アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年10月

霊的な事柄について黙想し続ける

霊的な事柄について黙想し続ける

「これら  こと  よく 考え なさい。それ  打ち込ん で,あなた  進歩  すべて    明らか  なる よう   なさい」。―テモ 一 4:15

歌: 57,52

1,2. 人間   は,どんな   卓越    ます か。

人間   言語 能力  備わっ   ます。その ため,読み,書き,話し,聞い  言葉  理解 でき ます。祈る こと も,エホバ   賛美  歌う こと  でき ます。そう   機能  どれ も,まさに 驚く べき もの です。その 各々     様々  領域  神経 回路   関係    ます が,科学  たち  その メカニズム  十分   理解    ませ ん。脳  卓越   器官  あり,人間    使っ  言語  学ぶ こと  でき ます。言語    教授 は,「幼児  言語 習得 能力 は,[人間]で ある こと  一つ  証明  ある」と 述べ   ます。

2 人間  言語 能力 は,神 から 与え られ  驚く べき 能力 です。(詩 139:14。啓 4:11)人間    は,もう 一つ 卓越     あり ます。人間  動物   違い,「神   に」創造   まし た。ですから,自由 意志  持ち,言語 能力  用い    賛美 する こと  でき ます。―創 1:27

3. エホバ は,わたしたち  賢く する どんな 贈り物  与え  ください まし  か。

3 言語  創造   賛美  たい  思う  すべて に,神  聖書  いう  素晴らしい 贈り物  与え  ください まし た。聖書 は,その 全体 もしくは 一部  2800 以上  言語  入手 でき ます。わたしたち  聖書  言葉  取り入れる こと  より,自分  思い    お考え  満たす こと  でき ます。(詩 40:5; 92:5; 139:17)その よう   て,わたしたち を「賢く し,……救い  至ら せる」事柄  黙想 する こと  でき ます。―テモテ  二 3:14‐17  読む。

4. 黙想 する   どう いう 意味 です か。これ から どんな 質問  つい  考え ます か。

4 黙想 する  は,良い こと  あれ 悪い こと  あれ,ある 物事  思い  集中    熟考 する,よく 考える,と いう 意味 です。(詩 77:12。箴 24:1,2)特に 黙想  べき   は,エホバ   み子 イエス  関する 事柄 です。(ヨハ 17:3)しかし   よう  質問  生じる   しれ ませ ん。読む こと  黙想 する こと   どんな 関係  ある だろ  か。どんな 機会  黙想 できる だろ  か。どう すれ ば,黙想  楽しく 行なえる だろ  か。

研究  有益  もの  する

5,6. どの よう  読み方  すれ ば,読ん  事柄  理解 し,思い起こし やすく なり ます か。

5 人間  意識   努力  なく  も,脳  驚く べき 事柄  行なわ せる こと  でき ます。例えば,呼吸 する こと,歩く こと,自転   乗る こと,キーボード     タイプ する こと など は,考え なく   行なえる   しれ ませ ん。これ  読む こと  も,ある 程度 当てはまり ます。ですから,読ん  いる 事柄  意味  思い  集中 する   重要  こと です。1     読み 終え たら,あるいは    見出し  移る  に,少し 時間  取り,読ん  事柄  つい  熟考 し,正確  理解    どう   確認 でき ます。言う まで  なく,気  散っ たり 集中   欠け   たり する と,思い  さま よい,いくら 読ん      られ ませ ん。どう すれ  よい  でしょ  か。

6 科学   研究  よる と,  出し  学ん  単語  ほう  思い出し やすい,と  こと です。人間    創造   その こと  ご存じ です。ですから ヨシュア に,律法   を「小声 で」読む よう お命じ  なり まし た。ヨシュア 1:8  読む。)聖書  小声  静か  読む なら,学ん  事柄  深く 印象  残る でしょ う。この 方法 は,集中   高める 助け   なり ます。

7.   言葉  つい  黙想 する   最適   は,いつ です か。(冒頭  挿絵  参照。)

7 読む こと  それ ほど 努力  要り ませ  が,黙想   集中   必要 です。ですから,疲れ   ない  に,そして   散らす もの  ストレス  ない 環境  黙想 する   最善 です。詩編 作者 は,夜      いる   黙想  良い こと  知り まし た。(詩 63:6)完全  知力  持っ  おら   イエス は,黙想  祈り  する   静か  場所  ふさわしい こと  ご存じ でし た。―ルカ 6:12

黙想  べき 良い 事柄

8. (イ)神  言葉  ほか に,何  つい  黙想 でき ます か。(ロ)エホバ は,ご自分  つい  わたしたち  話す 時,どう お感じ  なり ます か。

