アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2008年3月

イエスの死による救い―どのように

イエスの死による救い―どのように

2,000前,西暦33ユダヤ過ぎ越しに,無実男性人々救うため自ら犠牲ました。その男性だれでしょか。ナザレイエスです。その気高い行為から受ける立場いるだれですか。全人類です。聖書有名言葉に,人救うその犠牲ことよう要約ます。「神は,その独り子お与えなっほどに,世愛さた。独り子信じる滅びないで,永遠得るためある」。―ヨハネ 3:16,「新共同訳」,共同聖書実行委員会。

この聖句知っいる意味分からない,という少なくありません。『なぜキリスト犠牲必要か。どうしてよっ人類運命から救出できるか』と疑問思うです。聖書は,納得ゆく明快答え与えます。

人類支配置かれる

人間地上短い人生送り,辛いこと楽しいこと経験し,やがて死ん天国よう場所行くことなっいる,と考えるます。そう考える場合,死人類関する目的一部いうことなります。しかし聖書は,人間死ぬ理由て,別挙げます。「一通し入り,罪通し入り,こうが,すべておかしゆえにすべて広がった」。(ローマ 5:12)この聖句から,人死ぬ結果あること分かります。では,人類致死影響持ち込んだ「一人」とは,だれでしょか。

ワールドブック百科事典(英語)によると,大半科学は,全人類たどれ同じ先祖行き着く考えます。聖書述べる「一人」とまさにその先祖ことです。創世記 127こうあります。「神ご自分創造ゆき,神これ創造た。男性女性これ創造た」。このよう聖書よれば,最初人間夫婦全能創造ひときわ輝く存在だっです。

創世記は,エホバよる最初人間創造続いて,人間関する幾つ述べられ ます。注目べきことに,その記述で,神言及いる従順結果だけです。(創世記 2:16,17)神は,人間美しい地上楽園で,幸福健康に,そして永遠生きること願っおらました。人間年老い死ぬこと望んおらなかっです。では,全人類どのよう手中陥っでしょか。

創世記 3よると,最初人間夫婦は,命与え主エホバ背くこと自ら意志選びました。そのためは,すでに知らせあっとおり下し,「あなたから帰る」と宣告なさいました。(創世記 3:19)背いは,神言葉どおりやがて死にました。

いえ,不従順悲惨結果その以外も,つまり子孫及びました。完全得る見込み子孫から奪わです。エホバは,アダムエバよう告げ時,その生まくる子孫こと念頭置いおらました。「子生ん多くなり,地満ちて,それ従わせよ。そして,海飛ぶ生き物動くあらゆる生き物服従せよ」。(創世記 1:28)人類満ちて,死ぬことない,とても幸福生活送ることなっです。しかし,「一人」と呼ばいるアダムよって,子孫奴隷売り渡され,死避けようない運命なりました。アダム子孫ある使徒パウロは,「わたし肉的あって,罪もと売らいる」と書います。―ローマ 7:14

貴重芸術作品傷つける無法同様に,アダムおかして,神傑作言うべき人類ひどく傷つけました。アダム子ども生まれ,孫が,そしてひ孫生まます。こうて,次世代生ま成長し,子どももうけ,死んゆきました。それらすべて死んなぜでしょか。皆,アダム子孫からです。聖書は,「一罪過よっ多く死んだ」とあります。(ローマ 5:15)病気,老化,悪走る傾向,そしては,アダム自分家族売り渡しこと悲しい結果です。その家族わたしたち全員含まます。

使徒パウロは,ローマクリスチャン宛て手紙で,自分含む完全人間哀れ状況ついて,また影響もどかしい闘いつい書き,こう述べます。「わたし惨め人間です! こう死につつあるから,だれわたし救い出しくれるでしょか」。もっとも質問あり ませか。だれが,罪奴隷状態からパウロを,そして人々救い出しくれるでしょか。パウロ自身こう答えます。「わたしたちイエスキリスト通しただ感謝べきです!」(ローマ 7:14‐25)創造は,み子イエスキリストよる救出手はず整えくださっいるです。

