アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2009年5月

ブルックリン・ベテル―100年の歴史

ブルックリン・ベテル―100年の歴史

ベテルホーム コロンビアハイツ122‐124

ヒックス通り13‐17番(1909‐1918年)

ニューヨークとって,1909画期でした。クイーンズボロ開通クイーンズマンハッタン結ばれ,マンハッタンよっマンハッタンブルックリン結ばです。

そのエホバ証人とっ画期でした。それより前,ものみの塔聖書冊子協会(エホバ証人法人団体)の会長チャールズテイズラッセルは,神王国良いたより伝道活動拡大すること見越しました。(マタイ 24:14)そして,そのため一歩協会本部移転必要ある,と確信する至りました。ペンシルバニアピッツバーグからニューヨークブルックリン移転です。1908準備始まり,翌年初め本部移転ました。

ブルックリン移転理由

当時,伝道活動指導たちは,新聞掲載訓話よる福音宣明聖書真理伝える効果ある考えました。実際,1908 ラッセル聖書訓話11毎週掲載され,合計部数40万2,000上っました。

いえ,ラッセルこう書います。「新聞活用通じ兄弟たち確信こめこう言っいる。……[もっと大きな中心都市]から発信すれ毎週訓話合衆国全土届くだろう,1すれ幾百新聞定期掲載れるようなるだろう,と」。そのようわけで,伝道活動拡大最適場所探すこと始まりました。

ラッセル新聞訓話

なぜブルックリン選ばでしょか。ラッセルこう述べます。「我々すべて考慮で,神導き求め後,……人々多く住み,『教会都市』と呼ばれるニューヨークブルックリンこそ,そのよう理由で,収穫本拠最適場所ある結論た」。その決定正しかっことは,結果見れ分かります。ほどなくて,2,000ラッセル訓話掲載するようなっです。

ニューヨークは,もう一つ理由好適場所でした。1909まで英国,ドイツ,オーストラリア支部開設おり,その支部増えゆきました。ですから,道路鉄道よる交通便良い港湾都市世界本部置くことかなっです。

ベテル呼ばれるようなっ理由

コンコード通り18番(1922‐1927年)

アダムズ通り117番(1927年‐現在)

ものみの塔聖書冊子協会本部は,元々1880年代ペンシルバニアアレゲーニー(現在ピッツバーグ一部)に開設ました。当時,その施設バイブルハウス呼ばおり,189612スタッフ奉仕ました。

1909ブルックリン移転伴い,スタッフ新しい宿舎ベテル呼ばれるようなりまし た。 * なぜベテルでしょか。ものみの塔協会購入ヒックス通り13‐17動産は,著名聖職ヘンリーウォードビーチャー所有物件で,ビーチャーベテル呼ばました。コロンビアハイツ124あるビーチャー邸宅購入ました。190931の「ものみの塔」誌は,こう報告ます。「ビーチャーベテル入手でき,しかも思いがけず邸宅入手できことは,実驚くべきことある。……この新しい住居我々は『ベテル』と呼び,新しい事務講堂を『ブルックリンタバナクル』と呼ぶことする。それら名称が,『バイブルハウス』という呼び名代わりなる」。

その大きく拡張ブルックリン施設と,ニューヨーク2か所(ウォールキルパタソン)の施設は,宿舎印刷施設事務含めベテル呼ばます。そしては,世界113地域ベテルホームあり,そこで働く1万9,000超える奉仕聖書音信伝える活動支援ます。

マートル35番(1920‐1922年)

大勢訪れる

1909131日,施設献堂ました。そして190996日,月曜日,ベテル大勢訪問公開れ,何百聖書研究者(エホバ証人当時名称)が施設見学ました。そのうち多くは,ニューヨーク320サラトガスプリングズ開かクリスチャン大会から直接やったちです。チャールズテイズラッセル自ら,それら訪問温かく迎えました。 *

ベテル公開おり,ブルックリン施設見学4万上回ります。ブルックリンベテルは,エホバ王国音信いっそう広く伝えるうえ肝要働きし,幾百幾千万たち祝福もたらします。

ウォールキル印刷施設

パタソン教育センター

^ 11節 ヘブライの「ベテル」は「神家」を意味ます。聖書で,ベテルイスラエル著名都市あり,ベテルより頻繁言及いる都市エルサレムだけです。

^ 14節 さらに詳しくは,エホバ証人発行「エホバ証人―神王国ふれ告げる人々」の718‐723ページご覧ください。