アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2008年3月

救出が必要!

救出が必要!

米国ペンシルバニアピッツバーグ近く炭鉱で,突然,大規模出水事故発生ました。9作業地下70狭い空間閉じ込められましが,幸いこと3後,無事救出ました。どのようでしょか。

炭鉱地図GPS頼りに,救助ドリル直径65開け,カプセルかご作業たちまで降ろしです。一ずつ,そのかご地上引き上げられ,迫り来るから救い出さました。全員,生還喜び合い,救助感謝ました。

わたしたちは,この9作業よう地下閉じ込められたり,災害よる危険直面たりすることまずないでしょう。といえ,だれ救出必要ます。なぜなら,辛い病気老化免れることできず,最終死んしまうからです。古代忠実族長ヨブこう述べます。「女から生まは,短命で,動揺飽き飽きられます。花ようは,切り取られ,影よう飛び去って,とどまることありません」。(ヨブ 14:1,2)それから3,500ほどたっ今日も,この言葉依然真実です。わたしたちだれ人生結末逃れられないないでしょか。どこ住み,どれほど健康遣っいるあろも,苦しみ老化束縛から救出必要いるです。

科学など様々が,人間寿命延ばそ懸命努力ます。ある団体は,自分たち使命は「不本意征服すること」であり,「人間身体不死達成向け会員努力支援すること」である述べます。しかし,これまでところ,最先端科学強い意志もっほとんど成果上がっません。人寿命7080あるモーセ述べ3,500ほどことですが,今その寿命あまり延びないです。―詩編 90:10

ついヨブ同じよう感じるそうないも,いずれ必ず「影よう飛び去って」しまいます。友人,家族,家,業績すべて残して,死消え去っゆくです。古代イスラエル賢王ソロモンこう記します。「生きいる自分死ぬこと知っいる。しかし,死ん意識なく,彼らもはや報い受けることない。なぜなら,彼ら記憶忘れ去らからある」。―伝道書 9:5

聖書悲惨現実直視し,死残酷な「王て」人類を「支配」しこと述べます。死究極あり,人類から救出必要いるです。(ローマ 5:14。コリント一 15:26)世界最高訓練装備誇る救助も,人永遠救うことできません。しかし,人間創造あるエホバは,まさにそのよう救出手はず整えおらます。