アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2008年2月

 幸せ家庭

言い争いに対処する

言い争いに対処する

言わせると: 「サラ *わたしは,結婚後,わたし両親同居ました。ある日,わたしガールフレンドから,帰る送っほしい頼まました。引き受けて,幼い息子連れ出かけました。ところ戻ると,サラかんかん怒っました。口げんかなり,わたし家族で“女たらし”と言わました。わたしかっとなっ言い返しで,サラますますいきり立ちました」。

言わせると: 「息子重い健康障害あります。それに,家族経済状態良くありませでした。それで,フェルナンド息子連れガールフレンド出かけ時,何立てしまいました。そして,戻っ自分気持ちぶつけました。ひどいげんかなり,悪口言い合いました。後で,惨め気持ちなりました」。

口論する夫婦は,もう愛し合っないでしょか。そうありません。前述フェルナンドサラ深く愛し合っます。といえ,どんな夫婦も,ときおり言い争いすることあります。

どうして言い争い生じるでしょか。言い争いよっ結婚関係崩壊するどうすれ食い止められますか。結婚設け取り決めですから,神言葉 聖書述べいる調べる良いことでしょう。―創世記 2:21,22。テモテ二 3:16,17

なぜ難しい理解する

夫婦たいてい,互い優しく親切接したい思っます。といえ現実は,聖書述べるとおり,「すべておかし栄光達しない」状態あります。(ローマ 3:23)そのため,意見食い違うと,感情コントロールにくくなります。そして,口論始まると,わめいたりののしったりするよう悪い抑える本当難しくなるしれません。(ローマ 7:21。エフェソス 4:31)ほかも,緊張生じさせるどんな要因あるでしょか。

多く場合,夫コミュニケーションスタイル違います。道子いう女性こう言います。「結婚すぐに,自分話し合い姿勢全く違ういうこと気づきました。わたしは,起きだけなく,なぜどのよう起き話す好きです。でもは,結果しか関心ないようです」。

これ珍しい悩みありません。夫婦一方意見相違ついじっくり話し合いたがるて,他方対立好まず,話し合い避けたがる,ということよくあります。一方話し合おすれするほど,他方話し合い避けようする,という場合あるでしょう。あなた場合そうですか。いつも,話し合いたがる避けたがる分かれしまうでしょか。

考えるべき要因あります。夫婦コミュニケーション どうあるべき関する各人感覚は,生ま育っ家庭環境影響受けいることあるです。結婚5なるジャスティンこう言います。「わたし比較無口家族育っで,自分気持ち率直話す得意ありません。妻それ不満です。会話好き家庭育っで,ためらいなく自分気持ちわたし伝えます」。

解決向け努力べき理由

研究よると,どれほど幸福結婚生活送れる最も信頼できるバロメーターは,愛しいる互い言う頻度ありません。性的相性経済安定も,最重要要素ありません。結婚生活成功するどう最も確かバロメーターは,言い争い生じどれほど上手対処するいうです。

さらに,結婚くびき結ぶ人間なくある,とイエス述べます。(マタイ 19:4‐6)ですから,仲良い夫婦誉れなります。他方,夫思いやり示さないなら,夫祈りエホバ聞いいただけないしれません。(ペテロ一 3:7)また,夫敬わない実際は,夫家族任じおられるエホバ不敬態度取っいることなります。―コリント一 11:3

成功鍵―傷つける言い方避ける

コミュニケーションスタイル生ま育っ家庭環境どうあれ,聖書原則適用言い争いうまく対処たいあれば,幾つ有害話し方避けるべきです。以下自問ましょう。

『言い返したくなる時,自分抑えいるか』。

「鼻締めつける出血し,怒り押し出す言い争い生じる」という格言あります。(箴言 30:33)どういう意味でしょか。例考えましょう。どのよう家族収支バランス取るか(「クレジットカード出費減らさなくちゃ」)に関する意見相違が,あっというに,互い性格批判(「あなた責任から」)になっしまうことあります。相手性格批判いうあなたの『鼻締めつけくる』と,あなたも『締めつけ』返したくなるしれません。しかし,言い返しも,怒り引き起こし,意見相違エスカレートさせるだけです。

