内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2009年2月

 幸せ家庭

子どもをしつける

子どもをしつける

ジョン(男性): * わたし子どもころ,何悪いことすると,両親は,おしおきする真剣に,わたしその動機事情理解ようました。今父親なっわたしも,娘たち対しそのようます。しかしアリソンは,わたし異なる家庭環境育ちました。父親母親も,感情赴くまま行動するほうで,子ども事情聴くことなく体罰加えようです。それわたしは,妻同じよう手厳しく子ども懲らしめいるよう思えることあります。

カロル(女性): わたしまだ5だっ行っしまいました。父わたし3全く関心払っくれませでした。母わたしたち子ども養うため懸命働き,わたしたち面倒見る多く責任担いました。親代わりなけれならなかっで,子どもらしく過ごすことできませでした。今わたしは,陽気振る舞えず,あれこれ考え込むほうです。自分子ども懲らしめ与える必要あるは,子ども犯し間違いこと悩んしまいます。なぜそうなっか,どのよう考えそう知りたいです。それ引き換え,夫マークは,くよくよ思い悩んだりません。マーク誠実気遣い,愛情深く,しかも毅然仕方子ども育てです。マークは,娘たち問題生じなら素早く解決ます。状況把握問題対処し,そのあと気持ち切り替えます。

ジョンカロル述べ事柄から分かるように,子どもしつけは,親自身どう育てられよっ相当違っくる場合あります。夫それぞれ育っ家庭環境異なると,子ども訓育関する考え方かなり異なるしれません。そう相違ため夫婦緊張生じる,ということあります。

疲れると,緊張状態悪化しかねません。初めてなっすぐに,子どもしつけ折れる付きっきり仕事あること分かるようなります。娘ダレン合わせ育てジョーンは,こう言います。「かわいいたちですが,寝ほしい思う時間ようすることめったなく,目覚まさないほしい思う 覚ましました。わたしようすると,途中ほかこと言ったりたります。靴おもちゃも,出したら出しっぱなしで,バター冷蔵戻すことありませでした」。

ジャックは,2生まから,産後うつ病かかりました。ジャックこう言います。「わたしよく,仕事終えくたくたなっ帰宅あと,生まばかり付き添っ夜中まで起きました。そのため,上対する首尾一貫しつけ難しくなり,妻わたし赤ちゃん世話すると,上その小さなやきもちやきました」。

疲れ夫婦子どもしつけこと衝突すると,ちょっと言い争いから始まっげんかなるしれません。意見違いそのままおく夫婦でき,子ども自分都合いいよう対立煽ることなりかねません。二夫婦固い保ちながら子ども上手しつけゆくうえで,聖書どんな原則役立つでしょか。

夫婦互いため時間作る

夫婦いう関係は,子ども生まれるから存在するものあり,子ども大きくなっ離れあとずっ続きます。聖書は,夫婦結びつき関して,「神くびき結ばものを,人離しなりません」と述べます。(マタイ 19:6)それ対照に,このすぐ言葉よれば,子どもいずれ「父離れ」ます。神そのようお定めなっです。(マタイ 19:5)子ども育てることは,結婚生活一面すぎず,決して基盤ありません。親は,もちろん子どもしつけ時間つぎ込む必要あるいえ,そのため最良土台なるもの夫婦強いある,ということ覚えおくべきでしょう。

夫婦は,子ども育てながら,どうすれ強い保てるでしょか。できる限り,定期夫婦水入らず時間取り分けることです。そうするなら,家族関する重要事柄話し合うことでき,まただけ時間楽しむことできるでしょう。もっとも,そのよう時間作る容易ない事実です。冒頭アリソンいう母親は,「夫だけ時間少し持てるかな思うと,下まとわりついたり,6自分クレヨンない言って“ヒステリー”を起こしたりするです」と言います。

最初ほうジョーンダレンは,娘たち就寝時間守らせることより,夫婦だけ時間作りました。ジョーンこう言います。「娘たちいつも,決められ時間消灯できるようベッド入ること求めました。そうダレンわたしは,くつろい語り合うため時間持てました」。

夫婦は,子ども就寝時間定めることより,自分たちため幾らか時間買い取れるだけなく,子どもが「自分こと必要以上考え」ないよう助けることできます。(ローマ 12:3)就寝時間いう決まり守るようしつけられ子どもは,やがて,次事実認識するようなります。家族車輪なぞらえるすれば,子どもスポークあっ車軸ない,つまり,自分決まり従っゆくべき存在あって,決まり自分好きよう変えられる立場ない,ということです。

