イエス​は,神​の​言葉 聖書​へ​の​敬意​を​はっきり​と​表わし​まし​た。その​こと​は,悪魔​の​誘惑​に​どう​応じ​た​か​を​見​て​も​明らか​です。(マタイ 4:4‐11)石​を​パン​に​変え​て​み​なさい​と​サタン​が​言っ​た​時,イエス​は​どう​応じ​まし​た​か。モーセ​の​記し​た​申命記 8​章​3​節​の​霊感​に​よる​言葉​を​引用​し,その​誘惑​を​退け​まし​た。ただ​一度​の​崇拝​行為​を​すれ​ば​世​の​王国​すべて​の​支配​権​を​与え​よう​と​悪魔​が​言っ​た​時​も,同様​です。申命記 6​章​13​節​に​ある​原則​を​引き合い​に​出し,その​申し出​を​拒み​まし​た。

考え​て​み​て​ください。イエス​は​ほか​なら​ぬ​神​の​子​でし​た。それでも,教える​際​に​聖書​を​よりどころ​と​し​まし​た。人間​の​伝統​を​重んじ​て​神​の​言葉​を​無視​する​よう​な​こと​は​決して​あり​ませ​ん​でし​た。(ヨハネ 7:16‐18)一方,当時​の​宗教​指導​者​の​多く​は,神​の​言葉​に​対し​て​イエス​の​よう​な​敬意​を​抱い​て​い​ませ​ん​でし​た。なぜ​でしょ​う​か。聖書​より​も​人間​の​言い伝え​を​重視​し​て​い​た​から​です。イエス​は​それら​宗教​指導​者​たち​に​率直​に​こう​言い​まし​た。「あなたがた​は,自分​たち​の​言い伝え​の​ため​に,神​の​ことば​を​無​に​し​て​しまい​まし​た。偽善​者​たち。イザヤ​は​あなたがた​に​つい​て​預言​し​て​いる​が,まさに​その​とおり​です。『この​民​は,口先​で​は​わたし​を​敬う​が,その​心​は,わたし​から​遠く​離れ​て​いる。彼ら​が,わたし​を​拝ん​で​も,むだ​な​こと​で​ある。人間​の​教え​を,教え​と​し​て​教える​だけ​だから』」。―マタイ 15:6‐9,「新改​訳」。

キリスト​教​で​ない​宗教​も​含め,世界​の​多く​の​宗教​は,聖書​に​敬意​を​抱い​て​いる​と​唱え​て​い​ます。しかし, 聖書​の​明確​な​教え​に​反する​人間​の​言い伝え​を​潔く​捨てる​宗教​が​どれ​だけ​ある​でしょ​う​か。二つ​の​分野​で​考え​て​み​ましょ​う。

分野: 宗教​上​の​称号。

聖書​の​教え​は?: イエス​は​当時​の​宗教​指導​者​たち​に,あなたがた​は​間違っ​て​いる,と​述べ​まし​た。彼ら​が​称号​で​呼ば​れる​こと​を​好み,目立つ​こと​を​望ん​で​い​た​から​です。「宴会​で​は​上座,会堂​で​は​上席​に​座る​こと​を​好み,また,広場​で​挨拶​さ​れ​たり,『先生』と​呼ば​れ​たり​する​こと​を」好ん​で​い​た​の​です。それ​で​イエス​は​弟子​たち​に​こう​言い​まし​た。「あなたがた​は『先生』と​呼ば​れ​て​は​なら​ない。あなたがた​の​師​は​一​人​だけ​で,あと​は​皆​兄弟​な​の​だ。また,地上​の​者​を『父』と​呼ん​で​は​なら​ない。あなたがた​の​父​は​天​の​父​おひとり​だけ​だ」。―マタイ 23:1‐10,「新​共同​訳」。

考え​て​み​ましょ​う: この​宗教​の​指導​者​たち​は,名誉​称号​で​呼ば​れる​こと​や​地域​社会​で​目立つ​こと​を​好ん​で​いる​だろ​う​か。それとも,イエス​の​命令​に​従っ​て,その​よう​な​こと​を​避け​て​いる​だろ​う​か。

分野: 崇拝​に​偶像​を​用いる​こと。

聖書​の​教え​は?: 「あなた​は​自分​の​ため​に​像​を​作っ​て​は​なら​ない。上​は​天​に​あり,下​は​地​に​あり,また​地​の​下​の​水​の​中​に​ある​もの​の​いかなる​形​も​作っ​て​は​なら​ない。あなた​は​それら​に​ひれ伏し​て​も,それら​に​仕え​させ​られ​て​も​なら​ない」。―出エジプト​記 20:4,5,「岩波​版​旧約​聖書」,旧約​聖書​翻訳​委員​会。

使徒​ヨハネ​は​クリスチャン​に​こう​書き送り​まし​た。「偶像​を​避け​なさい」。―ヨハネ​第​一 5:21,「口語​訳」。

考え​て​み​ましょ​う: この​宗教​は,聖書​の​明確​な​命令​に​従っ​て,崇拝​に​おける​偶像​の​使用​を​避け​て​いる​だろ​う​か。

あなた​も​正しい​道​を​見いだせ​ます

宗教​と​いう​道​は​途方​に​暮れる​ほど​沢山​あり​ます​が,その​中​から​命​に​至る​道​を​見いだす​こと​は​可能​です。「神​の​御前​で​きよく​汚れ​の​ない​宗教」に​は​際立っ​た​特徴​が​幾つ​も​あり​ます。(ヤコブ 1:27,「新改​訳」)この​一連​の​記事​で​引用​し​た​聖句​を​案内​標識​と​し​て​進ん​で​ゆく​なら,その​宗教​を​見いだす​こと​が​でき​ます。

考え​て​みる​こと​の​できる​点​を​幾つ​か​取り上げ​まし​た。これら​の​点​に​関し​て​エホバ​の​証人​に,あなた方​の​宗教​は​どうか,と​尋ね​て​み​て​ください。そして,答え​を​聞い​た​なら,1​世紀​の​ベレア​の​人​たち​の​よう​に​し​て​ください。その​人​たち​は,使徒​パウロ​の​教え​を​聞い​た​後,「果たして​その​とおり​で​ある​か​どう​か,毎日,聖書​を​調べ」まし​た。(使徒 17:11,「新約​聖書」)あなた​も,この​ベレア​の​人​たち​の​よう​に​神​の​言葉​に​敬意​を​払い,真剣​に​聖書​を​調べる​なら,命​に​至る​道​を​見いだせ​ます。その​道​を​歩ん​で​ゆく​か​どう​か ― それ​は​あなた​自身​が​下す​決定​です。

学ん​で​いる​事柄​が​真実​か​どう​か​を​見極める​ため​に​聖書​を​調べる​こと ― それ​を​勧め​て​いる​の​は​どの​宗教​だろ​う​か