内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2009年11月

偽りの教え5: マリアは神の母である

偽りの教え5: マリアは神の母である

この偽り教えどのよう生まか。

「神対する崇敬はずみついは,……多数異教教会流れ込んときある。……彼ら[キリスト改宗異教徒]の信心宗教意識は,『偉大母』なる女神や『神なる処女』の崇拝よっ何千形成もので(あった)」。―「新ブリタニカ百科事典」(1988版),第16巻,326‐327ページ。

聖書述べいるか。

「あなた身ごもっ産むが,そのイエス名付けなさい。その偉大なり,いと高き言われる。……だから,生まれるなる者,呼ばれる」。―斜体本誌; ルカ 1:31‐35,「新共同訳」。

この聖句はっきり述べいるとおり,マリアは「神子」のです。神ありません。『天お入れすることできない』神マリア身ごもることなどできでしょか。(列王一 8:27)本人も,自分述べません。三位一体教えは,マリア関する混乱まきました。西暦431エフェソス公会議は,マリアテオトコス(ギリシャで「神産ん者」という意味)である宣言することよって,マリア崇拝お膳立てました。この宗教会議開か都市エフェソスは,それまで世紀間,豊饒女神アルテミス崇める偶像崇拝中心なっました。

そのようわけで,「天から降った」アルテミス崇拝多く特徴(行列作っ練り歩くことなど)がマリア崇拝取り込まました。(使徒 19:35)さらに,もう一つ慣行キリスト忍び込みました。崇拝マリアなど用いる慣行です。

聖句ご覧ください: マタイ 13:53‐56。マルコ 3:31‐35。ルカ 11:27,28

事実:

マリアは,神あり,神ない。三位一体いう偽り教えより,“神母”マリア崇拝始まっ