人類救出おけるイエス役割

イエスは,死至る奴隷状態から人類救出するため自分果たす役割ついて,わたしは「多く身代自分献げるためた」と述べます。(マタイ 20:28,「新共同訳」)イエスどのように,身代つまり贖いなるでしょか。イエスわたしたちどんなもたらしますか。

イエスは,アダム影響相殺するため自分差し出し

聖書よれば,イエスは「罪ない方」であり,『罪人から分けられて』いました。生涯通じて,神律法完全従いました。(ヘブライ 4:15; 7:26)ですから,イエスは,アダム場合違い,罪従順結果ありませでした。(エゼキエル 18:4)イエスは,死ぬ必然なかっに,あえて受け入れました。人類から救出するいうエホバご意志果たすためです。前述とおり,イエス自ら進んで,「身代自分献げるために」来ました。そして比類ないゆえに,自ら進んで『すべてため味わった』のです。―ヘブライ 2:9

イエス犠牲は,アダムおかし失っ全く同等価値ありました。イエス成し遂げましか。エホバは,イエス犠牲を「すべてため対応する贖い」と受け入れました。(テモテ一 2:6)神は,イエス価値用いて,いわば人類奴隷状態から買い戻した,つまり請け戻しです。

聖書は,人間創造よるこの偉大行為つい述べます。パウロは,クリスチャンが「代価もっ買わた」こと指摘ます。(コリント一 6:20; 7:23)ペテロは,神なくみ子用いクリスチャン至るから救い出した,ということ記します。(ペテロ一 1:18,19)エホバは,キリスト贖い犠牲基づき,とこしえいう運命から人類救出する取り決め設けられです。

あなたキリスト贖いからたい思います

キリスト贖い広範囲及ぶことついて,使徒ヨハネこう書います。「[イエスキリストは]わたしたちためなだめ犠牲です。ただし,わたしたちためだけなく,全世界ためあります」。(ヨハネ一 2:2)キリスト贖い人類ためものです。では,すべてこの貴重備えから自動受けるでしょ か。そうありません。前記事述べ救助活動こと思い出しください。救助は,閉じ込められたち救おて,かご降ろしました。しかし,本人たちそのかご入らなけれ助かりませでした。同じように,キリスト贖い犠牲から受けたい願うは,神祝福待つだけ十分です。行動すること必要です。

どんな行動求めおらますか。ヨハネ 336こう書かます。「み子信仰働かせる永遠持っいる。み子従わないず,神憤りそのとどまっいる」。神は,キリスト犠牲信仰持つこと求めおられるです。さらに聖書こう述べます。「わたしたちが[イエス]のおきて守り続けるなら,それよって,彼知るようなっこと分かるです」。(ヨハネ一 2:3)ですから,罪から救出れるためは,キリスト贖い信仰持ち,キリスト命令従うことです。

イエス贖い信仰表わす重要方法一つは,感謝示し,イエス記念することです。イエスそう命じました。亡くなるに,象徴意味持つ食事制定し,忠実使徒たちこう告げです。「わたし記念これ行ないつづけなさい」。(ルカ 22:19)エホバ証人は,神み子とても大切考えいるで,この命令従います。イエスキリスト記念は,今年322日,土曜日没執り行なわます。あなた是非,イエス命じられとおり,この特別集いご出席ください。時間場所は,お近くエホバ証人お知らせます。死もたらすアダム影響からキリスト贖いよっ自由されるは,何行なう必要あるでしょか。記念そのさらに説明ます。

今日,人類救出するため創造み子払っくださっ大きな犠牲深く感謝いるが,少数ながらます。そして,その犠牲信仰抱き,格別幸福味わっます。使徒ペテロ仲間クリスチャンついこう述べます。「あなた方は[イエス]に信仰働かせ,言い表わすことできない栄えある喜びもっ大いに歓んます。それは,あなた方信仰果て,すなわち救い得るからです」。(ペテロ一 1:8,9)あなたも,イエスキリスト深め,その贖い犠牲信仰育むなら,喜び満ち生活送り,罪から救い待ち望めるでしょう。

 

もっと調べる

贖い ― 神からの最大の贈り物

贖いとは何ですか。どうすればその益にあずかれますか。