(ヨブ 14:13,「新共同訳」)もしシェオル永遠責め苦場所あっなら,ヨブそう願ったりなかっでしょう。聖書意味は,地獄人類共通あり,すべて活動停止場所です。

地獄関するこの説明は,筋通っおり,聖書調和いるないでしょか。どんな大罪犯しあれ,愛よっ永久責めさいなまれるなど考えられません。(ヨハネ一 4:8)では,火燃える地獄教え偽りあるなら,天つい教えどうでしょか。

聖句ご覧ください: 詩編 146:3,4。使徒 2:25‐27。ローマ 6:7,23

事実:

地獄罰したりされない

もっと調べる

聖書の質問に答える

火の湖とは何ですか。地獄やゲヘナと同じものですか

イエスは「陰府(よみ)の鍵」を持っていますが,火の湖の鍵は持っているのでしょうか。