8 聖書  読ん  黙想 する   大切  こと です。しかし,ほか   黙想 できる 事柄  あり ます。例えば,エホバ  素晴らしい 創造   見る   は,時間  取っ  考え ましょ う。そうすれば,エホバ  その 善良  ゆえに 賛美  たく なる こと でしょ う。もし 仲間  そば  いれ ば,エホバ   感謝  語り たく なる でしょ  う。(詩 104:24。使徒 14:17)エホバ は,その よう  祈り  こもっ  黙想 や,ご自分  つい  語る 言葉 を,どう 思わ れる でしょ  か。聖書  は,今  危機   終わり    つい て,こう 記さ    ます。「その 時,エホバ  恐れる  たち  互い に,各々 その   語り,エホバ  注意   聴い  おら  た。そして,エホバ  恐れる   ため,また その み名  思う[あるいは,黙想 する]者 たち  ため に,覚え    その み前  記さ れる よう  なっ た」。―マラ 3:16

研究   必要    いる 事柄  状況  つい  黙想    ます か(9   参照)

9. (イ)パウロ  テモテ に,何  つい  黙想 する よう 勧め まし  か。(ロ)宣教  準備  する   は,どの よう  パウロ  助言  適用 でき ます か。

9 使徒 パウロ  テモテ に,自分  語る こと  行状  教える こと  どんな 影響  与える  を「よく 考え」,黙想 する よう  勧め まし た。テモテ  一 4:12‐16  読む。)わたしたち  も,考える べき 霊的  活動  たくさん あり ます。例えば,聖書 研究  司会  準備 する   は,黙想 する こと  必要 です。研究   進歩  助ける ため に,一人一人  合っ た,見解  知る 質問  例え  考える こと  でき ます。その よう  時間  非常  有益 です。信仰  強まり,いっそう 効果  に,また 熱意  こめ  司会 できる よう  なる から です。野外 奉仕  出かける     整える 時間  同じ です。エズラ 7:10  読む。)「使徒 たち  活動」の   1  読む だけ  も,宣教   熱意 を「火  よう  燃え立た せる」こと  でき ます。その   使う 聖句  提供 する 出版   つい  黙想 する こと も,宣教  役立ち ます。(テモ 二 1:6)区域  人々  こと や,どう すれ  それら    関心  引き起こせる   考え  ください。その よう  準備 する なら,   言葉 の「霊    論証  伴う」効果   証言  できる よう  なり ます。―コリ 一 2:4

10. どんな 機会  も,霊的  事柄  つい  黙想 でき ます か。

10 公開 講演  大会  ノート  取る こと  あり ます か。そう   ノート  復習 する 機会 に,聖書    組織 から 学ん  事柄  つい  黙想 する こと  でき ます。また,毎号 「ものみの塔」と「目ざめよ!」,さらに  最近  大会  発表    出版  も,読ん  黙想 できる 新鮮  情報  です。「年鑑」を 読む   は,1   経験  読ん  後,少し 時間  取っ  熟考 し,教訓    しみ込ま せる こと  でき ます。大切  考え  下線  引い たり,欄外  コメント  書き込ん だり する なら,再 訪問  牧羊 訪問    活用 できる でしょ う。出版  読み ながら この よう  黙想  行なう なら,学ん  良い 事柄    取り入れる こと  でき,エホバ  感謝  祈り  ささげ たく なる でしょ う。

  言葉  つい  毎日 黙想 する

11. わたしたち  黙想  べき 最も 重要  出版    です か。なぜ そう 言え ます か。(脚注  参照。)

11 もちろん,わたしたち  黙想  べき 最も 重要  出版  は,聖書 です。しかし,聖書  持つ こと  許さ  ない   たら,どう です か。 * そういう 状況  も,好き  聖句 王国   歌詞 など,覚え  いる 事柄  つい  黙想 する こと  でき ます。それ  だれ  阻む こと  でき ませ ん。(使徒 16:25)神   も,学ん  良い 事柄  思い起こす   助け  くれ ます。―ヨハ 14:26

12. 毎日  聖書 通読  どの よう  計画 でき ます か。

12 毎日  聖書 通読  どの よう  計画 できる でしょ  か。週     は,神権 宣教 学校   ごと  聖書 通読  範囲  読ん  黙想 する こと  でき ます。残り   は,イエス  生涯  宣教  記録    福音   読み,イエス  言葉  行動  つい  黙想 でき ます。(ロマ 10:17。ヘブ 12:2。ペテ 一 2:21)イエス  地上  経験   事柄  年代   説明   出版   あり ます。その   各章  参照    いる,福音   並行 記述  注意深く 読ん  黙想 する なら,大きな    られる でしょ う。―ヨハ 14:6

