アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年12月

 ライフ  ストーリー

神との平和そして母との良い関係に感謝しています

神との平和そして母との良い関係に感謝しています

「どうして 先祖 崇拝   ない の? 先祖  おかげ  あなた  生き  いる  でしょ。何  感謝  表わさ ない の。わたしたち  先祖 代々 から 大切      習慣  簡単  踏みつぶす よう  こと  する なんて。先祖 崇拝   ない こと 自体 が,わたしたち  ばか    いる こと  なる   ね。どうして それ  分から ない の」。母  こう 言う  泣き崩れ まし た。

こんな こと  言う    らしく あり ませ  でし た。それ に,わたし  聖書 研究  する よう  なっ      勧め  から です。もっとも   自分  勧め られ  研究  やんわり 断わる ため  そう   よう です。わたし  いつも   言う こと  正しい  思っ     で,先祖 崇拝  する よう   いう 言葉  逆らう   つらい こと でし た。でも,エホバ  喜ばせる  は,そう  なけれ  なら なかっ   です。エホバ  わたし  強め  くださら なかっ  なら,でき なかっ   思い ます。

クリスチャン  なる

大抵  日本   同様,わたし    仏教 でし た。でも わたし は,エホバ  証人  研究  始め  2 か月 で,聖書  真理  教え  いる  確信  まし た。また,天    いる  分かっ て,その   ぜひ 知り たい  思う よう   なり まし た。その ころ は,学ん  こと    楽しく 話し合っ   まし た。日曜   集会  出席 する よう  なる と,真理  知識  さらに 広がっ  いき まし た。わたし  もう 仏教  儀式   たく ない    告げる と,母    態度  変え,「先祖 崇拝   ない   家族    いる   恥ずかしい」と 言い,研究  集会  やめる よう 圧力  かけ     です。予想   なかっ    態度  戸惑い まし た。母  まるで 別人  よう でし た。

わたし は,エフェソス 6  から,親  従う こと  エホバ  望ん  おら れる   知り まし た。父    味方 でし た。わたし  最初,両親  言う こと  聞い  おけ ば,両親  わたし  話す こと  聞い  くれ,また 良い 関係  なる はず,と 考え まし た。それ  高校 受験  控え     で,受験 勉強  する 必要  あり まし た。それ  3 か月  は,研究  集会  休む よう   いう 両親  意向  従う こと  し,エホバ  は,「この 受験  終わっ たら,全部  集会  出席  ます」と 約束  まし た。

しかし その 決定  2     間違っ   まし た。まず,3 か月 休ん   自分  気持ち  変わら ない  思っ   まし  が,霊的  飢え  いき,エホバ から 離れ  行く よう  感じ,苦しく なり まし た。また,両親  譲歩 する どころ か,真  崇拝  関係   事柄   一切 やめる よう  と,もっと 圧力  かけ     です。

反対  助け

王国 会館 で,家族 から 反対  受け  いる 兄弟 姉妹 たち  知り合う よう  なり,「エホバ    さん  強め  くださる よ」と 励まし  くれ まし た。(マタ 10:34‐37)また,家族  救い  ため   わたし  頑張ら なけれ  いけ ない,と 気づか   くれ まし た。それで,エホバ  依り頼む 方法  知り たい  思い,頻繁  祈る よう  なり まし た。

家族 から いろいろ  反対  受け まし た。母 から  嘆願   たり 説得   たり  まし  が,わたし  たいてい 黙っ   まし た。わたし  気持ち  伝え よう  する と,話し合い  平行   たどる ばかり で,お互い 感情   なっ  しまう から です。今 から 思え ば,もっと   気持ち  信じ  いる 事柄  理解  示す べき でし た。そう  たら 反対  和らい    しれ ませ ん。わたし     させ よう    両親 から,いろいろ  家事  言いつけ られ まし た。集会 から 帰る    しばらく 入れ  もらえ なかっ たり,食事  残っ   なかっ たり   こと  あり ます。

  ほか    助け  求め まし た。わたし  学校  担任  先生  訴え まし  が,先生  どちら  味方  され ませ  でし た。また  は,勤め先  社長    わたし  連れ  行き,宗教       立た ない  いう こと  説得   もらお    まし た。家  は,親戚   電話  かけ,泣き ながら 助け  ほしい  訴え まし た。わたし  がっかり  まし  が,でも 集会  長老 たち から,「よかっ  じゃ ない。お母さん  みんな  証言   くださっ   です よ!」と 言わ れ,積極   思い  持つ よう 励まさ  まし た。

 それ から,大学 進学  問題   直面  まし た。両親  自分 たち  一番 良い  思う 人生  スタート    させ たい,良い 仕事  就か  たい  思っ   まし た。両親  わたし  すぐ 感情   なり   続か なく なっ  しまう  で,わたし     手紙  書い て,開拓 奉仕 など,自分  目標  つい  説明  まし た。怒っ   は,「パート  仕事  明日 まで  見つけ   なさい。もし 見つけ られ ない なら  から   行き なさい」と 言い まし た。それ  エホバ  その こと  祈り まし た。次  日,奉仕    2   姉妹  別々  近づい   て,自分  子ども たち  家庭 教師    くれ ない か,と 尋ね  くださっ   です。その こと    話す と,父  黙っ  しまい,わたし  避ける よう  なり まし た。母 は,「娘  エホバ  証人  なる より  不良 少女  なっ  くれ  ほう  ずっ  まし」と 言い まし た。