やっましょう: 子ども就寝時間定め,一貫守らましょう。もし子どもが,就寝時間なっも『水飲みたい』など言うあれば,そのことだけ許しよいでしょう。しかし,子どもあれこれ理由つけなかなか就こない,ということないようください。もしも子どもが『お願い,あと5だけ起きいいでしょう?』と言うなら,目覚まし時計5鳴るよう設定できます。時計鳴ったら,それ以上譲歩することなく就かましょう。『“はい”は,はいを,“いいえ”は,いいえ意味するように』しください。―マタイ 5:37

夫婦一致協力する

「我よ,あなた懲らしめ聴き従え。あなた律法捨て去っならない」という格言 あります。(箴言 1:8)聖書この言葉からは,父親母親子ども権威行使する権利持っいる,ということ分かります。しかし,父親母親は,育っ家庭環境似通っも,子ども懲らしめどのよう与えるべきか,また特定状況家族規則どう当てはめるべきついて,意見食い違うことあるでしょう。どのよう対処できるでしょか。

冒頭紹介ジョンは,「子ども意見違いあらわないこと大切思います」と言います。といえ,二親一致協力すること言うほど容易ないいうこと認め,こう述べます。「子どもたち非常敏感です。娘は,意見違い言葉表われなくも,親感情感じ取ります」。

ジョンアリソンは,この課題どう取り組んいるでしょか。アリソンこう言います。「娘対する懲らしめ同意できないも,すぐ自分考え述べず,娘わたしたち話し声聞こえない行っからます。娘は,父親母親考え方違い持ち出せ懲らしめ受けすむ,など思っほしくないからです。娘わたしたち意見違い気づく場合,わたしに,『家族成員みなエホバ取り決め従うべきね。お母さん家族快く服すわ。あなた権威服しなさい』と言います」。(コリント一 11:3。エフェソス 6:1‐3)ジョンこう述べます。「家族そろっいる時,娘懲らしめる必要あるなら,普通わたし率先ます。しかし,妻ほう状況よく通じいる場合は,妻懲らしめもらい,わたしそれ協力ます。もしもわたし考え違うあれば,あと話し合うようます」。

では,夫婦子どもしつけ関する意見違いよっわだかまり生じることを―またその結果,親対する子ども敬意薄れることを―どうすれ避けられるでしょか。

やっましょう: 子どもしつけつい話すため毎週決まっ時間取り分け,意見違いあれ率直話し合いましょう。相手考え方理解するよう努め,相手その関係尊重ください。

夫婦成長する

確かに,子どもしつけ大変務めです。時は,精根尽き果てるよう思えることあるでしょう。しかし,いずれ子ども大きくなっ離れ,あなた配偶子ども生まれる戻っよう気持ちなるでしょう。夫婦は,子育てよっ強くなるでしょか,それ弱くなるでしょか。どうなるは,伝道書 49,10原則どれほどよく当てはめるよります。こうあります。「二勝る。彼らその骨折り対し良い報い得るからある。もしもそのうち倒れるなら,他方その仲間起き上がらせることできるからある」。

二親協力合うなら,結果十分満足ゆくものなるでしょう。冒頭紹介カロルは,自分気持ちこう述べます。「夫いろいろ素晴らしい特質持っいること分かっましが,共子どもたち育てながら,夫示す多く良い特質気づきました。娘たちある気遣い示すて,ますます尊敬愛するようなりました」。ジョンアリソンついて,「気遣いある母親なっゆくて,妻対する称賛気持ち深まりました」と述べます。

夫婦子ども育てる年月も,互いため時間作り,チーム協力合うなら,夫婦子ども成長とも強くなっゆくことでしょう。そのようするなら,お子さん最良手本示すことなるです。

^ 3節 名前変えあります。

考えましょう…

  • 毎週どれほど,夫婦水入らず時間過ごしいるだろ

  • 子ども懲らしめる夫(または妻)を,どのよう支持いるだろ

もっと調べる

神からの良い知らせ

どうすれば家族として幸せに暮らせますか

エホバは幸福な神であり,家族の幸せを願っておられます。聖書には,夫婦,親,子どもに役立つ実際的なアドバイスが収められています。