黙想  非常  大切    なぜか

13,14. 霊的  事柄  つい  黙想  続ける   非常  大切   は,なぜ です か。そう する なら,どう  たい  願う よう  なり ます か。

13 霊的  事柄  つい  黙想 する こと は,クリスチャン    円熟 する うえ  役立ち ます。(ヘブ 5:14; 6:1,2)エホバ  イエス  つい  考える 時間  あまり 取ら ない  は,強い 信仰  保つ こと  でき ませ ん。真理 から 流さ  たり 離れ たり する 危険  あり ます。(ヘブ 2:1; 3:12)イエス は,「りっぱ  良い  で」神  言葉  聞か ない なら,つまり 受け入れ ない なら,み言葉 を「しっかり 保」て ない,と 警告   まし た。むしろ,容易 に「生活   思い煩い    快楽  さらわ   しまい……何  完成   ませ ん」。つまり,円熟 する こと  でき ませ ん。―ルカ 8:14,15

14 ですから,神  言葉  つい  よく 考える こと  続け ましょ う。そう する なら,聖書  啓示    いる エホバ  栄光,特質,ご性格  反映   たい  願う よう  なり ます。(コリ 二 3:18)神  関する 知識  おい  成長  し,神  栄光  反映  せる  は,素晴らしい 特権  あり,決して 終わる こと  ない 過程 です。わたしたち は,愛  富む     見倣う 方法  学び 続ける  です。―伝 3:11

15,16. (イ)霊的  事柄  つい  よく 考える こと から,あなた  どんな      ます か。(ロ)黙想 する   難しい 場合  ある   なぜ です か。それでも,なぜ 黙想  行なう べき です か。

15 霊的  事柄  つい  よく 考え 続ける なら,真理  対する 熱意  保つ こと  でき,仲間  兄弟 たち  野外 奉仕  会う 関心  持つ  たち  とっ て,さわやか  存在  なれ ます。神 から  最大  贈り物  ある イエス  贖い  犠牲  つい  深く 黙想 する なら,聖 なる  エホバ   親しい 関係  守り たい,と いう 気持ち  なり ます。(ロマ 3:24。ヤコ 4:8)中立  立場 ゆえに 3   投獄       アフリカ  マーク  いう 兄弟 は,こう 述べ まし た。「黙想  興奮  誘う 冒険  よう  もの です。霊的  事柄  つい  黙想 すれ  する ほど,エホバ   関する 新た  発見  増え  ゆき ます。少し 気落ち  たり,将来  不安  なっ たり     は,聖書  開い  1   聖句  黙想  ます。そう する  本当  落ち着き ます」。

16     散らす もの  非常  多い 時代 です。その ため,霊的  事柄  つい  黙想 する   大変 難しい 場合  あり ます。アフリカ  住む パトリック  いう 忠実  兄弟 は,こう 述べ   ます。「わたし     は,様々  情報  詰まっ  メールボックス  よう です。必要  情報   必要  情報  あり,毎日 仕分け   なけれ  なり ませ ん。頭      ある   調べる と,『不安    起こさ せる……考え』が ある こと  よく 気づき ます。それで,その 問題  つい  エホバ  祈り,霊的  事柄  つい  すっきり     黙想 できる よう  する 必要  あり ます。少し 時間  必要 です が,その よう  する  エホバ  より 身近  感じ ます。真理  いっそう よく 理解 できる よう  なり ます」。(詩 94:19)「日 ごと  聖書 を……調べ」,学ん  事柄  黙想 する  たち  は,素晴らしい   もたらさ れる  です。―使徒 17:11

どの よう  時間  取る 

17. 黙想 する 時間  どの よう  取れ ます か。

17 朝早く 起き て,読み,黙想 し,祈る   いれ ば,昼休み  そう する    ます。夕方  就寝   ふさわしい  思う   いる でしょ う。聖書   一度,寝る   もう 一度 読む    ます。その よう   て,聖書 を「昼   も」つまり 定期   読む  です。(ヨシュ 1:8)大切   は,神  言葉  つい  毎日 黙想 する ため に,重要   低い 事柄 から 時間  買い取る こと です。―エフェ 5:15,16

18. 聖書 は,神  言葉  毎日 黙想 し,学ん  事柄  適用  よう  する  すべて に,何  約束    ます か。

18   言葉  つい  黙想 し,学ん  事柄  適用  よう  する   みな 祝福  れる,と 聖書     述べ   ます。詩編 1:1‐3  読む。)イエス は,「神  言葉  聞い  それ  守っ  いる  たち[は]幸い です!」と 言わ  まし た。(ルカ 11:28)次  こと  忘れ ない よう   ましょ う。霊的  事柄  つい  毎日 黙想 する なら,人間  素晴らしい   創造      誉れ  もたらす こと  でき ます。その    わたしたち  幸福    くださる だけ  なく,義  宿る 新しい    永遠    いう 報い  与え  くださる  です。―ヤコ 1:25。啓 1:3

^ 11節 「ものみの塔」2006  12  1   の「霊的  強さ  保つ ため  私たち  闘い」と いう 記事  参照。