エホバ は,正しい 見方  できる よう,そして 成り行き  見守る よう わたし  助け  くださっ 

わたし は,これ ほど 両親  願い  背く   エホバ  望ん  おら れる  だろ  か,と 考える こと  あり まし た。でも,さらに 祈り,エホバ    つい   様々  聖句  黙想 する と,反対  客観   見る こと  できる よう  なり,両親  わたし  こと  心配   いる から     理解 でき まし た。エホバ は,正しい 見方  できる よう,そして 成り行き  見守る よう わたし  助け  くださっ   です。また,奉仕  出れ  出る ほど 喜び  増し  いき,開拓 奉仕  行ない たい  いう 決意  強く なっ  いき まし た。

開拓     奉仕 する

姉妹 たち    は,わたし  開拓 奉仕  行ない たい  思っ  いる こと  知っ て,「反対  和らぐ まで 待っ  ほう  いい  じゃ ない」と 言う    まし た。わたし  知恵  求め  祈り,調査 し,自分  動機  吟味  まし た。また,円熟   兄弟 姉妹 たち  相談  まし た。その 結果,エホバ  喜ばせ たい  思い まし た。それ に,たとえ 開拓 奉仕  始める   遅らせ      両親  態度  変わる  いう 保証  あり ませ  でし た。

高校 卒業  から 開拓 奉仕  始め,しばらく する と,必要  大きな 場所  奉仕  たい  思う よう  なり まし た。でも,わたし    出る こと  両親  望ま なかっ    20   なる まで 待ち,母  安心  せる ため 支部  お願い  て,親戚    日本  南部  割り当て  いただき まし た。

そこ  は,研究          バプテスマ まで 援助 する こと  でき まし た。その ころ から,奉仕  拡大 する こと  見据え て,英語  勉強  始め まし た。同じ 会衆  2   特別 開拓   兄弟  交わっ   まし  が,その 熱意      援助   いる 姿    当たり  し,わたし  特別 開拓   なり たい  思う よう  なり まし た。必要  大きな 場所  奉仕   いる 間,母  2  大病 し,それぞれ  機会  実家  戻っ    看病   まし た。母  喜ん  くれ,少し ずつ 態度  柔らかく なっ  いき まし た。

祝福  次ぐ 祝福

7  後,ある 兄弟 から 手紙  もらい まし た。少し   述べ  特別 開拓    さん です。淳 さん は,結婚  考え  いる こと,そして わたし  状況  気持ち  知り たい   こと でし た。わたし   さん  恋愛 感情  抱い  こと  なく,淳 さん  わたし  そう   感情  抱い    こと  知り ませ  でし  が,1 か月 後,お付き合い  たい  返事  まし た。わたしたち  お互い  多く  共通   見いだし まし た。2   も,ずっ   時間 奉仕  行ない たい,どんな 分野   喜ん  奉仕  たい,と 思っ     です。しばらく    さん  結婚  まし  が,式    母,それ      親族  出席   くれ て,本当  うれしく 思い まし た。

ネパール

結婚     なく,正規 開拓     奉仕     時,淳 さん  代理  巡回 監督  任命   まし た。でも,わたしたち  すぐ   祝福  受け ます。 特別 開拓 奉仕,それ から 正規  巡回 奉仕  割り当て です。そして,やっと 巡回   会衆  一巡   ころ,支部 から 電話  あり,ネパール   巡回 奉仕  する 機会  差し伸べ られ まし た。

幾つ     奉仕 し,エホバ  つい  多く  こと  学ん 

わたし  遠く  行く こと  両親  どう 反応 する だろ   思い まし た。それ    電話 し,電話       ネパール  行く こと  なっ   話す と,「ネパール か,良い   行く ねぇ」と いう 言葉  返っ   まし た。実  わたし  電話 する 1   ほど  に,父  友人 から ネパール  写真   もらい,いつか 行っ   たい  思っ     です。

親切  ネパール  人々    奉仕     わたしたち は,さらに   祝福  受け まし た。巡回   バングラデシュ  加わる こと  なっ   です。ネパール  バングラデシュ  とても 近い  です が,様々    驚く ほど 異なっ   て,野外 奉仕  かなり 違い ます。わたしたち  5   奉仕   後,任命 替え  なり,今  日本  巡回 奉仕     ます。

日本,ネパール,バングラデシュ  奉仕  て,エホバ  つい  多く  こと  学び まし た。それぞれ    は,独自  歴史  文化  あり,人  ひとりひとり 異なっ   ます。エホバ  どの よう  個々    顧み,受け入れ,祝福   くださっ  いる      まし た。

エホバ  わたし に,ご自分  つい   知識,奉仕  割り当て,そして 立派  クリスチャン    与え  祝福   ください まし た。また,正しい 決定  できる よう 導い  ください まし た。今      家族   良い 関係     ます。エホバ  おかげ で,母  わたし  再び 良い   なっ   ます。わたし は,神   平和 そして    良い 関係   から 感謝    ます。

巡回 奉仕 から たくさん  喜び    いる