アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2008年4月

 お子さん教えましょ

テモテ―奉仕のために用意のできた,意欲のある人

テモテ―奉仕のために用意のできた,意欲のある人

「用意できの?」そう聞かことありますか。― これ準備整っいるどう尋ねる質問ですね。例えば,『教科持った? ちゃんと予習の?』というよう意味で,そう尋ねられることあります。これから述べますが,テモテ用意できでした。

テモテは,意欲あるありました。意欲あるどういうこと分かりますか。― テモテ奉仕ため一緒来るよう誘わ時,次よう述べ同じ態度示しました。「ここわたしおります! わたし遣わしください」。(イザヤ 6:8)テモテ奉仕する用意できて,意欲あっで,すばらしい人生送ることできました。そのことつい聞いたい思いませか。―

テモテは,エルサレムから遠く離れルステラ生まました。おばあさんロイスお母さんユニケは,聖書よく学んました。二は,まだ赤ちゃんだっテモテ言葉教えはじめました。―テモテ二 1:5; 3:15

あっです

おそらくテモテまだだっころ,使徒パウロ最初長い伝道旅行で,バルナバ一緒ルステラ訪れました。そのテモテお母さんおばあさんクリスチャンなっようです。パウロバルナバどんな遭っか,知りたい思いませか。― クリスチャンこときらっ人々は,パウロ投げつけ,倒れパウロ引きずり出しました。そのたちパウロ死ん思いました。

パウロ教え事柄信じたちは,パウロ周り集まりました。すると,パウロ起き上がりました。次日,パウロバルナバ去りましが,少したっからルステラ戻りました。そしてパウロ弟子たちこうました。「わたしたち多く患難経て王国入らなけれならない」。(使徒 14:8‐22)この言葉意味分かりますか。― 神仕える人々ほかたちからじゃまれる,という意味です。パウロテモテ手紙こう書きました。『神仕える生き方よう願うみな迫害受けます』。―テモテ二 3:12。ヨハネ 15:20

 パウロバルナバルステラ去っから,最初出発戻りました。しばらくて,パウロ旅行仲間シラス選び,自分以前訪問土地再び訪れて,二新しい弟子たち励ましました。ルステラやっ時,テモテパウロ再び会えて,どんなうれしかっことでしょう。さらにうれしいことに,パウロシラス一緒旅行するよう誘わです。テモテ一緒行くことました。そうする用意できて,意欲あっです。―使徒 15:40–16:5

3一緒し,とても長い距離歩いから乗りました。船降りると,歩いギリシャテサロニケ行きました。テサロニケ多くクリスチャンなりました。ところが,腹立てて,乱暴働くグループ作ったちました。パウロシラステモテ危なくなっで,ベレア向かいました。―使徒 17:1‐10

パウロテサロニケ新しい信者こと心配でした。それテモテに,もう一度テサロニケ行っもらうことました。なぜだか分かりますか。― 後パウロテサロニケクリスチャンたちこう説明ます。『あなた方しっかりせ,慰め,だれ元気なくすことないようするためです』。たいへん危険仕事に,パウロ若いテモテ遣わしなぜ思いますか。― テモテパウロほど反対知らませでしし,そこ出かけ行く意欲ありました。それとても勇気いることでした。どんな結果なりましか。テモテパウロところ戻っ時,テサロニケたち忠実ある報告ました。それパウロテサロニケたち手紙で,『わたしたちは,あなた方関し,慰められいるです』と書きました。―テサロニケ一 3:2‐7

テモテそれから10間,パウロ一緒奉仕ました。その後,パウロローマ牢屋入れられました。テモテ自身牢屋からばかりでしが,パウロところ行きました。牢屋パウロフィリピ手紙書きました。自分言うことテモテ書き取っもらっしれません。パウロこう述べました。『わたしは,テモテあなた方ところ遣わしたい思っます。テモテよう忠実で,あなた方よく仕えるは,ほかないからです』。―フィリピ 2:19‐22。ヘブライ 13:23

パウロからそのよう言わて,テモテどれほどうれしかっことでしょう。パウロテモテ深く愛するようなっは,テモテ奉仕ため用意できた,意欲あるだっからです。あなたそのようなれますように。