聖書筆者ヤコブは,「ご覧なさい,ごく小さな広大森林地帯燃え上がらせるでしょう。それで,舌です」と警告ます。(ヤコブ 3:5,6)夫婦自分制さないなら,小さな意見相違が,あっというに,燃え盛る言い争いなりかねません。そのよう感情火災見舞われる結婚生活は,愛育つ環境言えないでしょう。

言い返すなく,ののしらも『ののしり返したりなかった』イエス倣えるでしょか。(ペテロ一 2:23)いさかいすばやく鎮める一番良い方法は,相手言い分認め,言い争いおける自分謝ることです。

やっましょう: 今度,口論なったら,こう自問ましょう。『相手いる事柄認め良いないか。この問題関して,自分どんな落ち度あっだろう。自分失敗つい謝れないなぜだろう』。

『相手気持ち軽くないか』。

『あなた方みな同じ思い持ち,思いやり示し合いなさい』と言葉命じます。(ペテロ一 3:8)このアドバイス従いにくいなぜか,二つ理由考えましょう。まず,配偶考え気持ちうまく察することできないいうあります。例えば,何関し相手自分より心配取り乱しいる時,「君大げさ騒ぎすぎよ」と言っしまうことありますか。もっと客観ほういい言うつもりでしょう。でも,そう言わなることまずありません。妻も,愛する 自分こと理解し,感情移入くれいる,と実感する必要あります。

高慢ため配偶気持ち軽くしまうことあります。高慢は,他低めることよっ自分高めようます。そのために,悪口言ったり,不親切比較たりするしれません。イエス時代パリサイ書士たちこと考えましょう。それら高慢たちは,自分たち違う意見述べるいると,それ仲間パリサイあっも,悪口軽蔑言葉攻撃ました。(ヨハネ 7:45‐52)イエスそうありませでした。心吐露するたち感情移入です。―マタイ 20:29‐34。マルコ 5:25‐34

考えください。配偶自分心配事述べるとき,あなたどう反応ますか。あなた言葉,声調子,顔表情は,感情移入表われいるでしょか。それとも,相手気持ちそっけなくはねつけしまいますか。

やっましょう: これから間,自分配偶向かっどのよう話しいる観察ましょう。そっけない態度や,嫌味ある言い方いるなら,すぐ謝りましょう。

『相手動機疑うことよくあるだろか』。

「ヨブただいたずら恐れでしょか。あなたが,彼その持っいるすべてもの周りにくまなく巡らさではありませか」。(ヨブ 1:9,10)サタンそう述べ,忠実ヨブ動機疑問ました。

夫婦も,注意ないなら,同じよう傾向陥ることあります。例えば,配偶良いくれとき,何欲しいないか,何ごまかそいるないか,と怪しみますか。配偶失敗とき,それ相手利己思いやりないこと証拠考えますか。過去同じよう失敗すぐ思い出し,今回失敗それ一緒記憶とどめますか。

やっましょう: 配偶くれ好ましい事柄と,その行動促し思われる良い動機書き出しましょう。

『愛は,傷つけられそれ持たない』と使徒パウロ書います。(コリント一 13:4,5)真盲目ありませが,恨み抱き続けたりないです。またパウロは,愛は『すべて信じる』と述べます。(コリント一 13:7)これは,だまさやすいいうことなく,快く信頼する姿勢あり,疑い深くないいうことです。聖書奨励いるは,進ん許し,相手行動善意解釈ます。(詩編 86:5。エフェソス 4:32)夫互いこのよう表わすなら,幸福結婚生活楽しめるでしょう。

考えましょう…

  • この記事冒頭夫婦どこいけなかっだろか。

  • わたしは,配偶対し同様失敗しないためできるだろか。

  • この記事取り上げられうち,わたし特に努力なけれならないどのだろか。

^ 3節 名前変えあります。

もっと調べる

問題を首尾よく解決する

問題にどう取り組むかによって,夫婦が強い絆で結ばれて幸せになることもあれば,絆が弱くなって不幸になることもあります。