アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2009年11月

偽りが偽りを生む

偽りが偽りを生む

「気つけなさい」。西暦1世紀後半,使徒パウロクリスチャンそう書き送りました。なぜでしょか。『もしかすると,人間伝統したがっ哲学むなしい欺きより,あなた方えじき連れ去るいるしれません』とパウロ述べます。―コロサイ 2:8

パウロ警告かかわらず,西暦2世紀半ばごろ一部クリスチャンは,自分たち信条説明古代哲学たち概念取り入れるようなりました。ローマ帝国知識認めもらい,改宗増やすためです。

そのようクリスチャン人,殉教ユスティヌスは,イエス到来よりずっ代弁ギリシャ哲学たち啓発与えた,と信じました。ユスティヌスおよび同様考え方する教師たちよれば,キリスト哲学神話よっ真に普遍ものなっです。

殉教ユスティヌスキリスト多く改宗集めるようなりました。しかし,哲学神話取り入れ教え教え生み出し,ついには,現在キリスト教理みなさいるもの作り上げられました。では,そう教え偽りあること明らかするために,幾つ文献記述聖書そのもの教え比較ましょう。